ヘイたくの日記

事実と妄想と欲望と願望を好きにまとめて書いているブログです

アニメ『Another』のモブキャラ(男子クラスメート)についてまとめる

f:id:heitaku:20201004194232j:image

過去Anotherの女子クラスメートについて書いた記事がありますが、男子クラスメートについても簡単に書きます。

過去記事はこちら。

こちらの作品は男キャラもモブにしては美形やなかなかのルックスの子が多いです。

イケメン揃いのクラスです。

書くにしても女の子ほど乗り気ではないですが色々書いてみます。

相変わらず漫画、小説の知識はありません。

あと妄想とか願望とか好き放題です。

これからアニメを観る方には多分ネタバレも少し語っていると思います。

(誰が死ぬかとか)

SSについては沢山出てくるので、ぜひ読むことをオススメします。

f:id:heitaku:20201005040057j:image

恒例の座席表です。

お気に入りのキャラを探しましょう。

 

目次

 

榊原恒一

f:id:heitaku:20201004214014j:image

容姿端麗、学業優秀、スポーツ万能(病弱ですが)の最強の転校生です。

SSではクラス全員の女子から好意を持たれる位のモテモテっぷりのキャラクターです。

考え方も真面目で特定の子だけを好きになれないや平等に接しようとする良い人感満載で、誰も勝てないでしょう。

オカズSSでは見崎について熱く語っており、その意見には同意します。

彼が存在しては他が霞む位の強さなのでSSを読む、書く際は注意が必要です。

それでも扱いやすくて、良いポジションにいます。

アニメに関しても見崎だけには特別な何か思いがあるのでしょう。

 

王子誠

f:id:heitaku:20201004214527j:image

男とは思えない程の髪の長さながら整った顔のイケメンです。

王子という名字が顔と一致しています。

吹奏楽部というのもポイントで、部内の女子人気は凄そうです。

同じく吹奏楽部の多々良さんとはどんな関係なのか気になります。

アニメでは王子焼きと呼ばれ、最後に焼け死ぬという悲しい展開が。

正直殺す必要なかっただろうと思いますが、大きな話題となりました。

 

猿田昇

f:id:heitaku:20201005035346j:image

名字に猿が付くように猿っぽい見た目で、作品的にはちょっと意外な存在に思ったりします。

王子と同じ吹奏楽部で仲も良いです。

ちゃらんぽらんなように見えますが、特にそういったシーンはありません。

語尾に「ぞな」と付けるのが特徴的な喋り方です。

ぞなの方言は伊予弁(愛媛)で脚本の檜垣亮とキャラクターデザインの石井百合子の出身が愛媛県とのことでした。

 

高林郁夫

f:id:heitaku:20201004215029j:image

幼い頃から心臓病を患っており、弱々しい細々とした体とそばかすのある顔が特徴的です。

地味な存在ながら色んな意味で作品に欠かせない早めに退場したキャラクターで人気がある気がします。

変顔での死に方がインパクトがあり、このシーンにこち亀のオチのBGMと合わせる動画は大爆笑できます。

「それはフェアじゃないね」などのセリフが有名でフェア林などとも言われてました。

迷言として残ります。

 

勅使河原直哉

f:id:heitaku:20201004230833j:image

クラスのムードメーカーでノリがよく『てっしー』という愛称があります。

すぐに恒一と打ち解ける理解者となり、メインキャラクターとなります。

多分クラスカーストのトップに立ちながらも、分け隔てなく誰とでも接してくれるいいヤツそうです。

(女子に嫌われながらも愛されてそうです)

オカズSSでは小掠について熱く語っており、かなり分析されています。

赤沢さんにラブながらも小掠、綾野、多々良、有田のことも好きそうです。

反面杉浦のことは苦手でしょう。

 

風見智彦

f:id:heitaku:20201004231406j:image

真面目で気難しい顔をしており、あまり恒一のことを良く思っていません。

勅使河原とは幼い頃からの友人で腐れ縁です。

SSでは桜木さんのことが好き過ぎて常識の範囲内で暴走するイメージがあります。

結ばれてほしかったですが特に何もなかったです。

作品的にも可哀想な立場におかれることが多かったみたいですが、結構な人気キャラクターです。

(勅使河原とのカップリングがある)


和久井大輔

f:id:heitaku:20201004231931j:image

顔が白くクラス一身長の大きい大柄体型の地味な存在です。

喘息持ちで病弱ながら作品内では死ぬことがなかった幸運なキャラクターです。

喘息を藤巻に心配されるシーンがあり、カップリング候補になることも。

大柄ながら優しそうなタイプは結構人気があるイメージです。

恒一とも仲が良かったりします。

現実の学生時代に似たよう人がいた!という方はいるかもしれません。

 

望月優矢

f:id:heitaku:20201004232801j:image

女性っぽい美しい見た目と喋り方ながら男子生徒です。

常識があり真面目で最後まで恒一サイドに立ち、メインキャラクターとなります。

その見た目から一部の視聴者には絶大な人気を誇り『もっちー』や『望月きゅん』と呼ばれ愛されています。

(勅使河原とのカップリングがある)

江藤にそっくりで女装すれば分からないかもしれません。

年上好きというのが面白く、三神先生のことが大好きです。

 

前島学

f:id:heitaku:20201004233551j:image

小柄ながらスポーツマンタイプでモテそうなルックスです。

剣道部のエースですが、特にそれが描かれることはなかったです。

(姉がいて剣道をやっている)

カップリング候補としては江藤と似合いそうで、スポーツマン、小柄という似た者同士なイメージが勝手にあります。

アニメではギリギリ生き残り、病院でクラスメート数人がお見舞いに来ているシーンがあります。

 

米村茂樹

f:id:heitaku:20201005012140j:image

同じくスポーツマンタイプでクラス内ではイケメンの部類に入るかと思います。

こんなルックスながらAnotherのモブクラスメートの中で一番存在感が薄く、忘れさられる存在となるキャラクターかもしれません。

地味さを女子で言う中島さんポジションかもしれませんが、自身は中島さんが一番好きなキャラなので同じとは言わせないです。

しかし体育系の連中の中に入れるポジションなので、クラス内では人気そうです。

 

水野猛

f:id:heitaku:20201005012826j:image

THEスポーツマンタイプでモテそうなルックスと男らしさ全快なイケメンキャラです。

姉は看護婦の早苗でまさに美男美女の姉弟です。

しかしながら仲は良くないみたいです。

姉が無惨な死に方をしたことを考えると悲しくなります。

バスケ部出身で多分エース的な存在で体育などでも活躍しているでしょう。

後輩からはかなりモテてそうですし、SSでも活躍させやすそうです。

 

川堀健蔵

f:id:heitaku:20201005035305j:image

こちらもスポーツマンタイプでサッカー部に所属しています。

画像の通り下着が赤色なのが特徴的です。

ガタイもよさそうで怖く見えることもあります。

名字的にホモ疑惑が浮上し、一部では人気だったりします。

そこまで悪い印象はなかったのに最後の最後に死んでしまったことは残念でならないです。

アニメ考察では有田のことが好きっぽいシーンが見られ、果たしてどうなのでしょうか。

 

辻井雪人

f:id:heitaku:20201005035328j:image

本好きの見た目ながら整った顔立ちのイケメンです。

スポーツマン連中と仲が良く、運動神経もなかなかありそうです。

同じ眼鏡、読書好きということで柿沼とのカップリングがよく言われますが、どうなんでしょうか。

名前的に原作者の綾辻行人をモデルにしているという可能性があり、確定でしょうか。

モブにしては最後の方では少し出番があり、ギリギリ生き残っています。

 

中尾順太

f:id:heitaku:20201005155408j:image

目つきの悪さと大柄な為、やや怖めの印象があるキャラです。

確実に女子からは嫌われるまではないにしろ、怖い存在かと思います。

亡くなる直前となった時の「まかせろー」というセリフが有名でSSでも度々ネタになっています。

扱いやすく、愛されキャラとなります。

オカズSSでは赤沢さんに対する思いが強すぎますが、同意せざる素晴らしい意見なので非常に面白いです。

 

男性陣に思うこと

ルックスのイケメン3強となると榊原、水野、王子になりそうですが前島や勅使河原、米村、辻井などもイケメンの部類です。

本当にレベルが高くて素晴らしいクラスです。

カップリングの妄想については軽く書いたと思いますが

公式的に

和久井と藤巻

中尾と杉浦

はあったはずです。

辻井と柿沼もお似合いそうですが、設定資料集か何かのインタビューで否定していた意見を読んだ気がします。

風見と桜木のメガネコンビも良さそうですが桜木さんは何とも思ってなさそうです。

(のほほんとした感じが思い浮かびます)

SSで色々な組み合わせを考えてみるのが楽しいです。

 

男子生徒の死亡シーンを簡単に

悲しいながらふと思い出したのでまとめます。

ネタになるのも可哀想ですが当時も今も爆笑していました。

 

王子誠(焼死)

f:id:heitaku:20201004220149j:image

バッグドラフトに巻き込まれ一気に焼け死ぬこととなる最期となりました。

相方の猿田を殺さなかったのは水島努監督がコミカルキャラを殺すのは惜しいとのことみたいです。

 

高林郁夫(心臓発作)

f:id:heitaku:20201004220201j:image

心臓発作となり渾身の顔芸を披露しながら死ぬという笑うに笑えない最期となりました。

しかし人が突然死ぬ時はこんな状態になるのかと考えると恐ろしい話です。

 

中尾順太(脳挫傷)

f:id:heitaku:20201004220220j:image

沖に飛んでいったビーチボールを取りに行き、ボートに轢かれバラバラになるという哀れな最期となりました。

正確には当日朝に階段から落ちて脳挫傷となっており、海中で動けなくなっていました。

(脳ヘルニア)

 

風見智彦(殴られ死亡)

f:id:heitaku:20201004221028j:image

赤沢さんに鉄パイプで殴られて死亡という結構あっさりな最期となりました。

(画像は少し違う場面ですが)

その前に金木と松井を殺してしまった殺人鬼となったので、死ぬのは仕方ない宿命だったかと。

 

川堀健蔵(圧死)

f:id:heitaku:20201004221049j:image

落下したシャンデリアに巻き込まれながらも、そこから逃げようとしたところ運悪く柱が倒れて押し潰されるという悲しい最期。

急いで逃げようとしたのが運の尽きだったかと。

(残りの3人は無事という)

 

最後に

f:id:heitaku:20220624184317j:image

こうなると女子クラスメートの死亡もまとめることができたでしょうか。

ちなみに男子の方が死亡率は少ないです。

ほぼネタバレ的なことを書いたかもしれませんが、気になる方はアニメを観てみましょう。

そしてモブキャラに注目してみましょう。

再三言っていたオカズSSはこちら。

http://sssoko.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

色々探してみると本当面白いです。

自身も投稿はないにしろ、一時期ハマりハマって沢山書いていました。

 

 

アニメ『Another』のモブキャラ(女子クラスメート)についてまとめる

f:id:heitaku:20220624180739j:image

P.A.WORKS作品のAnother。

アニメは2012年1月放送で当時の感想としては、死んでいく展開は面白かったですが、その他は微妙だった気がします。

とはいえ面白い作品に変わりはありません。

ニコニコ動画でも、かなりまとめられておりネタが山ほどあります。

Anotherなら死んでた

ブリッ死

まかせろー

など色々と流行りました。

f:id:heitaku:20220625042127j:image

アニメは観ていたものの小説や漫画は読んでいません。

小説や綾辻行人の方が知名度はあるかもしれません。

f:id:heitaku:20220625042241j:image

2017年3月にはパチンコ化もされ、かなり打ってましたが相性は悪かったです。

ホラーお得意の藤商事ですが通常時の演出やバランスは褒めたものではありません。

f:id:heitaku:20220625042350j:image

実写の映画はレンタルして観ましたが、面白いということは微塵もなかったです。

これは実写化の悲しい宿命でしょうか。

 

そんなAnotherですがアニメにおいて誰もが思うのは、モブキャラの可愛さやレベルの高さです。

これはこのアニメにおいては有名なことで、誰かしら印象に残るかと思います。

当時からネットにおいてSS(サイドストーリー)が沢山作られている位で、かなり盛り上がっていました。

自身も好きすぎて5作程書いていましたが、R-18展開もあり、好き放題にしていました。

(キャンプ、バレンタイン、放課後、勉強会、トークなどなど)

他の方のSSに関しては大概が榊原のハーレム展開が多く、色々あって面白いです。

個人的にお泊まり会、多々良さんの恋、DAIGO回が面白いです。

 

単純にこのモブキャラ達の自分なりの紹介をします。

勝手な想像やイメージ、願望、SSで書いた時の印象なので自由にです。

本編や設定資料集とは違う設定で、系列がバラバラにもなっているかと思います。

妄想が行き過ぎて気持ち悪いこともあるかと思いますが、冷めた目で読むかスルーすることでしょうか。

f:id:heitaku:20190614041617j:image

有名な座席表になります。

中尾、米村、水野、猿田の席が理想です。

一目惚れしたキャラは誰かしらいると思います。

 

目次

 

中島幸子

f:id:heitaku:20190614033140j:image

f:id:heitaku:20190613131046j:image

Anotherのクラスメートの中で一番地味とされているかと思われる彼女。

アニメでは久保寺先生の返り血を全身に浴びる悲惨なことになりました。

(画像の通り)

ウェーブのかかったふわっとした髪型をしています。

何故最初に紹介したかと言うと自身が一番好きなキャラでべた惚れしたからです。

色々とドンピシャな容姿、性格で大好きなのです。

その為、画像も2枚です。

見るからに真面目でおとなしく、優しく、頭も良く、気がきく印象を受けます。

明るくはしゃぐような印象を受けませんが、二人きりなら感情を出し、可愛らしい面が見れる気がします。

真面目で家庭的ながら、実は料理や裁縫が苦手というのを想像しています。

(得意パターンも有り)

地味と思われていることを気にしており、有田や多々良、藤巻にちょくちょく相談しているご様子です。

たまに毒を吐くこともあり、特に有田と藤巻が被害者となります。

自身のSSでは勉強を教えてもらう展開、雨の下校、家でヤる展開などを書いていました。

スタイルは年相応で問題ないと思います。

水着イメージは黒を想像しました。

 

有田松子

f:id:heitaku:20190614022139j:image

アニメ最終話で一気に好きになった方も多いかと思われる彼女。

その時の格好と「先生!」の可愛らしい声に惹かれたことでしょう。

クラスの交友関係は広い印象を受け、綾野に近い印象を受けます。

そのルックスや話しやすさ、ノリなどは男子から一定数の確実な人気があると思います。

勉強や運動など何もかもにおいて普通という印象になります。

ネットのSSではリコーダーがネタで、恒一のストーカーレベルとなり、かなりの変態さんになっています。

こればっかりは可哀想としかいえません。

自身のSSではキャンプや肝試し、告白などで書きました。

スタイルは少し控えめな印象です。

水着イメージは水色です。

中島さんの次に好きなキャラクターです。

 

多々良恵

f:id:heitaku:20190613131754j:image

高身長、黒髪ロング、美人と三拍子揃っていながらもアニメではセリフも出番もない、かなりもったいない彼女。

その人気は絶大でSSでは赤沢さんを筆頭としたクラス女子の強敵、要注意人物として登場し、誰もが認める美少女です。

愛称はタタラッティ。

プロポーションも抜群で、勉強、運動共に万能だと思います。

クラスの高嶺の花で男子人気が非常に高く、他校からも有名です。

家がお金持ちで大きく、ファッションセンスなどもクラス一番で、赤沢さんの一番のライバルとなります。

自身のSSでは防音室(吹奏楽部なので)でエロい展開にしました。

楽器演奏者として口使いがかなり上手で、気持ち良くしてくれるでしょう。

水着は赤か黒で、出ている所もしっかり出ています。

 

江藤悠

f:id:heitaku:20190614030607j:image

水泳部で見た目は男っぽくも見える彼女

アニメ本編では出番が全然なく悲しい限りですが、SSの作品でも少ないながらも地味に人気があります。

クラス女子の中で一番可愛いという意見もあります。

水泳に限らず、運動神経は男子にも引けを取らず女子トップです。

反面勉強面はイマイチです。

スタイルは控えめな方ですが、身長は160cmを越えているのが意外でした。

性格面の想像が男勝りなのか、どういうタイプなのか難しいです。

初見の時ときメモの清川さんが思い浮かびました。

(水泳部という共通点)

 

綾野彩

f:id:heitaku:20190614030600j:image

モブとは言えないでしょうが、正直亡くなったのが非常に残念すぎる彼女。

明るく、活発で男女関係なく誰とでも仲良くなれるタイプの子です。

(画像のは悲しい顔ですが)

クラス女子では一番勉強面はダメですが、何にでも一生懸命なところがあります。

小椋とはいつも一緒におり、恒一を巡ってのバトルが多いです。

自然にボディタッチやこちらがドキッとするようなことを平気でしてくる子です。

(計算でも何でもなく素)

