ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

抱き枕カバーやお風呂ポスター、痛シャツなどに思うことを簡単にまとめる

所謂アニメグッズ、オタクグッズになります。

これらの物は一人暮らしをしたら買うぞ!社会人になったら買うぞ!と思う物の代表かもしれません。

(浅い考え)

一番アニメや美少女キャラに対して盛んなのは学生時代かと思いますが。

1人部屋がない、家族に見られたくない、金がない、買う手段がないなどが学生時代の問題点でしょう。

現状の自分はこれらの購入に未だに至っていません。

(一部所持していた物はあるが)

生粋のオタクでも何でもない自分ですが、そんな物についての考えを適当にまとめます。

所持していないくせしてこんな記事を書くのはアレですが、好きに書きました。

 

目次

 

抱き枕カバー

f:id:heitaku:20210731013144j:image

(マネ虎の有名回で何度観ても面白いです)

所謂抱き枕に被せる等身大の美少女キャラクターがプリントされたカバーです。

表裏で着衣の乱れや全裸、悶絶した表情など様々あり睡眠力を向上させてくれます。

 

抱いて寝ることで正しい姿勢になる、癒し効果があるのは事実のようです。

枕というかクッションのような存在になるので、日常生活の用途としては様々利用できます。

どうにも素材やサイズ、価格、管理などが自分の中で不安です。

素材は触り心地や洗濯での色落ち、肌との相性がありそうです。

サイズは一般的な抱き枕のサイズは120×40のようですが、キャラクターものだと150×50や160×50が多いようですが曖昧です。

価格はピンキリで公式や同人で価格とクオリティ、エロさが様々です。

管理は汚れや臭い、カビなど扱いの不安があります。

 

どれも軽く調べれば分かりそうですが不安なのです。

購入においては一般的に通販が主ですが自分のような人間は、まず現物を手に取ってみたいものです。

とはいえ一応アダルトな物(胸や陰部が見えるもの)になるので手に取り確認することは店では無理そうです。

まず売っている店も限られますし。

グッズ販売のサイトは沢山ありながらも、結局手を出しやすい販売元はメルカリになりそうです。

出品者の説明書きには未使用、開封済み、飾っていたなどしっかりされています。

ここを嘘つく人は少なからずいそうですが。

何回か使用していましたとなれば、流石に買わないと思います。

 

欲しさで言えば1番になりますがよっぽど好きなキャラで表情、姿、服装、裸体が素晴らしくないと手が出ません。

(ただのわがまま)

沢山のキャラクターにおいて抱き枕は様々出ていますが、めちゃくちゃ欲しい!となるまでの抱き枕をあまり見たことないのが事実です。

大概顔が何か違うのです。

f:id:heitaku:20210731165652j:image

(SHIROBAKOの絵麻は大好きなキャラですが何とも微妙な顔です)

着衣の乱れや裸体においてはそんな文句はないです。

胸部分にシリコン、陰部に穴(道具)など色々加工をする人もいるようです。

より現実的にしたり気持ちよさを追い求めるのでしょう。

 

別に抱き枕を見られる危険性など家に人を呼ぶわけでもないのでそんなくだらない心配は全くありません。

もし恋人が所持していたらドン引くものになるかもしれませんが。

そういった物に偏見とか抵抗がある時点で話になりません。

 

 

お風呂ポスター

f:id:heitaku:20210731013653j:image

(モザイクをしていますが本来は見えます)

所謂浴室に貼る美少女キャラクターのポスターです。

一緒に入っている雰囲気を味わえたり、お湯をかければ胸や陰部が透けて見え気持ち良く入浴できます。

 

水でくっついて貼れる素材で取り付けも簡単なようです。

管理においてカビの危険性があるようですが。

メガネをかけている自分にとって、風呂時にポスターがあってもあまり見えない気がします。

しかしボヤけて見える感じが逆にエロかったり、良い感じになるのはあります。

その場合は2次元ではなく3次元の方が良いのですが。

 

