ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

パチンコの海物語シリーズの好きな曲をまとめる

パチンコにおける海シリーズの曲は膨大です。

作品数も膨大ながら楽曲もどんどん出てきており、収録されている機種は作品によって様々です。

全てにおいてラウンド曲に使われているとも限らず、色々あります。

ラウンド消化中に流れることで打ち手の頭の中はノリノリで気持ち良く消化できます。

曲が聴きたいが為にわざと消化を遅くすることもあります。

しかし遊戯中の曲が良いのは確かにありますが、自身は過去パチ屋に勤めていたので、開店前や閉店後のホールで爆音で流れるスペシャル魚群タイムの曲も耳に残っています。

そんな曲も紹介しつつ、まとめてみました。

過去のパチンコやスロットの曲についてはこちらの記事。

 

 

 

 

では紹介していきます。

 

 目次

 

『Go!Go!SEA STORY』


f:id:heitaku:20210522020809j:image

 

「輝く~マリンブルー」でお馴染みのあの曲です。

初当たりで聴くことが多く海物語を象徴する曲で、まずはこの曲で祝福されると思います。

パチ屋の海の島に行けば必ず聴こえるだろう伝統の曲です。

当たり前ですが海を象徴とした歌詞と風景で清々しい気持ちになります。

とりあえずパチ屋に行って一番耳にする曲だとは思ってます。

次点でホールに響き渡る曲は冬ソナの『最初から今まで』かと思われます。

ちなみに「ヨーモニー」の奴は『マイ・メモリー』という曲です。

しかし時代の流れで冬ソナは今となっては全然聴かなくなったと思いますが。

パチ屋で聴こえるのは音楽よりキュインキュイン音になるでしょう。

 

 

 

『ラブ☆ダッシュ


f:id:heitaku:20210522020826j:image

 

沖海2収録の曲です。

海シリーズでは今なおダントツ一番の人気を誇る超名曲だと思います。

ラウンド中の映像と相まって一番ノリノリになるでしょう。

アニメーションにおけるマリンちゃんの可愛さは随一でビックリすることでしょう。

(今見てもかなり可愛い)

5連以上しないと聴けないという発生条件があり、なかなか厳しかったりします。

昨今は裏ボタンが存在している為、容易に聴けるようです。

(沖海4に収録)

しかし沖海との相性が自身は悪い為、打ちません。

沖海5が7月4日に導入予定ですが収録されるでしょうか。

聴くだけの為に打つ価値はあります。

 

 

 

『夏色サンセット』


f:id:heitaku:20210522020916j:image

 

海物語アクアの収録曲です。

夏・海・切なさの感じられる曲で、結構前の作品ですが知名度としてはそこそこだと思います。

パチンコ抜きに夏の儚いソングとして全然有りだと思います。

切なさ、儚いと書きましたが、どうにも歌詞的には別れや過去を懐かしむようなテーマだと思われます。

明るさとどこか哀愁漂う雰囲気がたまらない大好きな曲です。

ミスマリの3人組(6代目ミスマリン)が歌っており、彼女らは歴代ミスマリンの中でも一番人気のようです。

(アーティスト活動は彼女らのみ)

 

 

 

『マリンブルー・シークレット』


f:id:heitaku:20210522020945j:image

 

同じくミスマリ曲です。

スペシャル魚群タイム(多分大海3)で流れていた曲で、パチ屋店員時代を思い出します。

爆音で流れる為やかましいと思いつつ、いつしか心地良い曲に変わり妙にハマっていました。

海っぽさとミスマリのアイドル感があるJ-POP的な印象を受けます。

PVにおいては後半夕日をバックに歌っており、雰囲気ピッタリです。

こちらは『夏色サンセット』のほどの儚さはありませんが、似た雰囲気はやはり感じられ切なくなります。

(思い出補正もあるが)

 

 

 

『飛び出せサマー』


f:id:heitaku:20210522020959j:image

 

またまた同じくこちらもミスマリ曲で、この曲も店員時代を思い出します。

久々に聴いた瞬間にあったなーと思い、同時にめちゃくちゃ懐かしくなりました。

かなり印象深い曲で「お兄さん」「お姉さん」という歌詞が耳に残っていました。

雰囲気は上2つと打って変わって元気を貰えるシンプルな曲で応援歌のようにも聴こえます。

前向きソングで凹んだ時や気分が落ち込んだ時に聴くのに非常にオススメな曲です。

個人的に数ある海シリーズの曲の中で2番目に大好きな曲です。

 