一緒にいて一番楽しく感じられる子だと思います。

その代わりメンタル面はかなり弱い印象を受けます。

自身のSSでは勅使河原が告白する展開を書き、夫婦漫才のようなポジションにしていました。

スタイルは控えめで、気にしている様子です。

水着は薄い赤のイメージです。

 

小椋由美

f:id:heitaku:20190614025850j:image

綾野の親友でいつも一緒にいる彼女。

アニメ本編ではブリッ死や顔芸で有名です。

小柄で可愛らしいルックスながら、口を開けば悪く特に勅使河原や中尾に対してはそれはそれは酷いものです。

可愛らしさ人気ではトップクラスだと思います。

ブラコン設定で兄貴を崇拝しています。

スタイルはかなり控えめで、そこを気にしています。

そのルックスやスタイルは超電磁砲御坂美琴にそっくりなことでも有名で、ビリビリ言われることもあります。

オカズSSでは勅使河原の意見には納得します。

(SSシリーズでは一番好きです)

 

赤沢泉美

f:id:heitaku:20190614025908j:image

ご存知アカザーさんと呼ばれる彼女。

アニメ本編人気では間違いなくトップで、かなりのネタキャラとなっています。

皆の前では対策係としてリーダーシップやかなりキツそうに見えて、二人きりではドジな姿や可愛らし面が見えるという破壊力を持ちます。

料理が苦手やコーヒーについて少し知ったかしているつもりだったりとイジる要素があります。

そこのギャップ面を見ればかなり好きなキャラです。

やはり弱さを見せてくれれば、かなり好きになってしまいます。

SSにおいては何事にもほとんど上手くいかず、無能さんと呼ばれ愛されています。

恒一への愛が一番で、かなり張り切っています。

オカズSSでは中尾の意見が面白いです。

赤だけに紺色の水着イメージです。

キャラソンは必見でかなり中毒性があり、印象が変わるでしょう。

やはり恒一のことが大好きと分かり、少し切なくなります。

 

杉浦多佳子

f:id:heitaku:20190614030551j:image

本編では「殺す!」や「死者を死に!」という名言と顔芸を残し退場した彼女。

福圓美里の声と演技には当時驚きました。

この子も性格はキツそうで赤沢さんに通ずるものが感じられます。

公式より、赤沢さんのことが大好きという情報がありますがレズではありません。

いつもパーカーを着ているのが何か不気味です。

中尾に対する恋のSSは面白く、乙女なところがあります。

スタイルは良く巨乳の部類です。

クラスの中では一番の常識者で冷静で、物事をしっかりと見ていると思います。

怒ったら赤沢さんをも圧倒するような姿が想像でき恐ろしいです。

 

桜木ゆかり

f:id:heitaku:20190614030544j:image

クラス委員長で最初の犠牲者となる彼女。

野中藍の声が非常に可愛らしく一時期ハマりました。

真面目で勉強もできますが、運動面やリーダーシップ面は彼女らしさがあり、おぼつかない様子です。

こう見えてスタイルは抜群でムチムチ系です。

風間から好意を寄せられていますが、彼女自身は一体何を思っているのでしょうか。

天然な子で知らないことだらけなので、周りがしっかりと教えてあげないと色々と大変なことになります。

クラス女子で恒一の家に行くSSでは純情っぷりが分かります。

眼鏡の状態でも可愛いですが、取った姿が非常に可愛いらしいです。

例の傘がぶっ刺さる時に分かりますが。

赤沢さんに続き彼女のキャラソンもハマります。

明るい曲ですが亡くなることを考えると、かなり切なくなります。

 

佐藤和江

f:id:heitaku:20190614025920j:image

眠そうな顔をしており、ぼーっとしている彼女。

あまり友達がいなそうなイメージがあります。

身長はクラス女子では一番大きく、出る所もしっかり出ており魅力的です。

隠れたファンが多い印象で影の人気枠です。

同じくP.A.作品の花咲くいろはの菜子に似ていると言われており、比べてみると面白いです。

生き残り組のSSでは江藤との絡みが面白く、惹かれた方も多いでしょうか。

 

渡辺珊

f:id:heitaku:20190614025932j:image

高身長で中学生とは思えないような見た目の彼女。

デスメタルバンドの一員という公式の設定があります。

珊さんとふざけて呼ぶと怒るでしょう。

というか怒ったら杉浦同様一番怖い子だと思います。

見た目通りクールな子で大人びていると思います。

一応合宿には参加しながらも、かろうじて生き残り組の一員です。

彼女のSSだけ未だ見たことなく、謎のままです。

根強いファンがいる気がしますが。

 

藤巻奈緒

f:id:heitaku:20190614025940j:image

色黒でテニス焼けをしており、意外と身長は小さい彼女。

和久井君との仲をバカにされる立場です。

ギャルな見た目ながら、比較的常識人で意外と扱いやすいです。

SSにおいては男子との絡みに使いやすく、ノリも良いので勅使河原と相性が良いです。

生き残り組のSSでは、いじられ役となっています。

 

柿沼小百合

f:id:heitaku:20190614025946j:image

決して友達がいないわけではありませんが、いつも本を読んでいる彼女。

読書絡みで辻井と仲が良いご様子です。

(公式では否定というか、そうではないらしい)

合宿では有田と一緒の部屋です。

SSがあまり見当たりませんが彼女も人気のようで、根強いファンがいるみたいです。

BLの想像や妄想をする、かなり危ない子ということになっているようです。

確かに納得できます。

 

金木杏子&松井亜紀

f:id:heitaku:20190614025956j:image

個別でなくセットとなる彼女ら。

レズップルな危ない2人で、結構ガチめです。

金木はいかにもなギャル系で、騒がしさはあまりないものの怖い印象があります。

松井の方は佐藤に近いぼーっとしているタイプで、ふわっとした可愛らしさがあります。

しかしアニメ本編で殺される時の表情はトラウマものです。

レズ要素がなければ、かなり好みだったとは言えます。

オカズSSでは和久井君が語っています。

逆に金木の方の出番はかなり少ないと思います。

 

最後に

f:id:heitaku:20220624183808j:image

アニメを観れば出番のあるキャラ、ないキャラの差に驚き、それが本当もったいなくも思います。

尺の関係上仕方ないことですが、その分、妄想が広がります。

自身のSSでは中島、有田、多々良、綾野、小椋、赤沢、桜木、藤巻が扱いやすかったです。

単純に中島さん、有田さん、多々良さんがAnotherモブ3トップキャラになります。

(ルックス、性格面)

当時からですがAnotherのギャルゲーは、ずっと期待しています。

(ガルパンなども)

PSPの時代だったら、何かしら出ていたかと思われます。

どうあれ活躍の少ないキャラや他の物語が気になれば、SSを読むだけでも面白く沢山想像できるのでぜひ読んでみましょう。

f:id:heitaku:20190614101536j:image

f:id:heitaku:20190614103852j:image

自身は過去にメルカリでこれらを出品しました。

今となっては正直後悔していますが、ぜひ興味のある方は探してみましょう。

資料集は難易度が高く、かなり高い金額かと思いますが。

ちなみにメインとなる見崎鳴は書いていないということは申し訳ないです。

自身のSSにも出番なしなのです。

 

 

黒マスクが不快、気持ち悪い点についてまとめる

f:id:heitaku:20220624162632j:image

黒マスク者に嫌悪感を覚えたのはコロナで皆マスクを着け始めた時期からだと思います。

それまで黒マスクというものが存在していたのかも曖昧です。

しかしながらYouTuberなる者や芸能人が着けていたのは、なんとなく目にしていたと思います。

その時点でも気持ち悪いという感覚はあったでしょう。

f:id:heitaku:20220624162641j:image

日常において外を歩き、人が視界に入る中で一番不快なのは黒マスクとタバコを吸う人間というのは、いつしか自分の中で完成されていました。

タバコに関しての記事はこちら。

相変わらず他者を気にする時点で終わっていますが、視界に入るのは仕方ありません。

臭いや危険度で言えばタバコの方がたちが悪いですが、黒マスクの存在感も同じようなものです。

無理なのです。

黒マスクが。

※黒マスク愛用者がいるかと思われますが、こんな自身の意見に耳を傾ける必要はありません

 

目次

 

何故に不快、気持ち悪い感情になるのか

f:id:heitaku:20220624163422j:image

何が不快なのか、気持ち悪いかといざ言われると何か出てきません。

視界に入れば瞬時に良い悪いと判断したり、無理、不快という仕分けになります。

ファッションなども同様です。

男のヘアピン、レギンス、タトゥー、ピアス、オーバーオールなどなど...。

黒という色が嫌いとかではなく、何故にマスクを黒にするかという疑問や不快感が生まれます。

生理的に受け付けないという表現になります。

一生使用者とは分かりあえないというか。

黒の色合いから見た目の恐ろしさや圧が少しあるかもしれません。

意味があって黒にしていると思うので、その理由を知りたいものです。

韓国人の真似なのかカッコいいと思っているのか。

黒マスクをカッコいいと思っている気持ちがあるのを悪いとは思いません。

ナルシストを気取るのも別に構いません。

ダサいという感情にも特になりません。

ただ『不快』の一言に集約されるのです。

お前に迷惑をかけていないだろという意見もありそうですが、視界に入ってほしくないのです。

街を歩けば思いのほか黒マスクの人間はいます。

受け付けません。

 

小顔効果(笑)

f:id:heitaku:20220624162621j:image

何でか黒マスクをすることで小顔に見えるそうです。

どこまでも美しく見せたいという使用者の厚かましさが分かります。

女が写真を撮る時、頬に手を当てるアレに近いでしょうか。

やはり女は少しでも小さく見せたい欲があるのでしょう。

日常、どんな時でもその頑張りを認めてほしいのでしょう。

美意識高い男も小顔効果を理由として、黒マスクを着用しているでしょうか。

やはりモテに繋げたり、良く見せたい思いがあるのでしょう。

そんな黒マスク程度で変わるのかと。

悪化、不快感を与えているとしか自分は思えません。

 

他の色に何を思うか

f:id:heitaku:20220624162438j:image

マスクの色は沢山あります。

白を基本としていますが、お洒落感覚で使い分けている人も多いでしょう。

黒ほど不快には思いませんが、他の色も正直良い印象はないです。

ピンクや水色、ねずみ色、花柄などかなりの数見ます。

自分が可愛いと思っている子は色のあるマスクを着けたがるでしょうか。

f:id:heitaku:20220624163405j:image

出掛ける前に今日はどれにしようかとネクタイを選ぶ感覚なのでしょうか。

というか何種類もマスクをストックしているイメージもわきません。

同じのを大量に所持していると思いますが、使い分けや拘りがあるのでしょうか。

何か考えるだけ無駄になりそうです。

 

とか言いつつ着けてみたい気持ちはあるのかもしれない

f:id:heitaku:20220624172425j:image

白いマスク以外のマスクを購入したことはないので分かりませんが、1度着けてみたい気持ちはあるかもしれません。

とはいえただでさえ気持ち悪い印象の自分が更に気持ち悪くなるでしょう。

周りから眼中にないでしょうが、不快感を撒き散らしているかと勝手に思いそうです。

黒マスクを着けるなら服の色も全身黒にしたり、黒に合わせたものにしたいという思考になりそうです。

たかだか色の変化だけで考えが変わりそうです。

マスク=白という固定観念の自分がおかしいのでしょうか。

例えるならランドセルの色を赤と黒以外受け付けないのと一緒でしょうか。

似たような例えは他にも沢山ありそうですが、狭い愚かな考えを持っている自分が一番愚かだと思いました。

 

 

キムチ鍋への拘りや入れる材料についてまとめる

f:id:heitaku:20220617073800j:image

鍋=キムチ鍋になる思考ですが、何故にキムチ鍋に魅力を感じるのかは分かりません。

鍋の材料においても入れる具材は、どの鍋も大して変わらないと思います。

肝心の鍋の素となる味が大事となるのでしょうか。

キムチ以外の味付けとなる味噌や塩、醤油などは眼中にありません。

何でか幼少期からキムチに行き着きました。

単純に美味しいからなのでしょうか。

 

目次

 

鍋の選択肢はキムチ鍋以外考えられない

f:id:heitaku:20220617073824j:image

○○鍋と鍋には何種類もあるかと思いますが、選択肢にはキムチ鍋しか出てきません。

決まった物しか食べたくない、他に興味を持たない自身の狭い思考があります。

一応軽く調べて出てきたメジャーな鍋をあげ、一言思うことを添えます。

(ほぼ否定的なのは悪しからず)

 

豆乳鍋

(鍋にヘルシーやマイルドさを求めない)

トマト鍋

(単にトマトが嫌いで絶対にしたくない)

もつ鍋

(美味しいだろうがこれといった特徴がなさそう)

すき焼き

(高い肉がないとうまくできなそう)

しゃぶしゃぶ

(すき焼きとほぼ似た感覚)

カレー鍋

(普通のカレーで満足しそう)

ちゃんこ鍋

(もつ鍋と同じイメージ)

おでん

(おかずにならない)

煮込みラーメン

(キムチ鍋に次ぐ有力候補)

となります。

 

やや鍋と言えるか分からないものもありますが、これらがメジャーどころでしょうか。

ただ残念ながら、ここ10年近くにおいて一人鍋をするにあたって、これらに挑戦したことな一度たりともありません。

嫌いとなると豆乳鍋やトマト鍋になりますが他は別に嫌いではありません。

とはいえ好んで選んで食べたいと思える味付けでもありません。

スーパーに行き、単に選択肢にならないのです。

 

漬物のキムチは苦手

f:id:heitaku:20220617074033j:image

キムチ鍋が好きといえど、漬物のキムチは食べない人間です。

単に漬物が嫌いなのもありますが。

そして漬物のキムチを投入するパターンも苦手です。

どうにも好みが合わないのでしょうか。

焼肉や居酒屋のお通しでキムチが出ることもありますが好みません。

しかしながらマネーの虎での金さんのキムチには昔から興味があり、食べてみたい欲求は凄まじくあります。

スーパーや飲食店などの物とはレベルが違うみたいです。

 

瓶のタイプのキムチの素は苦手

 

瓶のタイプのキムチ鍋の素も、好みではないのは何でかあります。

瓶のタイプは酸っぱさが強いイメージで、何だか漬物のキムチに似た感じがあります。

(エバラか桃屋の気がします)

ストレートタイプの袋の奴が確実に当たりです。

メーカーなどは特に拘りはなくスーパーに行き、そこまで辛くないのを選びます。

また、チゲについてもよく分かりませんが、とりあえずキムチ鍋の素だろうがチゲ鍋の素だろうが、どちらでも構いません。

 

必須材料

なくてはならない材料を簡単にまとめます。

 

f:id:heitaku:20220613175031j:image

基本的に豚バラ肉が推奨されているようです。

一時期ささみに取り憑かれたようにハマリ、入れていたこともありました。

にしても買う肉は割引になっていないと極力買いたくない貧乏思考なので、細切れなどでも構いません。

そして肉に切り込みを入れたり、食べやすいサイズに切るなども何もせず、投入します。

パックを破り、そのまんまです。

肉の種類は牛豚鶏と様々ありますが、やはり牛肉を入れることはほぼありません。

これも謎です。

 

ニラ

f:id:heitaku:20220613175040j:image

野菜嫌いな自分においても、緑色ながら大好きな野菜です。

見た目が完全に草で嫌と思いきや、食べれます。

調理時は包丁で切るのすらダルいので、手でちぎるなり、ハサミを使用しています。

食べる際の長さなどどうでもよく、デカデカと自己主張しても構いません。

ただニラレバはレバーが嫌いなので、そこは無理な人間です。

 

もやし

f:id:heitaku:20220613175055j:image

野菜界の安くて簡単な存在となる素晴らしい物です。

洗う必要もなく、そのまんま投入します。

ネットでのキムチ鍋の材料を調べるにあたって、意外と出てこなかったりもしますが、必須レベルだと自分は思います。

適当に煮込み過ぎる自分にとって、シャキシャキ感をあまり出すことはできません。

いつも2袋買うか1袋でいいのか迷ってしまいます。

 

えのき

f:id:heitaku:20220613175105j:image

キノコ類は、なめことえのき以外はあまり好まない自分です。

えのきは、ごりごりとした食感がたまらず必須材料となります。

値段も安価なので買いやすいです。

流石にこちらは包丁を使って切らないといけません。

下の部分を何というか分かりませんが(根元?石づき?)この粉っぽいところは、やはり処理したくなります。

調べれば食べられるなど色々な記載がありますが、どうにもそこに挑むことはありません。

 

あれば尚良い材料

必須ではないとはいえ、欲しくなる材料です。

 

白菜

f:id:heitaku:20220613175117j:image

正直必須であってもいいのですが、もやしを大量投入するにあたって、余ってしまうので考えものです。

また、芯の部分となる白い塊にどことなく抵抗感があるのも事実であり、1/4カットでも多くなります。

最初の頃は眼中になかった存在ですが、いつしか入れるようになったり、美味しさを実感することとなった材料です。

準レギュラーの代表格です。

 

魚の切身

f:id:heitaku:20220613175126j:image

主に鱈の切身になります。

味付けというか、たまに濃い切身もあり、そちらは要注意です。

(しょっぱすぎることがある)

基本アラスカ産や養殖などの安いものになります。

鮭や鰤などの切身もありますが、白身魚が間違いないかと思われます。

というか割引になっていないと買いたくないです。

 

ホタテ

f:id:heitaku:20220613175134j:image

鍋の海鮮となれば思い浮かびます。

キムチ鍋との相性抜群で、あれば是非入れたいものです。

デカイにこしたことはなく、食べごたえを求めたくなります。

オレンジ色の部分や黒い部分は、どうにも処理したくなります。

アサリを入れたことはないので、そちらも興味があります。

 

エビ

f:id:heitaku:20220613175141j:image

こちらも海鮮となれば王道の食材です。

豪華になる感があります。

ブラックタイガーがオススメというか選択肢と入ります。

殻や尻尾がない状態のタイプは正直美味しくなく、この間痛感しました。

(ボイルした奴?)