こちらも色々販売されているようですが個人的に種類やキャラクターにおいて好みな物があまりありません。

マイナー寄りとかそんなわけでもありませんが何か違います。

商品自体は予約特典や雑誌の付録に付いているイメージもあります。

やはりイラストのシチュエーションとしては入浴中や水着の格好がベストでしょう。

f:id:heitaku:20210801024553j:image

(一緒に入っている雰囲気になるか分かりませんがこんな感じです)

ガッツリ肌を露出していないと意味がありません。

何だかんだお湯をかけると透けるというのがどんな感じになるのか分からないのがあります。

(昔お湯を入れるとイラストが変わるポケモンのマグカップを持っていた記憶があります)

 

風呂に入るのが毎回楽しみになるか分かりませんが、1枚のポスター(1人のキャラ)では満たされる気がしません。

何枚も貼ったり、ローテーションにしたりするのが良いと思いますが流石に面倒そうです。

 

こちらも自宅保管、それも風呂場なので誰かに見られることはないです。

余計な心配をする必要ないです。

 

 

痛シャツ

f:id:heitaku:20210731013253j:image

(当時バクモンで話題になったやり取りです)

所謂美少女キャラクターがプリントされているシャツです。

常に一緒にいるかの如く体と一体化して、周りにアピールできる痛い形になります。

 

これに関しては自分が楽しむというよりかは他人に見せつける喜びがあるのでしょうか。

まるで恋人と一緒にいるように。

小さいデザインならまだしもデカデカとシャツ全体にプリントされているので、そのインパクトは絶大です。

イベントやそういうものに寛容な所でないと痛く、浮いてしまう気持ち悪い目立った存在になります。

下手したら盗撮されて晒されることすらありそうです。

そんな世の中です。

恥ずかしい気持ちを一切持たず本当にキャラクターを愛している人なら問題なく堂々としているでしょう。

 

しかしながら着る勇気がない人が多数で、部屋着専用にしたり部屋に飾りインテリアのようにすることがあるみたいです。

それはそれで何か勿体ない気もしますが。

というか意味がなさそうです。

着るものなので露出の強いデザインがプリントされているシャツは少ないようです。

水着を着ているキャラがプリントされた物は少ないです。

f:id:heitaku:20210731165725j:image

(アへ顔シャツなるものが結構あるみたいです)

あまりにも行き過ぎたデザインはマズイでしょう。

自身が所持している痛シャツではありませんが似た感覚だとディグダグボンバーマンのシャツ、東京03のシャツ、ガルパンのロゴの入ったシャツはあります。

これらは別に美少女がプリントされていないので何も大したことありませんが。

実在の女性の人物だとオードリー・ヘップバーンマリリン・モンローモナリザがプリントされているシャツを着ている人をたまに見かけますが、これらも何も痛くないでしょう。

むしろおしゃれになるでしょうか。

 

やはりいかにもな萌え萌えしい美少女キャラが全面にプリントされていればアウトでしょう。

若い頃なら着れた、抵抗がなかったなど思うことは特になく、いかにもなオタク(それもニワカ)に見られるので痛シャツのデビューはするつもりはありません。

ネクタイや靴下、パンツなどにキャラクターがプリントされている物はいけそうです。

(買うつもりはない)

 

 

タペストリー(ポスター)

f:id:heitaku:20210802004757j:image

(キャラクターが勢揃いしている印象が強いです)

所謂美少女キャラクターが写っている布(紙)です。

寝起き時や帰宅時に目に入るだけで笑顔にさせてくれ、部屋の中では一人ぼっちになりません。

 

こちらに関してはあまりアダルトなイメージがありません。

勿論そういうデザインのも少なからずありますが、基本的には着衣していたり、キャラクターが勢揃いしています。

ポスターはオタクの部屋を代表するアイテムの1つかと思います。

ただの白い壁や何も飾られていないのは寂しいので少しでも自分好みの部屋に改造したいのはあるのでしょう。

 

朝起きて目の前にいてくれる。

(天井に貼るなど)