 

 

『ちゅら海JUMP』


f:id:heitaku:20210522021059j:image

 

沖海3の曲で自身の海シリーズの中で一番好きな曲です。

当時甘デジを閉店1時間前に打つのがよくあり、STのモードをウリンモードにして楽しんでいました。

(テンパイを煽るやつ)

やはり海は曲とアニメ映像のテンポの作り方が上手で、アニメーションを楽しめます。

サビの「ダイブ」という歌詞の後にマリン、ウリン、ワリンがしっかりダイブしています。

そしてラストからの歌い方がたまりません。

多分収録は沖海3のみで4には収録されていないはずです。

どうにか5に収録して欲しいですが流石に厳しいでしょう。

 

 

 

『キラキラハッピー』


f:id:heitaku:20210522021113j:image

 

ウリンちゃんのメイン曲で、こちらも沖海3収録です。

ウリンちゃんの可愛らしさ抜群でアニメ映像も素晴らしい曲です。

開幕のお尻フリフリ(ダンス)は化物語八九寺真宵のOP『帰り道』の開幕にも似ているので観る価値があります。

歌詞面では「五、六、七転び八起き」という所が印象に残っています。

ちなみに『リトルシスター』という実写ウリンちゃんの子供らしい歌もあります。

「ウリウリ ウリウリ ウリウリ ウリンちゃん」という歌詞があります。

こちらは恥ずかしいかもしれません。

 

 

 

『ふたりの海物語』


f:id:heitaku:20210522021309j:image

 

金富士収録の曲です。

ワリンがメインとなる演歌でイントロからこれは年寄りにも流行る曲です。

有線やラジオで流しても問題ないかと思います。

涙流すこと間違いなしです。

とりあえずこれを聴く為に金富士を打つ価値はあると思います。

(ジャパンの演出は人を選びますが)

前半の金富士ゾーンで当たればfullで聴けます。

ワリンの歌う姿は必見です。

泣きぼくろが彼女のチャームポイントであり歌唱力も高いです。

 

 

 

『シューティング ジェットコースター』

『トキメク キラメク ユメイロセカイ』


f:id:heitaku:20210522021520j:image


f:id:heitaku:20210522021531j:image

 

どちらも大海3ブラックの曲です。

どちらもねんどろいど繋がりなので、まとめての紹介です。

ねんどろいどの可愛さが異常で、表情の可愛らしさもかなりのクオリティです。

アニメーションの中毒性があるのもポイントでハマってしまうのです。

曲調は電波ソングとは違う部類かと思いますが似た感覚です。

萌えの感じもあるとはいえ、打っていて恥ずかしい感じにならないのは凄いです。

(海ばかりを打つ年寄りは何を思いながらラウンド消化しているか分からないが)

ねんどろいどの販売はマリンちゃんのみあり、ウリンとワリンも出してほしいものです。

この曲の人気も高く、収録が大海3ブラックのみなのが勿体ないと言われています。

 

 

 

 

最後に

 

正直古めの曲は過去勤めていた店に海シリーズのサントラがあったので貰えばよかったです。

基本台を購入すればメーカーから頂くので。

そしてそれを使用することはなかったので。沖海2や大海2、アクアのCDはあったはずです。

音源として欲しかったのでこれは後悔です。

いつしか三洋は全海シリーズの曲を収録したCDを出してくれるのか。

期待しています。

と同時に過去の楽曲を全て搭載した台を作ることは流石に厳しいでしょうか。

通常時から好きなBGMを流せるという。

昨今の台は通常時からBGMの変更をできるのは、よくあることです。

とはいえ海の通常のあのBGMが良いのであって、曲を通常時から流すのは何か違うのでしょう。

ST、確変中に流すにしてもやはり違和感があるかもしれません。

とりあえずラウンド消化時に懐かしの過去曲を聴けるように頑張ってほしいです。

曲のタイアップの関係や作品のテーマで難しいでしょうが、共通して『海』の雰囲気はどの曲にもあると思います。

楽曲面に関しては海物語に限った話ではありませんがパチンコ、スロットにおける楽曲は素晴らしいものが多いです。

(めぞん一刻や戦国乙女、麻雀物語など)

 

 

海物語について何か書いた過去記事はこちら。