自身はバリバリと食べる人間ですが、普通は剥くみたいです。

 

豆腐

f:id:heitaku:20220613175149j:image

鍋の代表となりそうな材料ですが、自身にはそこまで魅力を感じません。

安価なので容易に買え、意外と食べごたえはあります。

どうにも扱い方が下手くそなため、結局形が崩れてしまうのです。

木綿だの絹だの拘りはありません。

パックから出し手に持ち、切る瞬間は何か気持ち良さがあります。

 

無くて良い材料

自分は入れないというか苦手です。

 

ネギ

f:id:heitaku:20220613175200j:image

丸々1本使うことが困難だったり、スーパーで1度も購入したことがありません。

というか単にネギが嫌いなのはあります。

しかしながらネギは料理において、重要なアクセントとなるということを歳を取り知った感はあります。

よく鍋に入っている白くデカデカとしたのは抵抗がありますが。

 

大根

f:id:heitaku:20220613175210j:image

味を染み込むという点で人気の材料みたいですが、自身には無縁です。

おでんにおいても大根は食べない自分です。

買うにしても丸々1本は使えないうえ、自身の料理において出番はありません。

意外と辛いというのも苦手な点です。

はだしのゲンや戦時中など、大根を丸々1本噛りながら食べるのには憧れがあります。

 

ニンジン

f:id:heitaku:20220613175217j:image

カレーにしても豚汁にしても必須だろう材料ですが、鍋には正直いらないと思います。

キムチに似た色ですし、特に必要性は感じられません。

(色どりとしての理論ではない)

大根同様食べれないことはないですが、苦手な部類に入るかと思います。

馬のエサやりとしてボリボリ食べているのが想像つきます。

 

〆の○○はしない人間

f:id:heitaku:20220613175306j:image

鍋の〆として雑炊やうどん、チーズリゾットなどをする人間がいるようですが、特に自身はしません。

勿論汁が残るのでそこを再利用するのは大切ですが、どうにかしようという気持ちにはならないのです。

色々食べたい人間なのですが、鍋は汁物として白米と食べるのがお決まりなのです。

(〆の食べ方が邪道とは思わない)

〆というのが案外自分には合わないのでしょうか。

よく〆をやりたがる人がいますが何にしても人様と鍋を囲うことはないので、自身には無縁です。

 

1人で囲って自由に

f:id:heitaku:20220617082958j:image

鍋を行う頻度は減りましたが、材料をチョイスする買い物、調理(ただぶちこむだけ)、食べている時は幸せです。

好きな物を入れ、鍋を漁り、箸を入れたり、戻したり、マナーも糞もありません。

鍋奉行など言われる面倒な存在もいません。

好きなように食べるため、自由気ままにやりたい放題です。

気を遣っては旨いものも不味くなります。

それが簡単な結論です。

人とのやり取りで鍋しよう!ということにはならず、1人勝手にキムチ鍋しよう!という流れになるのです。

お店で食べることもなく、自らの手で料理したいのです。

(鍋を料理とは言えない自分ですが)

 

 

ヤニカス、喫煙者、IQOSの不快感についてまとめる

f:id:heitaku:20220607234142j:image

全喫煙者に対する愚痴、文句ではありませんが、どうにもタバコを吸う人間が視界に入ると不快になります。

これは黒マスクと同じ感覚でしょうか。

これまで多くの喫煙者と交流をしたわけではありませんが、何一つ良いことがないわけです。

喫煙者の方が読んだら何を思うか分かりませんが、こんな記事に何も影響力はありません。

文句を言うなら直接言えと言われそうですが、それはできないので書き記します。

 

目次  

 

バカ面、ポカーンとした表情で、おしゃぶりを咥えているあの感じ

IQOSやプルームテック、グローなどで吸っている奴らは何よりこれです。

本当なんなのかとあの表情と口は。

よく人前であんな面ができるのかと。

見ていて、あれが視界に入るのが無理なのです。

見たくて見るわけではありませんし、吸っている人間も何故あんな顔になるのか。

特に運転中の信号待ちでハンドルを握りながら吸っている奴らの顔は終わっています。

いくら可愛い女、美人でも糞みたいな表情になるでしょう。

自分がこういう表情をしているということに恥を知れと言いたいです。

というか気付いていないでしょうか。

簡単にその面を拝むにはYouTuberなどが投稿している路上喫煙の動画がいいでしょうか。

ただああいうYouTubeを見るのはこちらとしても胸糞悪くなります。

頭がおかしいとしか思えない喫煙者しか出てきません。

 

喫煙者の灰皿を片付ける禁煙者の構図

 

愚かなことです。

自分のものは自分で片付けるという認識がないのか。

自身がパチ屋に勤めていた時、上司の灰皿を帰宅前に片付けていました。

また、本社から偉いさんが来た時もそうでした。

タバコと灰を捨て、灰皿を水洗いしてピカピカにします。

毎度灰皿でそいつの頭をぶっ叩きたいところでしたが、できませんでした。

これが下っぱの仕事なのか。

喫煙者の為に禁煙者が手を動かすという糞っぷり。

ちなみに灰皿が飛んでくるとか根性焼きをするような環境ではありませんでした。

会社には喫煙所がなく、普通に事務所で吸っていたので最悪でした。

いうて喫煙所みたいな所で吸っていて、そこで挨拶するようなことがあっても嫌ですが。

結果、街で吸い殻を片付ける清掃員やスタッフを見ていて可哀想になります。

掃除をするそれが仕事だと思っている喫煙者の奴らは、せめてルールを守り決まったところに捨てろと。

 

タバコも自慰行為の感覚でf:id:heitaku:20220607233455j:image

タバコを吸うことも1人で慰める自慰行為のようにしてもらえればいいと思います。

それだけ恥ずかしく、気持ちいいという認識を。

外で吸っている奴らは公開0721をしているものだと思っています。

それくらい哀れな行為だと。

喫煙者は吸っている間は幸せだと思うので、その幸せは1人の時に味わっていただければと思います。

タバコを吸っている所を女の子に見られて興奮する大学生もいそうですが、そういう性癖なら仕方ないと思います。

『吸っている俺カッコいい』『禁煙所で雑談している姿が様になっている』という初心の気持ちを生涯忘れず、一生吸い続けて灰になってほしいものです。

吸うことで気持ちいい、スッキリする、発散になるならば、見えないところで吸え。

 

パチ屋勤め時のタバコ絡みのあるある一覧

一応パチ屋に過去働いていたので、あるあるを簡単にまとめます。

環境も関係あるとはいえ、同感してくれたら嬉しいものです。

 

・スタッフは男女関係者なく喫煙率が高い

女も平気で吸うというのを痛感しました。

そういう業界なのは知っていたうえ、吸わないのにこの業界に入った自分も愚かかもしれません。

学生、フリーター、パート関係なしにスパスパ吸っていました。

 

・客の忘れ物にタバコやライターがほぼ毎日ある

IQOSなども普通にあるうえ見た目が黒いので薄暗いスロットコーナーでは、よく回収していました。

自店では回収したタバコを普通に吸っているスタッフもいました。

一時期タバコやライターも拾得物として警察署に持っていったこともありました。

 

・景品交換でのタバコではメビウスワンロングが一番人気

単にジジババの客の割合が多く、人気だったと思います。

ロングと言うだけ長いので分かりやすいです。

一番の売れ筋なので多く発注していましたが、品切れになる時はなります。

 

・間違えてソフトやボックスを提供し怒られる

上記と同じくこれに関しては怒るのはジジババです。

吸わない自分には何が違うのか分かりませんが、年寄りでも味の違いは分かるのでしょう。

ソフトとボックスの違いはパッと見でも分からないので、厄介です。

 

・決まったタバコを交換する常連がいる

毎度決まったタバコを交換するオッサンがいましたが、基本的に常連なので態度は良いです。

こちらもすぐに提供する準備はできており、把握しています。

とはいえ当たり前のように「寄越せ」と横暴な態度の奴はいた気がします。

 

・セブンスターの客が一番臭い、不快

タバコに疎くてもセブンスターだけは一瞬で臭いが分かり、臭すぎて無理です。

『セッター』と略するのはカッコいいつもりなのでしょうか。

パチンコのアレジンを打つアメリカンスピリットを毎回吸う客も嫌でしたが。

 

ピアニッシモメンソールを吸う客はマダム

少し高級感溢れるピアニッシモを吸うのは服装から色々としっかりしていたおばさまです。

とはいえ打つ台はジジババ大好き、海物語になりますが。

特定の客しか交換しないタバコの代表格です。

 

・HOPEを吸うのはジジイか

貧乏や小汚ないという表現は使いたくありませんが、そういう方が多いでしょうか。

どうにもHOPEにはそんなイメージがあります。

気付けばHOPEもセブンスターに次いで嫌いな臭いかもしれません。

 

・客と会話をすればコーヒーとタバコ臭い

かましい店内で会話をする場合は至近距離となりますが、やはり臭いです。

タバコに混じるコーヒーのあの臭いと合わさる逆ハーモニーは勘弁です。

マスクなど無縁だった頃が懐かしいです。

 

根性焼きをされるゴーゴーランプ

何だかんだヤられた瞬間はこれまで見たことありません。

中古台を購入した時点で、酷い有り様だったかと思われます。

こういう奴がいるからタバコのイメージも悪くなるのでしょう。

 

・GOD揃いや真瞳術からのドヤタバコ

彼らにとって至福の瞬間なのでしょうか。

そのくせ速攻駆け抜けたり、ゴミゲーム数という恥ずかしいパターンも多いですが。

他、ドヤジュース、ドヤトイレ、ドヤ離席、ドヤ報告など様々あります。

 

まとめ

f:id:heitaku:20220607232628j:image

吸わない者にとっても迷惑のかかるタバコ。

大人しく家で好きなだけ吸っていてほしいものです。

外での喫煙にて、マスクに飛び火して炎上することがあれば面白いです。

いい加減、自らが煙たい存在であることを知ってほしいものです。

喫煙者は辞めれないほどの魅了を伝えてほしいものです。

 

 

一瞬だけお洒落に目覚めた気がしたので服を買う店についてまとめる

この度の転職にて私服出勤ということになりました。

今現在の人生の中で一番服を購入したと思います。

しかしながら転職は失敗に終わり、私服も終了かもしれません。

f:id:heitaku:20220606132445j:image

いかんせん自身はブランドや服の種類、名称、相性、組み合わせ、金額の相場、ファッションセンスは皆無です。

それでも自分なりの思考、センスで懸命に買う服をチョイスしてきました。

昔から服に興味がなかったのはブランドの意味、センスのなさ、着る機会が少ない、お金をかけたくないなどの理由になります。

要するにどうでもいいという思考です。

奇抜過ぎたり、ダサいという最低限の感覚は持ってるつもりです。

f:id:heitaku:20220606132902j:image

ファッションにしても料理にしても独自性が出るものだと思います。

何故ここで料理が出たのかは、最近料理をするようになったり、料理をこれまで自身がしてこなかったからです。

これもファッションに興味を持ちはじめたのと似たような理由かもしれません。

ファッションも料理に関しても調べれば、こうした方がいい、これはダメなど、基本のルールなど沢山の情報が出てきます。

正解があるようでないという認識で大丈夫でしょうか。

誰かの為(異性)にファッションを頑張るのが主な理由っぽいですが、どうなのでしょうか。

たかだかファッション1つで何も変わらないと自身は思っていますが、思いのほかファッションは重要なようです。

やはり周りから見られているので(眼中にないだろうが)恥ずかしくない格好をしなければいけません。

別にカッコつける必要はありませんが。

料理に関しては作っても自分しか食べないので手順、見た目などどうでもいいと思います。

決まった調理法やルールがあるから嫌という理由もありますが。

どうあれ今回はファッションについて適当に書く記事なので、料理については触れません。

f:id:heitaku:20220606133116j:image

今回ファッションについて何を書くかというと、服の紹介のようなこともできず、組み合わせやブランドも分かりません。

悲しいながら名称や購入店、ブランド、金額なども曖昧になってしまいます。

それだけ自身は知識がないのです。

思い入れがないのです。

意識しないのです。

とはいえ前よりは明らか何か成長した感はあるのです。

(遅い)

そんな思ったことを簡単にまとめます。

 

目次

 

GUについて思うこと

f:id:heitaku:20220605040923j:image

大学生御用達なのかファッションの基本となる店なのか分かりませんが、パッと思い浮かぶ店舗でしょうか。

仙台在住なのでEBeanS内にお店があります。

確か初めて行った時、普通に女性の下着売場の中を通ってしまい、恥をかいた覚えがあります。

(10年前かと)

自身にとってはGUですら金額の高さ(これが普通なのか?)と人気の秘密が分かりません。

客の割合はいつ行っても繁盛しており、大学生やカップルが多いのがイラつくポイントです。

いかにもな大学生が非常に多いので、それはイラつく限りです。

過去記事。大学生について。

狭い通路の中、通りの邪魔になる奴が一番イラつきます。

あとGUのアプリを面倒ながら登録した覚えがあります。

いくらか金を使えばエコバッグや靴下と交換できるはずです。

とはいえ3回近く買い物をしましたが、もうお腹いっぱいなので足を運ぶことは少なくなりそうです。

ルフレジのカゴの仕組みは画期的(ユニクロもだが)ですが、自分のような人間は初見困りました。

ただ店員が声をかけてくるといったことはないのは良い点でしょうか。

 

去年の冬場に購入したコーディロイパンツがお気に入りです。

 

ユニクロについて思うこと

f:id:heitaku:20220605040746j:image

GUの上位互換という認識を自身の中でしています。

(GUを侮辱していない)

仙台だとアエルの中にありますが、なかなか行きません。

上位も何も商品の金額はGUより高く感じ、老若男女様々で客層は広いです。

富裕層というのは大袈裟かもしれませんが、あながち間違ってないでしょうか。

平気で数着買うだけで1万を超えるイメージです。

それがいただけません。

金額に釣り合うその良さが自身にはよく分からないので、あまり足を運ぶことはありません。

(否定ではない)

GU同様セルフレジとなりますが初めて行った時、扱い方が分からず店員に聞く始末でした。

また、GUのアプリを利用できると思い、会員のバーコードを通した所エラーが出てしまい前の画面に戻れず、店員を呼んだこともありました。

 

勝手な結論、ユニクロは富裕層という認識にします。

 

ドン・キホーテについて思うこと

f:id:heitaku:20220605041037j:image

激安の殿堂と呼ばれるドン・キホーテ

税抜き価格が大きく表記されているので全然激安というのは感じられません。

ただ服売り場は意外と掘り出し物があり、値段も安価な印象です。

仙台だとアーケードの所とラーメン二郎側の方に行きます。

お店がお店なだけにごちゃごちゃしているのが、どうにも嫌なところがあります。

客層や民度が低いと思われていますが、そこまで思ったことはありません。

(よくDQNやキティちゃんのサンダルの若造のイメージが強いですが)

肝心の服のクオリティですが、素人ながら素材の安さや脆さはなんとなく実感できる気がします。

だからといって否定的な意見はありませんが。

たまにネタとなる商品や大幅な値下げをしているコーナーがあります。

個人的に服より靴を見るのが面白く、手頃な金額で入手できます。

 

仙台のアーケードの所のドン・キホーテにおいて、その前に何が建っていたか思い出せません。

 

しまむらについて思うこと

f:id:heitaku:20220605041046j:image

 

個人的に一番テンションの上がる店舗です。

仙台だと六丁の目店に行きます。

このロゴを見ただけで、心が踊ります。

やはりお手軽な金額なのと意外と種類が豊富、買わなくともクッションやバッグ類を見るのが好きです。

客層は年配の女性が多いので落ち着いた雰囲気が漂い、うるさいことはありません。

男性客は母親に連れてこられた中高生や独り身だろうオッサンなどで、それも良い点なのです。

女性中心の売り場かと思いきや、しっかりと男性のエリアもあります。

店舗によって子供が遊べる小さいゲームコーナーがあるのもレトロで、面白いです。

あった場合プレイはしないものの、必ず覗き、BGMを鑑賞します。

改めてオシャレな人間や絶対に行かない何かしら抵抗のある人は一定数いそうな店舗ですが、若い人でもYouTuberなどでオススメしている人間はいるみたいです。

アニメやゲームとのコラボも強いので、若者や転売厨がこぞって来ることもあります。

なんであれ大好きなお店ですが、着ている服は全部しまむらで揃えているということはありません。

あとレジ袋が好みです。

 