疲れて帰宅した時に目の前にいてくれる。

などずっとそばに居てくれているのです。

部屋にいても寂しさや一人ぼっちではない感覚になるでしょうか。

自身は過去パチ屋に勤めていたので萌え系の台のポスターは貰っていて部屋に貼っていたことはあります。

シンデレラブレイド2、麻雀物語3、ガルパンなどは貼っていた気がします。

引っ越し(転勤)の際に処理しましたが。

f:id:heitaku:20210801025734j:image

(本来パチ屋に貼るものなのでやらしくないです)

流石にエロいデザインではありませんが見事に美少女達が写っていました。

パチ屋限定なので意外とレアでメルカリなどでも高額に取り引きされていることがあります。

パチンコ、スロットに無縁なオタクの人もアニメコンテンツとなれば欲しくなると思います。

 

ポスターはテープやピン止めなどでどこかしこに傷をつける可能性があるので、タペストリーの方が流行っているかもしれません。

(ポスターを貼るのにオススメのグッズはあるみたいですが)

しまう際も丸めるのであまり良い気分にはならず、保管もしずらいです。

 

 

フィギュア

f:id:heitaku:20210802021354j:image

(高クオリティ低クオリティの差が一番分かるものです)

所謂美少女キャラクターの模型です。

好きなキャラクターに囲まれる喜び、インテリア、下から覗いたりと楽しみ方は様々です。

 

オタクグッズの代表かもしれませんが、どうにも自身はそんな欲しいと思う物ではありません。

とはいえ自身の過去所持していたフィギュアを振り返ると

藤林椋(CLANNAD)

櫛枝実乃梨(とらドラ!)

典韋(一騎当千)

バルクホルン(ストパン)

あたりは持っていました。

その他ゲーセンで何かしらのキャラクターのは取った記憶があります。

どれも露出は控え目でそこまでやらしい物はなかったです。

(しいて言えば典韋は胸とパンツは見えたはず)

 

正直フィギュアは邪魔になり箱や組み立て、部品などやっかいな面が多いです。

高ければ高い程扱いに逆に困りそうですし。

よく箱から出さない論を聞きますが絶対出した方が楽しめるでしょう。

塗装の剥げや日光、地震などの危険性もあるので管理には十分気を付けないといけません。

ガチ勢はショーケースや棚のような立派なものが部屋にあるでしょう。

飾るというよりかは展示しているみたいな。

ただそれが美少女キャラとなるといかがなものか。

 

美少女フィギュアとなるとマーベルヒーローやガンプラ、特撮のソフビなどとはまた違います。

とはいえ各々の好みで趣味は様々なので自由です。

テーマを決めて自由に揃えるのが楽しいのでしょう。

 

フィギュアはあまり欲しくないと書きましたが高クオリティの物を手にしたことがないだけで、もしかしたら気持ちが変わるかもしれません。

ゲーセンなどのアミューズメントのクオリティが低い物とは次元が違うのでしょう。

やはり画像で見るより実物で見るのが重要だと思います。

本当に可愛い!となるフィギュアは案外少ないと思います。

f:id:heitaku:20210801033820j:image

(目のヤバさが話題になったまよチキ!の紅羽)

フィギュアは1つ買うとどんどん増えていくという論も聞きますが、よっぽど愛している作品やキャラでないと増えそうにないです。

というか同じキャラのフィギュアを集めるか作品のキャラを全員集めるのか。

単純に作品関係なく好みのキャラを集めるのが一番だと思います。

 

ちなみにねんどろいどやドールなどには1度も手を出したことはありません。

まだねんどろいどの方が可愛さと気軽さ、サイズ的にも良さそうです。

 

 

おっぱいマウスパッド

f:id:heitaku:20210731014009j:image

(過去使用していたクドわふたーのクドのおっぱいマウスパッド)

所謂美少女キャラクターの胸がマウスパッドになっている物です。

柔らかく、パソコンを高頻度で使用する方には便利で腕の負担がかかりません。

 