しまむらをバカにしたり、侮辱する人間とは分かり合えません。

 

Availについて思うこと

f:id:heitaku:20220605122419j:image

しまむらとセットとなるイメージのお店です。

仙台だとしまむらと同じく、六丁目の店と一緒になっています。

しまむらの若者バージョンという表現にしますが、こちらも魅力満載です。

価格は気持ちしまむらより、やや高い感じでしょうか。

(大して変わらない)

少しオシャレを気取った中高生が行くようなイメージがあるかもしれませんが、自身にとってはオアシス的な空間です。

しまむらと共通してロゴが赤いところもテンションが上がります。

そしてこちらもレジ袋が好みです。

本来は学生のうちに卒業するべき店舗なのでしょうが、そんなの自由です。

案外若い女性にとっては良い商品を置いているみたいな記事を見た覚えがあります。

 

しまむらとAvailがセットになっている場合は、Availを先に覗きたい衝動になります。

 

イオンについて思うことf:id:heitaku:20220605123501j:image

イオンと大きく分類しましたが、沢山あるテナントやブランドは未だよく分かりません。

仙台だとアーケードの一番町店と幸町店によく行きます。

(一番町店は一時期週一行くレベル)

安心安定のイオンですが、お値段は案外何とも言えません。

決して高くも安くもないです。

とはいえ少し前にレディースのズボンを300円で購入できた喜びがあります。

ちょこちょこセールをしているのが面白いです。

客層は若い客は少なく、オッサンが多い印象です。

どうにもスーツ絡みの商品としてワイシャツやスラックスなどの売場の面積が広いと思います。

あとは何かしらのブランドとのテナントが入っており、ワニのロゴとINSPIREというメーカーが印象に残ってます。

どうあれブランド品などは70%近く安くならないと買えませんが。

一番町のイオンにおいてはブックオフに毎回足を運んだり、靴屋のGreenBoxがお気に入りです。

 

イオンよりジャスコと言いたい派ですが、気取って『イオン』と言っています。

 

ブランド品について思うこと

f:id:heitaku:20220606131822j:image

こんな自分でもよく分からないながらブランド品に手を出したことがあります。

とはいえ店員に声をかけられたら大ピンチになるわけです。

単に断れないだけですが。

 

調子に乗り購入したタケオキクチのシャツはお気に入りとなります。

触り心地と素材が気持ちよく一目惚れしました。

とはいえ金額は確か12000円程で、1つの服の買い物として一番大きな買い物でした。

それ位、自身は大きな買い物をしたことなく、縁がありません。

何だかんだPARCOやS-PALなどを調子に乗り覗くことは増えた気がしますが、店員にロックオンされてはマズイです。

金もない分際でお店に立ち寄るのは嫌なもんです。

ブランド品の良さや長持ちするかなどについては未だ実感はなく、洗濯しずらかったり、扱いに困りそうです。

(結局タケオキクチのシャツも厳重に扱っている)

ロゴも名称もろくに分かりません。

自身に着る資格はないのです。

無名ブランド、よく分からない英語、安価で購入できる物が一番なのです。

 

白いズボンへの拘り

f:id:heitaku:20220606131810j:image

自身は何故か昔から白パンを履くことに抵抗がありません。

よく白パンはヤクザと言われたり、着こなしが難しい、すぐ汚れる、ナルシストだなどデメリットがあるようです。

汚れに関しては確かに自転車のペダルに擦ってすぐ汚れたり、サイゼリアでパスタを食べ、ソースが飛び散ったりと嫌な思いはあります。

しかしながら白のカッコよさは自分の中に昔からあり、カッコよく決まるのです。

(写真など撮らない)

単に痩せ型なのはありますが美しいスタイルとなるのです。

スキニーはキモいので履きませんが。

白に拘ったのはNON STYLEの石田のようになりたかったのは何かあったと思います。

(実際全身白は気持ち悪すぎてヤバいが)

ズボンが白ということで靴は白にすることはなくなりました。

 

まとめ

f:id:heitaku:20220606131800j:image

店の紹介だったのか、よく分かりませんが適当に書きました。

どう自身が変化したのか分かりませんが、服やファッションセンスごときで見る目が変わるといった単純なことが起こるのか分かりません。

美容院然り。

思いのほか重要そうな気がしますが。

未だにそれに気付いていないと思いますが、ほんの少しでも成長したのでは?と感じております。

以下、ファッション絡みで自身の否定的な事例...

・男のレギンス

・ぴっちりしたスキニー

・黒マスク

・男のマッシュルームヘアー

・ダボダボした服装

・男の民族衣装のようなスカートのやつ

・オーバーオール

 

 

榴岡公園に1人で花見に行ったので簡単にまとめる

こちらの記事の下書きは2022年4月19日となっていました。

撮影した桜の写真は2022年4月17日でした。

花見と言っても1時間近く、ぐるぐる歩き、桜の写真を撮りまくっただけです。

屋台もありましたが何も買ってません。

桜をバックに写真を撮ろうとも思いましたが、気持ち悪いうえ全く良い感じなのは撮れませんでした。

写真を誰かにお願いすることなどもできるわけなく、声を発することもありません。

「撮ってください」とお願いされることもありませんでした。

(経験上これまで意外とある)

 

目次

 

何故花見に行ったのか

f:id:heitaku:20220603130518j:image

全国的に有名な榴岡公園

自身の住まいは歩いて公園に5分程で着く位の距離です。

近いとはいえ、足を運ぶ必要性や興味はこれまで全くなかったです。

(花火の季節になれば一人で花火をする予定ですが)

しかしながら快晴で虚しい休日となった為、足を運びました。

目の前にある縁のないものに触れることは大切なのだと勝手に思ったのです。

 

人の割合を簡単に

 

 

大変賑わっており、快晴だったため遠方から来た方も多かったと思います。

とはいえ案外地元民がほとんどでしょうか。

がっちりと服装を決めていた人間はいなかったと思います。

どことなく田舎くささも感じられるようでした。

(自身は白パンを履き決めていた)

 

ファミリー(5割)

 

同性同士、集団(2割)

 

カップル(2割)

 

おひとり様(1割)

 

こういった感じだったと思います。

思いのほかカップルは目立たなかった印象です。

仲睦まじい様子が確認でき笑顔な連中だらけでした。

連中とは偉そうで言葉が悪い表現ですが、事実なので仕方ありません。

テントを張るなり、スポーツをしたり、楽しく話したり、ご飯を食べたり、酒を飲んだりと。

 

楽しそうな連中ばかり

f:id:heitaku:20220603132110j:image

(一の瀬さんみたいな人は確認できませんでした)

人生において花見をしたことがない自分。

今回においても『花見をした』ということにはなりませんが。

花見のイメージ...

桜の木の下にブルーシートを広げ弁当を食べる

酒盛りをする

カラオケを歌う

バーベキューをする

イチャイチャする

青姦

そんなところでしょうか。

ただカラオケをするような連中は見なかったです。

一発芸的なのは目撃しましたが。

過度なイチャイチャも確認できず、あまり面白味がなかったです。

何を目的に足を運んだのか。

 

死んだ顔でひたすら写真を撮る自分

f:id:heitaku:20220603132254j:image

死んだ顔がどんな顔か分かりませんが、マスクの下の自身の表情は終わっていたことでしょう。

笑みもない細い目で目に写る桜、自然、人間を撮りまくりました。

果たしてこれに何の意味があるのか。

途中、撮りすぎたせいで容量がいっぱいになりました。

(スマホに詳しくないがストレージとやら)

どうすることもできずスロットのガルパンまどマギ2のアプリの容量が大きいので消してやりました。

もうすることはないので。

 

結果何の意味があったか分からない

 

(こういう写真はアウトなのか)

意味も何も、何か別の空気を吸わなければ...と思い、自身は足を運んだと思います。

その衝動はGW頃がピークで、ブルーな気持ちになっていたからでしょうか。

この記事自体も本来、花見の時期である4月後半に更新するべきだったかと思います。

とはいえ埋もれることなく、こう残すことができました。

 

季節を抱きしめて』を思い出した

f:id:heitaku:20220507092929j:image

春夏秋冬の春を舞台にした、やるドラシリーズの『季節を抱きしめて

シリーズ内においては夏を舞台にした『ダブルキャスト』が一番人気があるようですが、個人的に『季節を抱きしめて』が一番好きです。

花見にどこまで関係するかはアレですが、物語後半に酔っぱらいが桜の枝を折るシーンは印象に残っています。

そしてタイトルと同名曲の大藤史が歌う『季節を抱きしめて』は素晴らしい曲です。

結婚式に流したい候補曲トップ5に入る曲ですが一生縁がありません。

以下、他4曲。

『永遠の花』石田よう子(藍より青しOP)

『10 YEARS AFTER』米倉千尋(08MS小隊ED)

『Once again to try』五十嵐友(リフレイン・ラブ2ED)

『Isolation』怜奈(つよきすED)

非常にどうでもいいチョイスとなりました。

 

桜に良い思い出はあるのかと

 

出会いと別れの季節や新スタートとなる春。

振り返れば良いことがこれまであったのか曖昧ですが、もうじき終わります。

というか梅雨になります。

春を肌で感じるなり、明るく前向きになることはなかったので、音楽の力を借りて雰囲気を味わうだけです。

f:id:heitaku:20220603134743j:image

落ち込む気持ちを少しだけでも前向きにしたいものです。

f:id:heitaku:20220603134701j:image

好きにしたいところです。

 

 

イラついたビジネス用語をまとめる

 

イラつくも何もビジネス用語としてはメジャーであり浸透している言葉です。

カッコつけている、調子に乗っているという感覚は使用者には特にはないと思います。

(ドヤ顔や使いたい気持ちにはなっているだろうが)

むしろそういう感覚を覚える自分に問題があることでしょう。

こちらとしてはイラつく言葉であり、使うのにも抵抗がありました。

イラつくという感情は非常に浅はかで単純な感想になりますが、やはりどうにも受け付けないものがありました。

この程度の言葉で感情が揺さぶられる(こう書くとよっぽどだが)のは愚かな話ですが、事実なのでまとめます。

一応言葉の意味も記載しますが、今の世の中これらの言葉は常識となるでしょう。

f:id:heitaku:20220602124519j:image

ちなみにビジネス用語に関しては、転職する前から気持ち悪さが滲み出ており、自身には縁のないものだなと思っていました。

転職先は求人広告のライター業でしたが、自身の無能っぷりにより戦力外通告を受けました。

詳しいことや会社の悪口は何も書かないつもりですが、どうにも自身には無理だったということです。

短い期間で学んだ(学んだといえるか曖昧だが)ことをブログのネタにできれば御の字ですが、果たしてこの先も書けるのか。

 

目次

 

案件

f:id:heitaku:20220602133142j:image

意味...問題になっている事柄。

YouTuberが流行ってから浸透した言葉である気もします。

企業案件という言葉はよく聞くでしょう。

にしても自身がビジネス(笑)やサラリーマンのような会社に勤めたことがないので、単に聞きなじみがなかった気がしますが。

案件の獲得やこなす、抱えるなど忙しいアピールのようなところが気にくわないのです。

できる人間は何個も抱え、何個もこなしていく感じでしょう。

『仕事を振られた』みたいでなく、案件というのがどうにも好きになれない言葉です。

 

アサイ

f:id:heitaku:20220602133156j:image

意味...任命する。割り当てる。

ライターアサインということで、企業への取材をお願いする時に使われていました。

自身への任命ということで責任を持ち、カッコいいかもしれませんが、荷が重すぎました。

1つやっている途中にまた1つ、まだまだ残っているのにどんどん任命されるというもので、そのテンポは早く感じました。

どうにも自身には複数こなすことはできず、アサインされた瞬間、まだできないだろと思いました。

(たかだか2個だけでしたが)

アサインする側(上の人間)は何を判断に自身にアサインしていたのか分かりません。

というかするのが早い。

 

エビデンス

f:id:heitaku:20220602133409j:image

意味...証拠。根拠。

証拠として残すものです。

音声では残すことはできないので、メールや議事録として残す形となります。

取材の変更や募集対象が変わった、最初と約束が違った点など、その理由、事情をしっかりと残し、材料とする感じでしょうか。

エビデンスを残しておいてください』というのに何かイラついていました。

これはビジネスのやり取りや企業が絡むやり取りにおいて、かなり重要となりそうですが、自身のような軽い(言葉の認識がズレる)対応をする人間にとっては、あまり理解できません。

その時点で自身には無理な話です。

 

ペルソナ

f:id:heitaku:20220602133423j:image

意味...人格。ターゲットより明確、細分化した人物像。

求人募集をするにあたって最も重要で、組み立てるうえでまず考えなければならないものです。

所謂ペルソナの設定。

ターゲットとはまた少し違い、厳密に作り上げる仮想のようなものです。

ブログを書いている人間にとってもこれは重要であり戦略的で、狙いを定める点で大切でしょうか。

しかしながら、あまりにもペルソナ像というのが事細かく具体的なものです。

例:名前、年齢、住まい、前職、スキル、性格、生活スタイル、転職きっかけ、転職で手に入れたいものなど。

かなり絞るというか、人物を作り上げるという点の理解度、重要性が自身にはどうにも納得できず気にくわなかったです。

(ペルソナは商売や集客、ビジネスなどにおいて最重要らしいが)

ことの重要性がイマイチ分かってない自分です。

 

コミット

f:id:heitaku:20220602133612j:image

意味...約束。責任。

成し遂げるといった感じでしょうか。

責任を持って仕事を行うという当たり前のことです。

(その当たり前が自身にはできなかったが)

コミットする、フルコミットする(全力で臨む)など自信の表れ、アピールするような。

いちいちカタカナを使うなと言いたいものです。

どうにも好きになれません。

非常に些細なことですか、何故にこうもイラつくのでしょうか。

 

ライティング

f:id:heitaku:20220602133436j:image

意味...制作。文章を書くこと。

ライターとして当たり前のことであり、書くことです。

書くことをカタカナにするだけで、イラつくのか改めて謎です。

やはり意識高く、いかにも取り組んでますよ感があり、自身のような人間が使うには合わないです。

ブロガーの方も使用している方は多いでしょうか。

ちなみにライ『デ』ィングは、人が波に乗ってることを言います。

 

その他

アテンド、アジェンダ、ニーズ、リソース、ブレスト、フィードバック、トークスクリプト、シェア、レビュー...。

など、まだまだ無限と出てきます。

アテンド...付き添う。世話する。

アジェンダ...議題。課題。計画。

ニーズ...要求。求めているもの。

リソース...資源。資産。

ブレスト...集団思考。会議。(ブレインストーミングの略)

フィードバック...帰還。指摘。

トークスクリプト...台本。

シェア...共有。分配。占有。

レビュー...評論。批評。

 

聞き馴染みもあり何も難しくはありませんが、どうしてここまで鼻につくのか。

 

まとめ

f:id:heitaku:20220602125114j:image

会社に属する、仕事を行う、人と関わるうえでは必須なのか分かりませんが、飛び交う言葉です。

これらをやたら使いたがる人種や背伸びするエセ人種、カッコつけたがる人種がいるのは簡単に分かります。

しかしながら普通の感覚で使用している人間のが多いでしょうか。

働くうえでの基礎的なことで、そういう環境下、ビジネスするうえで恥ずかしくないように覚えた方もいるでしょう。

自身には単にそんな環境下が合わないのでしょう。

使用している人を皆、無理とは思いませんが、何かしら嫌悪感を抱く対象となるのは間違いないのかもしれません。

黒マスクやレギンス、タバコを吸っている人間を視界にいれたくないのと一緒です。

慣れ、受け入れ、我慢するのが簡単な話ですが自身のような人間にはそれができないのでしょうか。

もしくは向かないのでしょうか。

 

ブログの滞りについてまとめる

2カ月以上ブログを書いていない現状ですが、転職を機にブログが書けなくなったかと思われます。

しかしながらその転職も失敗に終わり、どうしようかなと思うこの頃です。

6月という新たな月に入ったので、何とか1記事(今書いているこれ)は書き記したいところです。

文字数、質としては終わってそうですが。

 

そして今後も書いていきたいですが書き方を忘れたり、冴えなかったりという状況です。

相変わらず好き勝手にまとめて書いていきたい思いはあるので、どうにか頻度を高めていきたいものです。

山積みの下書きはあるものの、手の付け方が分かりません。

ネタ不足ということもありませんが、気力というものが前とは比べ物にならないほどありません。

過去記事を読み返して、我ながらよくこんなに書けたなとも思いました。

非常に痛い記事ばかりですが。

自身の中で書き方のルールは特にもうけてはいませんが、

・記事のタイトルに『まとめ』を入れる

・目次をつくる

くらいのルールはあるでしょうか。

ただ今回の記事は久しく目次をつけませんが。

ご了承くださいませ。

 

しかしながら改めて思うと、好きで書くことは仕事には繋げられない、それとは別ということを痛感したかもしれません。

そんな単純な理由だけではありませんが、どうにも書くことは、はてなブログ内での趣味で収める感じなのがベストなのでしょうか。

ライターと呼ばれるものをろくに経験していませんが、どうにも自身には無理でした。

(転職先は一応求人ライターと呼ばれるもの)

書くこと以前に

PCの扱い

ルール

報連相

ビジネスマナー

コミュニケーション

スケジュール管理

業務フロー

仕事の流れ

意味

など全てにおいて、ゴミでした。

 

共通して原因は自身の『理解力』のなさでしょうか。

分からないことが分からないままにどんどん日々が過ぎる感じでした。

何を聞いていいのか分からない、整理できない、言葉にできないみたいな。

自身はプライドや恥など何もないと思っていましたが、聞けなかったこと、自分を出せなかったということは、プライドの高さの表れかとも思いました。

息苦しさが満載でした。

どうにも向かなかったという結論にしますが。

向かない、使えない、力を発揮できない、できることが何もないという状況では、短い期間でもすぐに判決が下されます。

あまりにも早すぎましたが仕方ないことです。

 

ブログを開くことや下書きをいじることも、ほぼ皆無な状態が続きました。

文字を見たくないということはありませんでしたが、どうにも気分が乗りませんでした。

書くネタも何かしらありそうでしたが、全く気力が湧かず。

今は今でも色々と困っていますが、とりあえず6月最初はこんな記事とも思えない記事を書き記します。

 

再度燃えるように勢いが戻り、また書いていければと思います。

やたら食べ物の写真を載せましたが、食欲も失せていたわりに食べていました。

性欲もない時期が続き、睡眠欲だけはありました。

欲求の塊がまた戻ることを祈りつつ毎日生きていきます。

 

 

ひとりぼっちの女性が好きで惹かれるので思うことをまとめる

f:id:heitaku:20220329033014j:image

女性についての記事を書くのがマイブームなので今回も似たような記事です。

とはいえ女心も分からず知りません。

毎度現実味がないかと思います。

そしてそこまで女性についての記事も書いていない気もしますが。

前回のいい匂いの女性が好きな記事はこちら。

いい匂い+ひとりぼっちの女性はいるのかは不明です。

目次

ひとりぼっちに含まれる惹かれる要素

f:id:heitaku:20220329023153j:image

ひとりぼっち=○○

○○に何をイメージする、考えるかは人それぞれですが、どうにもマイナス要素が強いでしょうか。

自身にとっては、ひとりぼっちの人にマイナス要素はありません。

ただビジネスぼっちやぼっちアピールは痛く愚かなことですが。

こういったアピールをする人は無理です。

どうにもSNSが絡み、そこで報告するような奴は受け付けません。

(ブログがSNSなのかは不明)

YouTuberの投稿動画にあるようなひとりぼっちの日常は何か違う気がします。

あれは偽者とエセぼっちが盛り沢山です。

だから見たくありません。

ひとりぼっちの定義は人によって様々でしょうが。

なんであれひとりぼっちで、それに含まれる自身の好きな要素をまとめます。

f:id:heitaku:20220329023209j:image

簡単に思い付いた惹かれるあまり良い言葉ではない要素...

幸薄い、影がある、ネガティブ、根暗、内向的、孤独、コミュ症など。

 

友達がいない(内向的)

f:id:heitaku:20220329023217j:image

最高の要素です。

この要素に問題があると捉えるかは自由です。

孤独を愛する、一匹狼的なタイプも稀にいるでしょうか。

人付き合いを避ける、逃げる、苦手、迷惑、自信のなさといった部分がドンピシャです。

人間生きていれば膨大な数の人間と出会いますが、それでも友達、友人といった存在に恵まれないことはあります。

本人の人間性もあるのでしょうが。

環境がいいわけでもいいです。

f:id:heitaku:20220329032801j:image

単に友達がいないというのは自身もそうであり、何かしらそれについて共通、共感できそうです。

友達がいないことなどは本人が一番分かっていることです。

本当に友達が欲しくないとは思っておらず、心の片隅ではほんの少し期待している部分はあると思います。

というかあります。

どうにもその気持ちとは裏腹な行動や気持ちが付いてきません。

踏み込み方や交流する機会を避けたり、前向きにはなりません。

問題有りな自分を友達がいない子は多少なりとも理解してくれそうで、話しも弾みそうな気もします。

f:id:heitaku:20220329023325j:image

友達も恋人もいる(恵まれ者)

友達はいるけど恋人はいない(一番多そう)

友達はいないけど恋人はいる(意外といるらしい)

友達も恋人もいない(自身)

どれに属そうと非常にどうでもいいことですが、どれかに属することでしょう。

家族(親)がいるだけ幸せですが、必ず終わりが来ます。

暗いですが振り返ってみましょう。

f:id:heitaku:20220329032820j:image

ちなみに友達がいないから簡単に攻略できる!落とせる!恋人になったら自分に依存してくれる!といった理由などは微塵もありません。

その土俵に立ててない状態、知識不足、ルックス、地位、立場なので。

どうあれどんな人間性であれ人を選ぶ、選ばれる権利はあります。

 

根暗な子(ネガティブ)

f:id:heitaku:20220329023735j:image

友達のいない理由に直結します。

根暗な雰囲気にはどことなく引き込まれます。

だからといってそういった子に積極的に話しかけるなどはできないでしょうけど。

(どんなタイプであれ自分からは攻めづらい)

本当の顔は美しく、話せば面白い、明るい、笑ってくれるなどといった秘めたモノを持っていると幻想していますが果たしてどうなのか。

アニメや漫画の見すぎでしょうか。

一緒に関わるとこちらまで暗くなるといったデメリットがあるのか分かりませんが、染まることも有りだと思います。

根暗要素から少しでも変化があるだけでも面白く、喜ばしいことです。

f:id:heitaku:20220329023744j:image

どうあれ自身と関わることで違った一面や自分にだけ見せる表情をこちらは味わいたいのです。

恋人と付き合うとはそういったことなのでしょうか。

ちなみにメンヘラという部類もありそうですが、メンヘラの世界を詳しく知らないので書けないです。

自己肯定感が低いという言葉もありますが、こちらもあまり好まない言葉なので触れません。

 

コミュ症な子(無口)

f:id:heitaku:20220329024408j:image

友達がいない、根暗に直結するかと言えば一概にもそうでない気がします。

どこまで喋れないのかがコミュ症の曖昧なところです。

自身の中でコミュ症は喋りたい欲や頑張ろうとする気持ちは持っていながら、それができないと人というイメージです。

喋り方が分からない、声の出し方、タイミングが分からない、何話していいか分からない、会話を続かせる技術がないなどあるにしても、そこまでたちは悪くない気がします。

f:id:heitaku:20220329024416j:image

しかしながら会話という意志疎通ができないのは大問題です。

他の人とはろくにできなくても、自分とだけでもやり取りできれば十分です。

結局は自分にさえ心を開くなり、感情を出してもらえば良いです。

(それが贅沢)

こちらが一生懸命伝えてもポカーンとしていたり、反応がないのはいただけません。

言葉を考えている素振りや何か伝えようとしている姿勢があるだけで良いと思います。

しかしながらガチのコミュ症(本当に喋れない)を改めて考えれば、この要素は惹かれないことになりそうです。

 

同じ匂いがする子(影がある)

f:id:heitaku:20220329024546j:image

この匂いは、いい匂いの件とは意味が違います。

(普通に分かるか)

単純に自身と同類だなと思う匂いを感じることです。

話が合う、意気投合、同い年、出身地共通、同業職種、趣味共通何でもです。

同じ匂いと表現するのはおかしいかもしれませんが、単純に共通点があればいいだけの話です。

自身の場合、人と距離を詰めるきっかけは、まずここしかない気がします。

我ながらずれた感覚を持っているので、メジャーな話題や定番の会話は嫌います。

自身のように変わったおかしい部分や好まれない部分、ひねくれた部分に寛容な所が欲しいです。

f:id:heitaku:20220329025420j:image

自身もコミュニケーションは下手くそなので相手の匂いに合わせて自分も匂いを出す(意味通じてください)ことは苦手です。

というかやり取りが下手くそです。

良い出会いは最初からお互い見えない糸や空気感で直結され触れ合うものだと思っています。

(男女関係なしに)

『同じ匂い』という意味合いでうまく説明できませんが、この言葉を使いたかっただけでした。

惹かれ合う引力、引き付け合うコンタクトがあるのです。

 

聞き上手(反応がある)

f:id:heitaku:20220329025510j:image

ひとりぼっちは交流関係が少ない為、基本聞き手にまわることが多いと思います。

(というか話してくれる人もいないだろうが)

単に人の話だけでなく、本やニュース、ネットの情報などへの耳の傾け方も真面目で聞き上手です。

その部分も『聞き上手』という括りになります。

果たして理解力が本当にあるのかは謎ですが。

f:id:heitaku:20220329025519j:image

ひとりぼっちは自身の話なんか誰も聞かない、聞いてくれる人もいない、興味ない、つまらないだろうという不安要素を持っていると思います。

まず話せる機会が少ないのです。

そんな聞き上手な子の話の方が惹かれて面白いものだと思います。

そういった子の方がぶっ飛んだ要素や意外とハードな話題やネタを持っていることもあるので、それが魅力的です。

それを披露する場がないので自身に話してもらいたいものです。

話すのが苦手で支離滅裂なやり取りにもなりそうですが、こちらは勿論優しく受け入れます。

聞き上手は実は話上手(話が面白い)説があると思います。

妄想癖などもありそうで自身とも気が合いそうです。

頭の中を覗いてみたいものです。

 

結局は『地味な子』

f:id:heitaku:20220329030843j:image

ひとりぼっちに地味という要素は勿体ないというか、イコールになるか分かりません。

ただ結論を言っちゃうと『地味な子』が自身の中での理想のゴール地点です。

「好きなタイプは?」

と聞かれたら

「地味な子」

と反射的に言ってしまいます。

(「いい匂いの子」は言ったら変な空気になるのか)

これは昔からです。

女性の理想像がこうなっているのです。

幾多のギャルゲー(PS1に限る)をプレイした中でも、このタイプに一目惚れしてきたからでしょうか。

どうにも本が好きや物静か、眼鏡要素が含まれるのは邪道ですが。

f:id:heitaku:20220329031035j:image

地味という、どんな空間の中でも自己を保ち中途半端(悪い意味でない)なポジションは素晴らしいものです。

地味な子がモテるや地味な子の方が続くなどの意見はネットを漁ると出てきます。

どこまでの高い人気度か分かりませんが、求められてそうです。

クラスでも目立たない存在やカーストがやや下に属していたりなど。

地味ながら可愛いというのはあるあるです。

f:id:heitaku:20220329032012j:image

地味な子がお洒落をした時の輝き具合

(どうあれ大半の女性は何を着ても輝く)

が半端ないのは当たり前です。

地味なままで

地味な色合い

地味な金額

地味なブランド

地味な佇まい

地味な日常

など地味なありのままの格好で居てくれるのが理想的です。

f:id:heitaku:20220329032003j:image

地味な子の意外な一面

(ギャップという言葉は嫌いだがそういうこと)

に破壊力があるのは当たり前です。

天使の笑顔

真っ直ぐな眼差し

譲れない拘り

よく喋る

沢山食べる

趣味が男モノ

などの輝きを放つ一面があるのは最高です。

f:id:heitaku:20220329031954j:image

地味なのにヤることはヤっている

(萎えるが至極真っ当な悲しい現実)

のが生きていれば当たり前のことです。

男性経験

恋愛経験

交際経験

交遊関係

など何だかんだ経験して年を重ねていくでしょうが、少ない(むしろ0)方が理想的です。

f:id:heitaku:20220329031355j:image

清楚や処女を追い求め、自身が造り上げた架空の思考が拗らせたのか分かりませんが、地味とは何とも魅力的なものです。

改めてこれらが地味なのか分かりませんが。

自身のお花畑アングルの色眼鏡で現実での地味子を探し出したいと思います。

 

ちなみに自身のガチの初恋となる子は最強に地味で、いい匂いであの当時惹かれに惹かれまくっていました。

しかし何だかんだ彼氏がいたり(初恋時は別れていたらしい)ヤることはヤっていたご様子で萎えに萎えまくっていました。

そこを想像するのも大変良いものですが、気持ち悪いことしか語れないので終わります。

 

まとめ

f:id:heitaku:20220329025943j:image

同じ(似た)境遇や立場で、どこかこじらせている感じが自身は好きなのだと思います。

同族嫌悪の思考には多分ならないと思います。

というか同族嫌悪は異性の際には生まれない気がします。

自分にないものを持っている点に惹かれるのも勿論ありますが、どこかしこで闇の部分があるのは魅力的過ぎます。

そこを素直にさらけ出してくれれば受け入れやすいです。

こちらとしてもさらけ出すことしかできません。

嘘偽り、背伸びしたり、隠すことなど相手に失礼です。

伝える事例によって引くか無理な場合もあるでしょうが、そんな一面を隠すことなく微塵もない人よりは正々堂々していて良いです。

例えそれがひとりぼっちである要素だとしても。

 

内面的な面でのまとめのみでしたが外見に触れれば、黒髪や控え目な化粧、質素な服装(失礼か)、アクセサリーを何も着けていないなどもあります。

胸、尻、太ももなどの3大身体要素もあります。

(ここは触れないが)

好みの面での趣味やマニアック、インドア、アウトドアなどの要素も。

どうあれこんなことを書いておきながら、そういった人をどうやって見つけるのかは不明です。

いい匂い、ひとりぼっち、その次に何の要素をまとめるか謎ですが、次も書きたいものです。

女性を好きになる要素はまだまだ沢山ありそうなので、その魅力をまとめたいです。

理想が高いかは分かりません。

こじらせているのかも分かりません。

存在しないのかも分かりません。

探す努力はしていないのでこの様ですが、長い旅路かと思います。

 

まとめ2

f:id:heitaku:20220329030315j:image

改めて自身が好む、求む女性のワード10個を簡単にまとめて締めます。

(次にまとめるかもしれない記事へのヒント)

 

①いい匂い(前回記事でも触れた最重要要素)

②地味(言葉の響き、飾らない魅力が満載)

③控え目(僕にだけ感情を出してくれるやつ)

④黒髪(ありのままで何もいじる必要なし)

⑤身長小さめ(拘りはないが何かその傾向)

⑥食べることが好き(食に夢中なのは芸術)

⑦天使の笑顔(僕にだけ見せてくれるやつ)

⑧友達がいない(深く狭く交流は薄くてOK)

⑨可愛い(大概女性は可愛く、そういうもの)

⑩美人(大概女性は美人かつ、マスク効果有)

 

 

 

 

いい匂いの女性が好きで惹かれるので思うことをまとめる

f:id:heitaku:20220320030804j:image

いい匂いに惹かれるのは自然なことです。

『いい匂い』と一括りにしてもその匂いの元を詳しくこの記事で語ることはできませんが。

匂いの感じ方は人それぞれなので好みがあり、無理な匂いは無理の場合もあります。

女性のいい匂いに対する思いを簡単に好きにまとめますが現実的なことを書けているか謎です。

どうにも空想妄想的な脳内お花畑ファンタジー思考にはなっているかもしれません。

女性をそういう目で見ているということでしょうか。

一歩間違えれば犯罪予備軍に。

女性のいい匂いにはそれ位のドラッグ的要素があるのです。

導かれるほどの魅力が。

 

目次

いい匂いは一目惚れと同じ

f:id:heitaku:20220320025638j:image

いい匂いは出会いや恋において自身の中で最重要要素となります。

まともな出会いや恋をしたことなく、ろくなことしかないながら言い切っています。

匂いを重要視したきっかけは多分初恋の子の影響かと思います。

身体的なところまで反応するようになったので、その破壊力は計り知れません。

もう忘れないくらいに。

f:id:heitaku:20220320044137j:image

まずマスクをしている状態でも女性からはいい匂いが漂い、伝わるという特別な能力があります。

いい匂いを醸し出すフェロモンとやらでしょうか。

女性は最低限のお手入れは勿論のこと、身だしなみに必要以上に気を遣うでしょう。

どうにも女子高生のような若さが有り余っている対象だけに限らず、女性であればその匂いの魅力は誰にでもあると思います。

(年増が好きというわけではない)

自身が魅力的と感じる女性に対する要素の半分以上は『いい匂い』になります。

顔やスタイルといった視覚から入るものが一番最初かと思いますが、そこに繋がるのが『いい匂い』です。

どうにも対面すれば何かしら感じるものはあります。

自身の嗅覚が良いのかは分かりませんが、多少なりとも自信はあります。

(何を使用しているかなど当てることはできないが)

 

女性からのいい匂いの元となる物

f:id:heitaku:20220320051153j:image

女性からいい匂いを醸し出す物と言えば

シャンプー

ボディーソープ

ハンドクリーム

香水

柔軟剤

芳香剤

などになるでしょうか。

化粧水やファンデーションはろくに知識がありません。

口紅やリップクリームはマスクのせいで分かりません。

(まず匂うのか?)