こちらは高3の頃に秋葉のUFOキャッチャーにてたまたま100円で取ったおっぱいマウスパッドを専門学生時代に使用していました。

あの当時は毎日ニコニコ動画を観ていたので毎日PCをいじっていました。

(たまにエロゲーをしたり)

毎日使えば(手首を乗せるだけ)徐々に胸の部分は黒くなり、痛みます。

最終的に2、3年の使用でサヨナラになりました。

普通に柔らかい物ですが本来の女性の胸との比較は分かりません。

 

使用していたクドのおっぱいマウスパッドですが、特にこのキャラクターが好きとかはないです。

(リトバスだと美魚が可愛かったはず)

単に簡単に取れたから使っていました。

f:id:heitaku:20210801161841j:image

(尻マウスパッドなる物もありますが、やはりおっぱいのが良さそうです)

下着を着ていなければ乳首は丸見えで刺激が強いです。

その部分が突起している商品もあるでしょう。

 

今となってはパソコンを使うことがほとんどないので、今後手を出すことはありません。

会社などで流石に使用している人はいないかと思いますが、これがあることで仕事の能率が上がるとなれば良いものでしょう。

(自分のデスクにフィギュアを置く人間がいるみたいに)

 

 

声優写真集

f:id:heitaku:20210801163650j:image

(昨今のルックスの好みはうえしゃまこと上田麗奈です)

所謂声優の水着姿や私服、コスプレなど様々な姿を堪能できる本です。

どこまでの用途か分かりませんが毎日手に取るのか、好きなページを開いておくのか。

 

大好きな声優がいる人にとって所持していて当たり前か分かりませんが、どうにも自分には少し手の届かない物です。

ルックスやスタイルのレベルの高い女性声優は非常に多く(声優補正あるも)、写真集として出ても何も違和感ありません。

とはいえ写り方や表情を見ると好みが色々と分かれ、別人に見えることがあります。

一概に全部が全部好きとはならないです。

 

結構攻めた下着姿や尻、太もも、腋など見処は沢山あり、オカズにする人もいるでしょう。

その用途の仕方は別に否定はしません。

買う目的は握手券やイベント応募券などが付いているからだと思います。

(何冊も買う人がいるイメージ)

f:id:heitaku:20210801163553j:image

(声優の写真集のイメージだと何故か井口裕香を思い浮かんでしまう)

声優で抜くことは基本しない自分なので、例え購入してもそんな使い方にはならないはずです。

(可愛い、抜けなくはないのは認めるが絶対しない)

ただ本棚にあればカッコいいというか何かよく分からない高揚感がありそうです。

 

写真というか画像はスマホで見れるので本として購入するのは今後もないかと思います。

中古でもブックオフで安かったら全然買いますが。

(基本高いので望み薄)

ある程度知名度というか若い声優は結構出しているようです。

需要は十分にあります。

 

 

最後に

f:id:heitaku:20210802055230j:image

(エヴァのこのシーンを理解できた人は当時多かったのか)

結局のところこれらの商品は性的欲求の満たしが紛れもない事実かと思います。

そう簡単に全て解消するものではありませんが和らいでくれたり、癒し、ストレス発散、心を潤してくれると思います。

直接人の温もりを感じるのが一番ですが、そんな機会や相手はいるわけがありません。

つくられた物だけで感じるという良くも悪くもそれが幸せです。

性的欲求の対象が現実の女性になったら2次元には少し距離を置くことになりますが、いずれ戻ってきます。

2次元、3次元どちらもイケるのはそれはそれで少し変かもしれませんが、最終的には何だかんだ現実に向き合い3次元を選ぶかと思います。

どうであれ好きな気持ちや欲求があることは良いことで、それすらなかったら終わりかと思います。

興味ない、何とも思わない、何も感じないのが一番の赤信号で好きである気持ちは変わらないで欲しいものです。

(別の物を好きになるのは良いことだと思う)

これらを所持しているからオタクだ、気持ち悪い、一生童貞などの意見はあるか分かりませんがそんな第三者の意見などゴミです。

自身の部屋で少しでも癒され、キャラクターから下の処理をしてもらえれば幸せなものです。