非常に簡単に1つずつ思うことを書いていきます。

 

シャンプー

f:id:heitaku:20220320051542j:image

女の命である髪は長い時間をかけて手入れをするでしょう。

髪をフワッとなびかせる、かきあげる仕草から漂う匂いにKOされます。

(結果、その仕草にときめく)

 

ボディーソープ

f:id:heitaku:20220320045123j:image

身体の隅々をしっかり入念に洗いあげ、露出している部分は美しさそのものです。

衣類と肌に交わり合う絶品で魅力的な匂いにKOされます。

(結果、入浴シーンの妄想にときめく)

 

ハンドクリーム

f:id:heitaku:20220320045317j:image

手という体で一番露出し、使用している部分はデリケートです。

アルコール消毒なども相まって人一倍気を遣いながらも、小さく真っ白い手にKOされます。

(結果、綺麗な手にときめく)

 

香水

f:id:heitaku:20220320045529j:image

高く少量だけでも破壊力があり、迷惑となる物です。

不快要素となり、頭が痛くなり具合まで悪くなるのでKOされません。

(結果、香水を使用する女性は無理)

 

柔軟剤

f:id:heitaku:20220320045636j:image

洗濯時は気持ち多目に投入することがあるでしょう。

様々な衣類がいい匂いと生活臭にブレンドされ、混じり合うハーモニーとなりKOされます。

(結果、女性の可愛らしい服にときめく)

 

芳香剤

f:id:heitaku:20220320045754j:image

アロマスティックやフレグランスのようなオシャンティーな物を女性は好むでしょうか。

優しい香りとこんな匂いのする部屋にいるんだと妄想を掻き立てられKOされます。

(結果、女性の部屋を妄想しときめく)

 

消臭剤

f:id:heitaku:20220320045935j:image

多分ファブリーズのような安易な物を使用せず、なんとなく良い物を使用するでしょうか。

出発時や帰宅時にシュッシュッと吹き掛け、一応匂いを嗅ぐ姿にKOされます。

(結果、手入れする感じにときめく)

 

香水は批判の塊

f:id:heitaku:20220320050215j:image

申し訳ないですが香水のみ自身の中ではNGになってしまいます。

どうにも香水の頭の痛くなるあの感じと『香水を使用している女』という見方になるので論外なのです。

高飛車や意識高い、美意識高い、デキる女、ブランド女、マウント高いなど悪いイメージがつきまくりです。

香水を利用している女は良い女になったつもりなのか。

微塵も魅力を感じません。

高級なくせして人を不快にさせるとはいただけません。

体臭を気にするのは分かりますが、香水利用者は男に色気を出したり、自分の存在をアピールしたいのかと思います。

そんなもの逆効果になります。

ブランドも様々あり奥が深いのでしょう。

とはいえ香水は香水でも香水らしくない香水の匂いの香水はあるでしょうか。

(やたら香水と連呼)

しかしながらこれまで自身がいい匂いだなと感じた女性の匂いの源が香水だったら、この発言は情けなく謝罪に値します。

匂いの正体を判断できる鼻が必要です。

香水利用者が不快な思いをしましたらすいません。

 

画面の向こうの女性の匂い

f:id:heitaku:20220320050419j:image

画面越しで女性を見ても、この子いい匂いだろうな、こんな匂いするだろうなと勝手に作り上げる位末期な自分の思考があります。

勿論興味のある女性は限られますが。

過去記事のような女性達でしょうか。

分かりやすいのが女性声優の画像、写真を見ただけでいい匂いを感じられるという思考です。

(アニメキャラにはあまり思わないが)

絶対いい匂いがするのが分かるのです。

どうせ会うことも触れることもできないので好き勝手にイメージできます。

女性声優においては昔から使用シャンプーや化粧品の公開は結構されています。

服なども勿論考察されています。

同じ物を使用することによって自身も同じ匂いになる!、好きな声優と一緒になる!という擬似体験ができます。

これがどこまで本気なのか分かりませんが、ガチ恋勢が容易にいる声優業界においては何も珍しくありません。

そこまでの熱が自身にあるかと言えばそれはないです。

ただ身近に近い商品が売っていれば手に取りたいものです。

(どうせ高いだろうが)

 

『汗は女の香水』

f:id:heitaku:20220320023559j:image

高坂海美(CV:上田麗奈)が歌う「スポーツ!スポーツ!スポーツ!」の歌詞の一部分です。

自身は香水が嫌いと言っておきながら、この歌詞には惹かれまくりました。

単に分かりやすく香水という表現にしたものだと思いますが。

汗のちょっとアレなイメージがあっても、この歌詞を聴けば潤いをもたらしてくれます。

というかスポーツ時の汗や頑張りで出る汗には魅力が沢山含まれているでしょう。

一生懸命で必死な気持ちで発生する汗には計り知れない価値があります。

何より女の子から出るわけで。

(いやらしい意味はない)

女性の元から兼ね備えている魅力溢れる良い匂い+努力の匂いが醸し出すハーモニーには虜になります。

f:id:heitaku:20220320023654j:image

ちなみに自身は初代アイマス位しか大して知らないので、こちらはそこまで詳しくありません。

声優の上田麗奈が好きだったので、この曲に辿り着いたようなものです。

本来この曲を聴いて筋トレなどに励みたいわけですが、そこまでいけません。

彼女に応援されているつもりで入浴時や就寝時に聴いたりしますが、相性的にはあまりよくないでしょうか。

頑張れる応援歌になるので凹んだ時や何か始める時に聴くのがベストでしょうか。

アイドルも人間なわけで歌やダンスを披露すれば汗でびしょびしょになります。

そこを卑猥に想像するまでには至らないですが、何か考えてしまいます。

結論、うえしゃまは可愛い。いい匂い。

 

いい匂いの女性は現実において

f:id:heitaku:20220320025727j:image

現実の女性において、いい匂いだけど見た目がイマイチな女の子...というのは見たことない気がします。

総じていい匂いの子は美人&可愛いのです。

というかいい匂いの子は全員自分の好みになってしまう補正がかかる魔力があるのです。

いい匂い+イマイチなルックスの子はどうにもいないのでしょうか。

無臭な人もなかなか貴重な気がします。

『イマイチ』という表現が失礼で何様かと思いますが、現在のマスク世の中、そうそうイマイチなルックスの子はいなかったりしますが。

いい匂いになれば通りかかった時やすれ違い時の興奮、その子がいる!といった証になります。

狭い部屋ならば一気にその人が作ってくれたような空間になります。

これは大変でたまらないことです。

f:id:heitaku:20220320030500j:image

変態的な自身の捉え方でいい匂いのおかげで美人に見える、可愛いくなるという魔法がかかるということは絶対的です。

どうにもいい匂いを感じるためには近付く、すれ違う、喋るなどして接近しないと分かりませんが。

それでも遠目から何となく感じるということもあったりします。

自ら積極的にその子の元へアクションすることは下手くそですが、匂いを嗅ぎには行けます。

しかしながら改めてこれは書いていて気持ち悪さ満載です。

ですがそれくらいの魅力があるということです。

いい匂いに誇りをもって!と伝えたいものです。

(実際自分の匂いは分からないだろうが)

f:id:heitaku:20220320025937j:image

ちなみに女性に対して

「いい匂いだね」

「めっちゃ好きな匂い」

などと言うことは危険行為なのでしょうか。

「柔軟剤何使ってる?」

はセーフなのか。

シャンプーや化粧品を求める質問になったらアウトなのでしょうか。

「いい匂いだね」

は素直な気持ちを伝えているので、これは僕にとって好きや告白みたいなものになります。

単純にいい匂いじゃない人には絶対言わない言葉なので。

これを言われた女性が照れたり、赤面したら恋の始まりです。

恋愛のテクニックとして匂いを褒めたり、触れたりすることはあるようです。

ですが自分のような人間の発言はキモがられたり、社交辞令の笑い、苦笑いになりそうで危険人物に任命されそうです。

まして出会った序盤に言いそうなくらいです。

こんな記事を書いているくらいなので。

とはいえ気になる子には本音なので伝えてみたいものです。

匂いは一目惚れということです。

 

まとめ

f:id:heitaku:20220320050800j:image

改めて自身の場合、第一に匂いから入る性癖なのかもしれません。

マッチングアプリWithの好みカードの『良い匂いに惹かれる』というのを思いだしました。

(このカードを選択していました)

出会わない限り匂いなど分かりませんが、自身の場合出会うところまでも至らない様でした。

過去記事。

実際女性の現実を知れば色々ショックを受けたり、いかに幻想的だったのか分かる気がします。

これは匂いに限った話ではないと思いますが。

どうにもそんな存在が現れることも、できることにも縁がない日々でしょうか。

仮に女性にこんな記事や過去の記事を読まれれば、良い気持ちにはならないでしょう。

f:id:heitaku:20220320050732j:image

つまらない日常にてクンカクンカスーハースーハーしたい欲情を抑えつつ生きていかなければなりません。

本人の良い匂いが染み付いた衣類や布団、スーツには無限の可能性があります。

どうあれ世にいる恋人のいる人間は皆変態的思考を心の中に秘めていますが、自身の場合はそれがブログなだけです。

他の連中は隠したがってるくせして、やることはやっているという実態に自身は憤りを感じます。

 

 

 

 

大学生を嫌いな理由をまとめる

f:id:heitaku:20220310101358j:plain

大学生を嫌いな人間は沢山いると思います。

そんな自分がまさにそうですが、そこまで大学生と接点のある関わりを沢山したことはないと思います。

詳しい大学生事情や単位などについてはろくに知りません。

とはいえこれまで就職した職場には必ず大学生がいたり、街を歩けばそれっぽい連中はいます。

一概に若い連中、軍団を『大学生』と一括りにしてはいけないと思いますが、どうにもそいつらは皆『大学生』という認識です。

高校生、専門学生も含まれているでしょうが悪しからず。

学生全員が嫌いということにもなりそうですが、もうどっちでもいいです。

 

簡単にまとめますが仮に現役大学生がこの記事を読んだところで痛くも痒くもないでしょう。

むしろ学歴コンプや雑魚が吠えているという感じで受けとるでしょう。

ただこう記事として残している寂しい人間がいるということです。

(負け惜しみ)

大学生に限らずガキ、主婦、パート、老害などといった対象が生まれてきそうですが、記事として書くのはあまりよろしくないので大学生だけに抑えておきます。

大学生も良くないと思いますが。

 

ちなみに自身は大学を出ていません。

 

目次

 

とりあえず集団、群れる

f:id:heitaku:20220303161124j:image

単純にこれです。

群れをなしているあの感じとワイワイガヤガヤとしている塊に不快感があります。

ワイワイガヤガヤなど酒飲みのオッサンや子供においても沢山例はあります。

勿論そいつらも嫌とはいえ、どうにも大学生のあの感じは無理なのです。

金魚の糞という言葉はまた少し違うと思いますが、皆お互いの距離が近く、似たような格好、歩き方、様々な点に苛立ちがあります。

集団行動が周りに迷惑というのは簡単なことで、時間がかかる、無駄なやり取りをしている、行動が鈍い、うるさいなどあります。

酒を買いにゾロゾロしているあの感じが一番ムカつきます。

堂々としたり、もっとうまい買い方があるだろと思います。

代表者の後ろで固まっている光景の不快感といったら。

どや顔で免許証や学生証を見せる感じ、すかしたような態度で済ますあのカッコつけ感は愚かなものです。

 

広がりながら道を歩く

f:id:heitaku:20220228232450j:image

自転車に乗る自分にとって、こいつらの広がり方は厄介そのものです。

道の真ん中をGメン'75のように大きく横に広がり道を塞ぐかのごとく。

その際、後ろから頭をぶっ叩きたくなったり、そのままチャリで突っ込みたい衝動になるのはマズイことでしょう。

(パチ屋でイキッてる奴の頭を後ろからドル箱でぶっ叩きたいみたいな)

自転車のベルをチリンチリンと連打して鳴らしたいところですが、明らかこちらが変な目で見られたり、相手も集団の為、こちらが不利になりそうです。

別に喧嘩を売るつもりはありません。

退くには退くと思いますが必ず悪口を言われるかと思います。

奴らが広がる理由としては皆で会話したいからとか、後ろになりたくないからでしょうか。

よくある集団の奇数の構図として5人の場合

○○

○○

↑のような1人余るみたいな。

省かれたくないのでしょう。

とりあえず広がるなと。

固まるのは仕方ないとして。

 

声がでかい

 f:id:heitaku:20220310101501p:plain

集団となればこれになります。

とはいえ男よりかは女の甲高い声の場合もあります。

よく聞くのが

「ウェーイ」

というやつでしょうか。

実際目の当たりにしたことはない気がしますが。

群れになれば強くなる、大きくなった気になるのは全然理解できます。

テンションも上がり、普段とは違う自分が出るでしょう。

というか普段から態度がデカイ人なら別にいいです。

どうにもデカイ声を出していること、騒いでいることのアピールをしている感がいただけません。

そのデカイ声で話している内容や離れているこちらにまで聞こえるのがイラつきます。

 

大学生ファッション

 f:id:heitaku:20220310101742j:plain

ファッションに疎い自分にとってファッション名や格好をうまく伝えることはできませんが、THE大学生ファッションってやつです。

スキニーのようなピッチリしたズボン位は分かりますが、民族衣装のようなスカート、柄、ダボダボの服、レギンス、帽子、ロングコート、ピアス、髪を染めているなどです。

他者の服装にケチをつけたり、文句を言うつもりはありませんが、いかにもな大学生の服装にイラつくわけです。

別にブランドだの個性だの自由なわけです。

背伸びしている感や服に着られている、身の丈にあってないだろとなるのです。

だらしなく見える、どう見られたいのかと色々思います。

高い財布を持っているくせして中身が虚しいなど。

(特に高校生か)

意識高く名刺を所持している大学生など。

これは少し別の観点かと思いますが、色々思うのです。

 

タバコの吸い方

 f:id:heitaku:20220310101526j:plain

タバコを吸わない自分においても、他人の吸い方のダサさやタバコデビュー感、カッコつけ感は分かります。

いきり、カッコつけている感のあの持ち方、咥え方、そのくせ1人では吸えないという愚かさです。

そしてポイ捨てするでしょう。

というか大学生に限らずタバコのイメージは悪い印象しかありません。

そしてIQOSなどの電子タバコはおしゃぶりのように咥えて気持ち悪いです。

あのバカ面でポカーンとしている様子は見るに耐えません。

大学生のタバコ率は年々減少というかタバコに対するカッコよさはなくなってきたとはいますが、カッコよさを追求している人間は一定数いるでしょう。

どうあれ不快なわけです。

(大学生に限らない)

 

黒マスク

 f:id:heitaku:20220310101552p:plain

黒マスクの人種が大嫌いな自分にとって、これも大学生関係ありません。

しかし若者の黒マスク率は高いと思います。

韓国の影響や小顔効果、ファッション、汚れが目立たない、黒はカッコいい、YouTuberの真似という様々な理由はあるでしょう。

しかし本当近寄りがたいので勘弁です。

怖さがあるというよりかは生理的に受け付けない、理解不能の領域までいきます。

何かしらマスクでアピールしたいのでしょうか。

意味があって黒にしている、周りに合わせる、差別化したいのか。

コロナ全盛期のマスク品薄時なら黒でも仕方ないにしても、今は容易にあります。

黒にする思考が分かりません。

そんなことを言う自身のことが無理、理解不能という意見があるでしょうが、受け付けます。

 

ワンチャン、それな

f:id:heitaku:20220302003213j:image

『ワンチャン』自体、パチンコやスロットでのやり取りの言葉かと思いましたが、大学生御用達みたいです。

ことあれば「ワンチャン、ワンチャン」の連呼です。

犬は全く関係ありません。

パチ屋において昔を思い出すと

「ワンチャンある(当たる)」

「絆(バジ)ワンチャン座れる」

などが想像しやすいです。

とはいえ日常生活や友達同士で使いやすく汎用性があるから容易に口から出る言葉なのでしょうか。

大学生を除く世代での使用率が気になります。

『それな』は、すかさず言ってくる感じと共感をカッコよく受け入れてくる感じが不快です。

仲良くなったつもりなのか。

これらを使用する方とは関われません。

(まず関わらない)

他にも「からの~」などが定番でしょうか。

もしかしたら古いかもしれません。

「とりま」

「あーね」

というのも調べると出てきましたが、これらは分かりません。

 

バックレ、休み

 f:id:heitaku:20220310101632j:plain

バイトにおいて定番のことです。

学校の予定、風邪、訃報などは単に仕方ありませんが、その頻度や当たり前のように休む感覚、神経はいただけません。

平気で嘘をつく感覚や結局はバックレて逃げるというのがズルく、情けないやり方だと思います。

逃げるのは良いにしても卑怯、ズルとなるのは愚かです。

とんずらという言葉なら、なんか可愛げがあります。

バックレは響きとしてカッコよさがあるでしょう。

事実を言ったうえで休むのなら、こちらも気持ち良いものです。

演技での具合の悪さや無断欠勤、ギリギリでの連絡など下手くそです。

そういう演技の技術を培うのが学生時代なのに、もっと上手なやり方ができないのかと。

愚かなものです。

そしてSNSなどに平気でその日の日常をあげるという理解不能な有り様です。

どこまでも厚かましいのです。

 

ラーメン二郎へ来ている大学生

 f:id:heitaku:20220310101723j:plain

個人的一番のわがまま意見です。

二郎を生きがいにしている自分にとって、ここでの大学生の存在を確認するだけで、気分が変わります。

上記に書いたような連中が沢山いて嫌なのです。

並び時のボリュームのある会話は鬱陶しく、通りに固まるのも邪魔です。

おとなしくしてれば何も問題ありません。

普通に並んで、軽く会話して、美味しく食べて、サッと店を出ていけば。

常識、マナーがないと言っているわけではありません。

しかしながら改めて自分のわがままな理由です。

 

まとめ

 f:id:heitaku:20220310101701j:plain

虚しい記事となりましたが、昔から思っていたことなので今回記事にする意味があるかは分かりません。

何となく共感というか、あるあるなのでしょうか。

どうにも今後大学生と関わる機会があるか分かりませんが、外に出る限りは視界に入ります。

これからの季節沢山の大学デビュー、環境変化でイキイキとする連中が増えてくるでしょう。

そんな奴らと多少関わることもあると思いますが、自分も寛容になりたいものです。

 

 

 

 

女子力を意識した男の小物入れ(ポーチ)の中身をまとめる

f:id:heitaku:20220306151057j:plain

今後常備して持ち歩き、便利、様になる、役立つと思われる物をまとめました。

どれもベタというか、女子力(笑)、意識高い(笑)系が持つ物になるのでしょうか。

女子力と意識高いという括りはどうにも気持ち悪い言葉ですが、この言葉が便利なので使います。

何も珍しい物はチョイスしていたつもりはありません。

 

ちなみに画像のポーチなる物は学生時代からDSLiteを入れていたお気に入りのルカリオのポーチになります。

まず今回の記事を書くにあたってポーチなる物が部屋にないと思い探していたところ、素晴らしい使い道ができました。

ルカリオが若者や女受けがいいのか分かりませんか。

僕自身、そこまでルカリオが好きかと言われたら何とも言えないポケモンですが。

 

目次

 

中身の紹介

f:id:heitaku:20220307010526p:plain

とりあえずポーチに入る分のちょうど良いものを色々チョイスしてみました。

あれば女子力アップするという物はネットで検索すれば容易には出てきますが、全部が全部所持しているわけではありません。

というか男女で必要な物も若干違います。

異性の為に準備しておくという魂胆が見え見えなのはどうにもキモいですが、仕方ないでしょうか。

(本来自分の為)

 

絆創膏

f:id:heitaku:20220306151140j:plain

定番中の定番となる便利アイテムで真っ先に思い付きました。

傷を防ぐという意味よりかは飛び散る血や衛生面での利用という印象が強いです。

パソコンのキーボードやテーブル、書類などに血が付着しては一番まずいことだと思います。

まずは塞ぐことです。

あとは靴擦れ時に便利というか活躍するでしょう。

ちなみにサイズも程よく薄いので、この度財布にも入れました。

活躍の機会を祈ります。

財布やポーチの他に名札の裏や定期入れに忍び込ませるも有りだと思います。

ちなみに女性が持ち運んでいて女子力(笑)が高いと思われる物の結構上位が絆創膏のようです。

(常識か分からない)

常備して損はないでしょう。

 

マスク

f:id:heitaku:20220306151247j:plain

コロナ禍で最重要となるアイテムかと思われます。

今は誰でも着用していますが、ストックを持ち運ぶとなると珍しいかもしれません。

長時間着けていたり、何度も外すとなると紐が切れたり、濡れたり、汚れたりと結構悪くなることは多いと思います。

所持していて損があるわけないと思います。

別に高いマスクの必要はなく、自身はシルク(100均)で購入しているマスクを着用しています。

マスクがダメになって困っている人がいたら、ぜひ提供してあげます。

金を取りたいところではありますが、そこは抑えます。

ノーマスクの奴に強要するつもりはありません。


三光丸

f:id:heitaku:20220306151313j:plain

自身の腹痛時の要となる幼少期から愛用している薬です。

頼りになりますが過信は禁物です。

薬系の持ち運びは過去はロキソニンを常備していましたが、今は卒業しています。

頭痛や咳、喉、痰絡みの薬は特に所持していません。

とりあえず腹痛時においての助っ人として三光丸は大切な存在です。

他人へ提供する機会はほぼないかと思います。

(というか三光丸と言われて伝わるのか)

正露丸なども無縁です。

 

ハンカチ

f:id:heitaku:20220306151345j:plain

本来はポケットに入れトイレで活躍する物でしょうか。

というか常に持ち歩かないとダメな物No.1になりそうですが、スーツ姿じゃないと所持しない気がします。

しかもそんな綺麗なハンカチを持っていないです。

世のトイレ事情はコロナでハンドドライヤーが休止や手を拭く紙を置いていないところも多いかと思います。

単純にハンカチは必需品になりますが、なかなか毎日持ち歩くのは面倒だったりする気もします。

洗濯のダルさや洗い忘れが多そうです。

スーツ着用の場合の所持マナーとしては必須かと思います。

ドラマやアニメにおいてハンカチを包帯代わりにしたり、口で切り裂くシーンは今でもときめきます。

現実においてはハンカチを落として拾ってあげて、走って渡し、出会いのきっかけになれば最高です。

(そのハンカチはめちゃくちゃ良い匂いがする)

 

ポケットティッシュ

f:id:heitaku:20220306151413j:plain

あれば便利な物の代表中の代表というか絆創膏に並ぶトップのアイテムだと思います。

ポケットという名称ながらポケットに入れている人は少ない印象です。

何よりポケットに入れたまま洗濯して、大惨事になることはあるあるでしょう。

ポケットティッシュのパッケージは、どうでもいいと思いますが、やはり人様に提供する際は突っ込まれたり、イメージダウン、好感度、女子力の下がるケースは多そうです。

ティッシュ配りの広告系や夜の店、パチンコ広告などといった物はイマイチでしょうが贅沢は言ってられません。

鼻セレブとなれば最強でしょうか。

他人に渡した際の反応でどう感謝されるでしょうか。

 

携帯アルコールスプレー

f:id:heitaku:20220306151447j:plain

所持率はどんなものか分かりませんが、なかなか良い物だとは思っています。

お洒落なデザインや良い匂いの物もあり、男女問わず様になる物だったりもします。

手だけでなく、触れる物やテーブルに振りかけてもいいでしょう。

もしかしたら神経質過ぎる印象を与えるかもしれませんが、今の時代に合った物だと思います。

ちなみに自身は自宅にアルコール消毒液を置いていたりはしていません。

それこそ意識高い人やコロナへの対策が誰よりも警戒している人は設置しているのでしょうか。

 

体温計

f:id:heitaku:20220306151517j:plain

何の為に常備するのかとふと考えますが、単に平熱なのかヤバイ熱なのか確かめたいからです。

それもこれもコロナのせいです。

自身は幼少期から平熱が比較的高く、37度を普通に越えることはあります。

39度を越えた記憶はなく、ヤバかったことはこれまでなかったと思います。

どうにも検温というか自身の体温は日々気になったりはします。

頭が熱く、ダルい日がちょくちょくある現状だったりしますが何故なのか。

(毎度休み明け)

他人に貸す際(そんなことがあるのか)は勿論アルコール消毒して貸すつもりですが、一般的に貸し借りする物なのか否か。

 

歯ブラシ

f:id:heitaku:20220306151559j:plain

ホテルや旅館に置いてある使い捨てタイプのアレです。

流石にコップはサイズもサイズなので今回は候補外です。

(使い捨てや紙コップ、小さい物もあるだろうが)

持ち歩く意味としては急なお泊まり(笑)や何か素晴らしいイベントがあればですが、多分出番はないでしょう。

一応他の用途として掃除や靴の汚れ取りにも活躍することはあるでしょうか。

自身は歯ブラシ購入においてはメルカリの最安値300円で検索して、アメニティの使い捨てタイプを大量購入しています。

使い捨てと言えど1日で処理することはなく、ある程度悪くなったら新しいのに取り替えます。

(当たり前)

 

汗拭きシート

f:id:heitaku:20220306151631j:plain

カタカナでの名称としてはデオドラントシート、ボディシートになるでしょうか。

汗拭きや体の匂いが気になった際に使用し、スッキリします。

マッチョの素肌に女は魅力を感じるらしいですが、自分のようなガリ細は気持ち悪いでしょう。

というかゴシゴシと拭いているところは見られたくないものです。

夏場で使用頻度が上がりそうですが人前での披露はよろしくないでしょうか。

女性が利用している現場に遭遇できれば良いものです。

(キモい)

 

制汗剤

f:id:heitaku:20220306151707j:plain

汗拭きシートと似たような物です。

こちらもカタカナ表記だとデオドラントスプレーなる名称になるでしょうか。

こちらに関しては貸し借りが容易で、コミュニケーションツールにもなりそうです。

(スプレー発射の音や一瞬の出来事なので)

匂いの好みは様々ですが香水ほど強烈ではないので、何も問題ないでしょう。

男がピンク系のタイプの物や女性っぽい匂い、デザインとなると気持ち悪くなるでしょうか。

無臭の無難な奴がベストでしょうか。

マスクをしている世の中と言えど匂いの要素は大事です。

これ1つで印象が変わると思います。

 

ハンドクリーム

f:id:heitaku:20220306151913j:plain

女性へのプレゼントとして何故か一番最初に思い浮かぶ物です。

とはいえそんなプレゼント事情は今回どうでもいいです。

どうにもこちらも匂いや好みが分かれるようで、結構複雑な扱いです。

男でハンドクリームは何か女々しい、ダサいイメージが自分の中にあります。

しかし何となく好感度アップしてくれそうな気がします。

乾燥肌や寒さが過ぎれば出番がなくなるのかと思いますが、持っていて損はなさそうです。

ぎゅっと握ってあげて密着することができるのか否か。

そんな変態思考ばかりです。

 

ジップロック

f:id:heitaku:20220306151951j:plain

明確な用途は思い付かないものの、持っていたらどこかしこで大活躍しそうです。

便利な収納としての利用や靴下やハンカチの汚れで他の物に触れたくない場合は助かるかと思います。

たまたま可愛らしいデザインになりましたが何も狙っていません。

似た系統でビニール袋も優秀で、ゴミ捨てやゲロ吐き用などに使えます。

ただ綺麗なビニール袋を所持していないので今回はジップロックです。

このジップロック所持に関しては正直一番期待しています。

食べ物でも細かい小さな物でも無くさず、安心して収納できます。

 

エチケットブラシ

f:id:heitaku:20220306151829j:plain

毛玉取りやサッと衣類の最終メンテナンスをする時に大事な物です。

新幹線などでの移動の降りる時に使用するとカッコいい印象があります。

男が持っているイメージはあまりないので、意識高く見えたりするのかもしれません。

単にペットを飼っている人にはメジャーかもしれませんが。

自分自身普段履いているズボンの9割がコーデュロイパンツの為、なくてはならない存在です。

正直あまり取れない気もしますが。

 

候補外となった物を簡単に

f:id:heitaku:20220307010933j:plain

まだまだ沢山ありますが、ポーチに入りきらなかったり、自分には無縁、使いこなせない、不要な物などを簡単にまとめます。

むしろこっちの方があってほしい!という意見もあるのでしょうか。

 

ソーイングセット

f:id:heitaku:20220307010703p:plain

裁縫ができない自分にとって不要な物となるので残念ながら候補外です。

(できたら好感度は抜群にアップしそう)

ハサミに関しては非常に便利なので常備したい気持ちはあります。

 

ミンティア

f:id:heitaku:20220307010624j:plain

単にこのタイプの口に含む物を自分は嫌い、板ガムが好きな人間なので残念ながら候補外です。

(しかし板ガムを常備しているわけではない)

ミンティアを渡す時のじゃらじゃら音が何かムカつく自分がいます。

 

綿棒

f:id:heitaku:20220307010639p:plain

1つ1つ包装されているタイプがないので残念ながら候補外です。

(用途としては色々と優秀そう)

アルコールに着けて何か有効に使用できそうです。

 

つまようじ

f:id:heitaku:20220307010605p:plain

ほぼ綿棒と同じ意見ですが綿棒よりは微妙そうなので残念ながら候補外です。

(歯糞を取る際は見えないように)

手を触れずに食べ物にありつけるので用途としては有りかも。

 

手鏡

f:id:heitaku:20220307010802p:plain

ちょうど良いミニサイズを所持していないので残念ながら候補外です。

(いずれ100均で購入予定)

身だしなみの確認として最重要アイテムとなるので必須になりそうです。

 

コンドーム

f:id:heitaku:20220307010723j:plain

みんな大好きゴム、避妊具となるのでこちらだけ長文でまとめます。

男女の交わりにおいて最重要アイテムながら、常備しているキモさ、備えあってもプレイなし、使いこなせない、一人用と言った意見の為に残念ながら候補外です。

(自宅保管)

ゴムの所持はマナー、プレイボーイ、真面目といった様々な感じ方の意見がありますが、その印象は様々です。

自身の人間性とどう捉えられるかは相手次第です。

どこに転んでも認められる寛容な心を持ち、流れのままに行き着き、その瞬間を堪能できる世界はあるのか。

どうあれ自身の口から偉そうに語れることは何もありません。

とりあえずポーチには入れない方向にします。

 

財布への収納もよく聞きますが傷付くという意見があります。

一時期入れていましたが確かに口が開いていたことがあり、ダメージを受けている感はありました。

そしてかさばるので不便な感じがありました。

金運上昇という迷信においては全くを持って感じたことはありませんでした。

何も寄り付きません。

 

改めてどこかの機会で使用するかもしれないという未来予想をするのは勝手ですが、忍ばせておいてもその日は訪れることはないので自宅補間で大丈夫でしょう。

勿論自宅でも出番はありませんが。

財布、ポーチ、自宅の3種の神器であってもその機会に恵まれない中、どこが一番可能性があるのか。

結論どこもありません。

 

ポーチ活躍の場はあるのか

f:id:heitaku:20220307010953j:plain

何をもって活躍の場かは分かりませんが、

通勤(何もないことを祈る)

職場(良い環境望む)

飲み会(好まない)

旅行(興味ない)

デート(無縁)

などといったシチュエーションがあります。

その際相手様にお披露目することが来るでしょうか。

ほぼ自身の利用になりそうですが。

その場で即座に便利グッズを披露し、相手に感謝され印象に残り、何か次に繋がることがあるでしょうか。

見返りを求めるように聞こえ、気持ち悪く、仕方ないにしても、ほんの一瞬でも自分が輝いて見えたら満足かもしれません。

(痛い)

多分そのうち荷物になって邪魔となり、持たないようになりそうですが。

とりあえず極力鞄に入れておきます。

 

誰かの為に準備しているわけではないが...

f:id:heitaku:20220307010741p:plain

こういった女子力(笑)アップや意識高い(笑)ことをアピールすることで、モテや良い印象、違う一面、ポイントアップを与えられるかと思います。

とはいえその目的の為に持つという浅はかなものでは決してありません。

多少なりとも変な思いはありますが。

多少どころか結構強い気もしますが。

どうにも自身のような人間が持つことは危険であり、何か裏がある、毒が盛られている、見返りを求められるといった恐ろしい思いが出てきそうです。

考え過ぎか分かりませんが、どうにもそんな思考になります。

困っている人間がいたら助けてあげたいのは勿論ですが、そんな場面は早々来ない気がします。

とりあえず1年の間で1度でも誰かの為に出番があることを願ってみます。

そして誰かの為に役立つ、感謝される、命を助ける(大袈裟だが大袈裟でもない)などのことに繋がれば万々歳です。

 

改めて

f:id:heitaku:20220307010546j:plain

やはりこういった準備をするのは下心なのかと思ったりはします。

良い悪いかの判断は曖昧ですが、どう捉えられるのか。

こんな記事を書いている時点でおかしな話ですが、こう大々的に書くことで自分自身の人となりが良くも悪くも伝わるでしょう。

ルカリオのポーチを即座に出した男がいれば僕となります。

 

 

 

 

社内恋愛のシチュエーションの妄想をまとめる

前回は焼肉デートの妄想記事。

 

 f:id:heitaku:20220228144517j:plain

今回は社内恋愛の妄想記事。

所謂オフィスラブというやつです。

自身はオフィスのような職場で働く会社員、サラリーマンの経験はありません。

色々分からないことだらけです。

オフィスラブのような記憶を辿ればドラマの『ハケンの品格』『泣かないと決めた日』『半沢直樹』などを思い出すイメージです。

(半沢には恋愛描写はなかった気がするが)

そういった美化され過ぎた都会への憧れやこんな場所で働いて良い出会いをしたいという願望を持つ人間は多いでしょうか。

外にはケータリングの弁当屋やおしゃれな店が沢山あるでしょう。

よくあるシチュエーションとしては自身が先輩で女の子が後輩のイメージです。

新卒でも良いでしょう。

◯◯さんか○○先輩と呼ばれるのはどちらでも有りです。

 

目次

 

社員証を拾う

 f:id:heitaku:20220228144620p:plain

出会いのきっかけのあるあるです。

首にぶら下げる大事な社員証

落とすということはかなりまずいとは思いますが、鞄に入れたりパスケースなどの場合は結構落とすこともあるみたいです。

もしくはわざと落として拾ってもらうなど。

こちらとしては拾った写真を見ただけでもう一目惚れです。

(実物とは掛け離れていることもあるが)

色んな経由で彼女を探します。

そして無事見つけ、そのお礼として食事やお互いを知り一気に仲良くなります。

 

残業で2人きり

 f:id:heitaku:20220228201419j:plain

夜遅い残業でオフィスには2人きりになります。

片方の仕事が終わらずそれのフォローか2人一緒の業務で最終確認などします。

温かい物の差し入れや顔に冷たい缶コーヒーを当てて可愛いリアクションを見たりと。

誰もいないので一番イチャイチャできる時間なのです。

そして自然と一緒に帰ったり、飲みに行ったりなど色々できます。

ここでのキスや行為はまだ早いです。

(もうしてるのが多そうですか)

会社に泊まるのもベタです。

 

「先輩、ネクタイ曲がってますよ!」

f:id:heitaku:20220228175330j:plain

朝の出勤時のイメージです。

背伸びして必死に直してくれます。

朝から急接近で彼女の胸元、吐息、良い匂い、髪の毛にドキドキします。

一気に目が覚め頑張れる一日になります。

寝癖や剃り残しの髭なども指摘してくれます。

(マスクですが)

要するに彼女は、しっかりと見てくれている、気付くということです。

髪型やシャンプー、柔軟剤などにも気付きます。

 

プレゼンでのフォロー

f:id:heitaku:20220228203052p:plain

緊張している彼女へフォロー、アドバイスを送ります。

プレゼン中に頭が真っ白になった彼女をうまく代わりに対応するなど。

指摘された点にこちらはしっかり対応します。

終了後にペコペコとお礼をされます。

彼女は少し涙目になり、かなり責任を感じています。

そこで彼女の頭をポンポンや丸めた資料とかで軽く叩くなど。

借りをつくったのでこちらは何か要求します。

(弁当やデートなど)

どうあれ先輩である自身の頼れる姿をアピールできます。

 

お茶汲み

f:id:heitaku:20220228204240j:plain

お茶のぶちまけで股間を拭いてもらうのが定番中の定番です。

(喫茶店の妄想でも書いた内容ですが)

お茶汲みが女子社員の仕事というのは流石に古臭いですが、そういう存在は重要で仕事の能率が上がると言われています。

(可愛い、美人、良い匂いに限る)

自分にだけ丁寧に渡してくれたり、態度が明らか違います。

「今晩空いてます?」

「あとでお話いいですか?」

などこっそりボソッと言われます。

 

コピー機絡み

f:id:heitaku:20220228202530j:plain

オフィスには欠かせないコピー機

これも女の仕事であったりするのでしょうか。

重いコピー用紙をぶちまける、運ぶのを手伝う、インク交換、ぶつかり資料がバラバラになるなど。

仕事の日常の接触としては一番自然かと勝手に思っています。

わざとコピー機の所にいる彼女の元へ行き、小声で愚痴や手伝いをします。

用紙が少なくなれば一緒に倉庫へ行き色々と。

そっちの展開のがベタでしょう。

エロばかりです。

 

彼女のミスに自分も頭を下げる

f:id:heitaku:20220228204342p:plain

上司に怒られている彼女の元へ行き、自分の責任や彼女が傷付かないようにうまく弁明します。

弱々しい自分は上司には強く言えないので、ごますりやご機嫌とり、深々頭を下げたりします。

相手がお局や女上司の場合は

「その子にはやたら優しいわね」

「何、あんた達付き合ってんの?」

など嫌味を言われます。

こちらは負けてられず、対抗します。

ミスのパターンは自身の場合もあり、その場合は彼女がこれまで見たことがない位の声を出したり、自分の為に必死になってくれます。

 

エレベーターの中でキス

f:id:heitaku:20220228202933j:plain

これもあるあるです。

扉が開いた瞬間、一部の人間にギリギリ見られたり、良い雰囲気のタイミングで途中に誰か乗ってくるなど。

壁ドンにも近いかもしれません。

密室で限られた短い時間というのがポイントです。

その短時間内でやることはやります。

(多目的トイレではない)

エレベーターのある、でかいビルで働くというだけで様になっています。

都会には沢山のムードが潜んでいます。

 

倉庫内で色々 f:id:heitaku:20220228204135j:plain

資料の入ったダンボールが散乱や上から落ちてきて間一髪を助ける、閉じ込められるが王道でしょうか。

覆い被さり、押し倒す形、胸に触れる、顔を埋めるなど美味しい状況です。

彼女は赤面しながらも嫌ではないという、まんざらでもない状態です。

お互いこの件のことをずっと忘れられなくなります。

やはり密室となればこういう展開です。

誰かが外から鍵を閉めたとかもあるあるです。

(学校なら体育倉庫、用具室とか)

 

社員食堂で一緒に食事

f:id:heitaku:20220228202807j:plain

社員の男女が一緒に食事は一般的でしょうか。

流石に食堂ではイチャイチャしないと思いますが。

おかずの交換は盛り上がるかもしれません。

同期や仲の良い社員は茶化してきます。

逆に2人きりの食事の所を群をなす女連中には良く思われません。

わざとぶつかるとか聞こえるような陰口を言ってきたりします。

その際はしっかりと彼女を守り、立ち向かいます。

面倒な人間はどこにでもいます。

 

弁当を作ってきてくれる

f:id:heitaku:20220228203222p:plain

社員食堂ではない場合は定番のこちら。

愛妻弁当(まだ結婚もしてないだろうが)は周りにはバレないように食べます。

弁当には可愛らしいメッセージカードが入っていたり、洒落たことをします。

勿論中身は絶品の弁当です。

僕の好みを全部知っているのです。

弁当の渡し方は堂々とだったり、こっそり、無愛想だったりとどれもありです。

しかしながら

「作ってきました...」

「食べてください...」

のような自信のなさが一番好みです。

 

会社の飲み会を途中で抜ける

f:id:heitaku:20220228203513j:plain

自身は翌日予定があるということで会の途中で抜けようとします。

周りからはブーイングが鳴ります。

そんな中、彼女は少し寂しそうな表情をします。

そそくさ帰る支度をして靴を履いて出ようとする時に

「先輩帰るんですか...?」

「先輩が帰るなら私も...」

「私も用事思い出しました!」

「私もついてっちゃいます!」

という展開が最高です。

自分がいない飲み会はつまらないということで一緒に抜けます。

帰ってそのまま寝るつもりでしたが、2人きりでハシゴするか家に行くかホテルに行くとかです。

 

退職や転勤、異動時のやり取り

f:id:heitaku:20220228204053p:plain

「先輩、辞めないでください!」

「先輩、行かないでください!」

などのセリフがベタでしょうか。

ガシッと背中を掴まれるやつです。

涙を流し

「先輩がいなかったら...私...私...」

このセリフ、シチュエーションが今回の中では一番の理想です。

そこで

「必ず戻ってくるから」

「大丈夫だから」

などとカッコよく決めたセリフを言います。

結論、仕事を辞めるわけではありません。

 

行為

 f:id:heitaku:20220228220148p:plain

いつもの。

 

まとめ

 f:id:heitaku:20220228214649p:plain

学生ではなく大人なのが少し成長感があります。

とはいえろくな知識もない自分にとって大人の恋愛(まずろくに恋愛も知らない)の世界は分かりません。

何か幼さが欲しいというか大人と子供の中間の間がドキドキするもんだと勝手に思いました。

新卒や後輩となればまだ可愛いらしさや幼さが残ります。

ただ女上司やお姉さんは好まないのはあります。

キャリアウーマンみたいな。

キツいイメージがどうにもあります。

基本ミスをしない子が珍しくミスをしたり、悩んだり落ち込んだりしている一面がときめきます。

そこで自身がフォローした時、初めて女の一面を見せるとかが良いものです。

他の人には見せない自分にだけ見せる一面というのが最強なのです。

誰だってそうでしょうが。

f:id:heitaku:20220228215956j:image

会社絡みのエロ漫画は検索すると沢山出てきますが、どうにも女性が強い展開が多いです。

(女上司、仕事ができる、女が酔うなど)

それよりかは新入女子社員やお互いまだ仕事に慣れていない展開のが好みます。

すぐにエロ展開に行くことや酒が絡み悪酔いするのも何か違います。

健全展開を望んでいるのです。

(エロに健全もくそもない)

 

 

 

 

 

学生時代の移動教室について思ったことをまとめる

f:id:heitaku:20220221123931j:image

自身は移動教室を誰かと一緒に行くことはなく、誘われることも誘うこともありませんでした。

流石に0ではないですが。

まず関わる人がいなかったです。

そんな誰も興味のないだろう移動教室についての記事を何かしら書きます。

(何か過去を遡りたくなったので)

ぼっちエピソードのまとめではありませんが思ったことを書きます。

ちなみに中学高校の頃の話です。

暗黒期の頃です。

 

似たような過去記事はこちら。

 

目次

 

移動教室という響き

f:id:heitaku:20220221121917j:image

まず『移動教室』という言葉がWikipediaに載っていたことが驚きです。

移動教室...

通常の授業の延長として行う、異なる場所への移動を伴う授業のこと。

「教室をまるごと移動したもの」と捉え、「移動する教室=移動教室」と呼ばれるようになったと考えられる。

 

この『移動教室』という言葉自体に自身は嫌悪感や嫌だったということはあまりなかったと思います。

好きとか楽という感情もありませんでしたが。

しかし改めて考えると嫌な部類に入りそうです。

その名の通り移動するわけで、その移動は毎度1人なわけです。

元々1人で行動するのが主でそこを気にはしていなかったつもりですが、他のクラスや学年の人からは友達のいない奴だと思われていたことでしょう。

まあ事実なわけですが、どうにも他の人間からどう見られていたかは多少なりとも気にしていたと思います。

学生時代なんて。

寂しいという気持ちはないものの、友達いないんだな、こうやって生きていくんだなというのは悟っていたと思います。

それが現状にも繋がっています。

(これは悪い意味でしょうか)

 

理科係の仕事を思い出して

 f:id:heitaku:20220221124325p:plain

中学2年生の頃、自身は理科係に入っていました。

(係は必ず1人1つ入る)

この係の仕事はというと理科の授業が教室なのか理科室なのかをクラスメートに伝える仕事です。

毎度理科の授業終わりに理科担当の男性教師に次回は教室か理科室かを聞いたり、自習や単元テストがあるかなどを確認するのです。

ただ友達もいなくコミュ力もない自分にとって、その事をクラス全員に声を出して伝えることはできません。

明るい奴やクラスでポジションのある奴、スクールカースト上位は口頭で伝えるなり、上手に伝えるでしょう。

自分のような人間はそんなことできず、黒板に

『今日の理科は教室です』

『今日の理科は理科室です』

と毎度大きく書いていました。

これを書く時はクラスにいる連中の視線が皆、自分に向かうのが毎度嫌なものでした。

というか口頭で言うにしてもクラス全員が聞いていないとダメであり、全員教室にいるとも限らないです。

その為、教室の誰もが注目する黒板にデカデカと書くのです。

これなら証拠も残ります。

そして授業終わりは消します。

(理科が教室の時は理科教師が自ら消す)

 

あとは週末の時間割の予定を記載する黒板があり、そこにもしっかりと書いていました。

事細かく単元テストや小テストがあることもしっかり書いていました。

この自身の係の活動においては何も評価も糞もないかと思われましたが、一部の人からは真面目、こまめだということを後に聞いた気がします。

だからと言って何も良いことはありませんでしたが。

単に当たり前のことを自分なりにしただけで、これが正解のやり方なのか、ずっとこのやり方で良かったのかと思ったりもしました。

 

理科係に関してはもう1人男がいましたが、そいつは先生に聞くことも皆に伝えることも何もしていませんでした。

仕事を自分に押し付けてきたということはありませんでしたが、勝手にやってくれるだろう的な思考だったでしょう。

 

1人で移動教室先に向かう

f:id:heitaku:20220221122409j:image

移動教室の際、大概は友達同士で固まり、お喋りしながら向かうものでしょう。

途中トイレに行くことも定番でしょう。

「一緒に行こうぜ」

「そろそろ行こうぜ」

「次、移動だって」

などのような会話のやりとりを教室でして。

言ったことも言われたこともありません。

 

まず移動に誘う、道連れにする行動が理解できません。

移動位1人で行けよ情弱、雑魚、群れないと動けないのかと思うわけです。

結局ひとりぼっちである自分のような人間はこういう思考になります。

1人がカッコいいという感情は当時はなく学校生活の空間の中で、単に自分は1人という境遇なんだなと思ったわけです。

コミュ力以前に親密になる関係性の築き方や関わろうとする気持ちは、この当時からなかったと思います。

(今も)

あとは学力で判断するような生徒ばかりだった気がするので、真面目ながら頭が悪い自分は誰とも関わることができなかったと思います。

明らか学力やクラスカーストで周りは判断していたと思います。

こうなると発言権はありません。

よく給食の時間に欠席者のおかずやデザートなどをジャンケンをして取り合うことがあると思いますが、それに参加できないのです。

ぼっちの自分が参加したら空気は悪くなるので。

こういうところだけちゃっかりしているとか思われることが。

本当未だに給食の時間は悔やまれます。

ごはんや味噌汁もおかわりしたかったものです。

給食を食べるのはかなり早かったと思います。

 

やはり学校という糞のコミュニティの中ではひとりぼっちは異端児で、友達がいなく、変な目で見られるのが一般的でしょうか。

学力の良し悪しで見るのは様々だと思いますが、自分等の年代の連中はそういう空気だったと思います。

(確か3クラスで98人)

 

誰よりも早く移動して待機している

f:id:heitaku:20220221122510j:image

移動教室に遅れて来ることなんてもっての他です。

しかし早く来すぎて、その次に来た女グループにビックリされた覚えがあります。

そのグループもかなり早く来た為、まさか自分達より先にいるとは思わなかっただろうでしょう。

実際早く教室に着いたところで何もすることはなく、伏せていたり、教科書をペラペラ(ろくに理解していない)することしかできませんが。

無駄に真面目というかこういう行動力や決断力はあったのかなあと思います。

行動力と決断力という言葉を使うのはおかしいかもしれませんが。

別に意識は高くありません。

 

移動が早すぎてまだ授業中の時があった

f:id:heitaku:20220221122557j:image

早めに移動したところで他の学年やクラスがまだ授業を行っているケースもあります。

(単にオーバーしている)

それに気付かずドアを開け、授業を受けている生徒全員に注目されることもあったような...。

まだ授業をしていたなら、とりあえず待つわけですがその教室から出てきた連中に見られたくないわけです。

トイレで時間を潰したり、人気のない所に行っていた記憶があります。

何故にこんな早く移動する自分も自分です。

せっかちとか遅刻厳守という性格ではありませんが、どうにも譲れない何かがあったのでしょうか。

 

移動教室の授業終わりに去るのも早い

f:id:heitaku:20220221123228j:image

ほとんど一番最初に退室していたと思います。

勿論1人で。

別に早歩きでも急いでいるわけでもありません。

単に他の連中が遅いのです。

そんなダラダラしている様子を見ているとイラつくので、すぐ動いていたと思います。

というか誰か先に行かない、やらないと動かないという学生ならではの考えが当時イラついていました。

皆動こうとしないのです。

よくあったのが

集会で誰か最初に並ばないと誰も並ばない

先頭になるのを嫌がる

提出物を誰か先に出さないと出さない

挙手しない

などです。

自主的じゃない奴が嫌いというわけではありませんが、学生特有のこういうのが何か嫌だったのです。

 

移動教室に1人で移動する人は少ないのか

f:id:heitaku:20220221123722j:image

友達のいない、嫌われている人は1人で行動していたと思いますが、そこまでの人はそんなにいなかったと思います。

特に男子では。

一部の女子にはいた記憶がありますが。

そんな1人で行動する人はやはり問題有りな目で見られていたでしょう。

まさしく自分なわけで嫌われてはなかったと思いますが、どうにも扱い辛いものだったでしょう。

何より修学旅行は苦痛だったわけでしたし。

余り者のグループのようなアレはなく、普通に班ごとでしたが何も楽しくなかったです。

なんにせよ愚痴しか出ないわけです。

 

最後に

 

どうにも学生時代には良い思い出がないものの何かしら書くことはできます。

それが役立つというか残念ながら今に至る現状ですが自業自得です。

こういったことを伝えて何の意味があるかは毎度疑問に思いますが、書き記します。

YouTubeなどにおいてもそういった人の日常やルーティン、モノマネ、あるあるなどの動画は沢山あります。

そういった動画での紹介は自分はできないので、こう書くことで何とかしたいものです。

辛さの共有ではありませんが、そんな奴が学生時代いたなーとか、そういう思考なんだと少しでも感じていただけたら嬉しいかもしれません。

過去を遡りネタにして書くことで何かあれば良いもんです。

 

ちなみに移動教室の画像が、いらすとやにあるかと思いましたがなかったです。