ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

ペットや動物について少し語る

どうにもペットや動物が苦手です。

簡単に色々書きますが批判とかではありません。

 

まず幼い頃に飼っていた記憶があるのは...

金魚

カブトムシ

アリジゴク

ザリガニ

などを飼っていた程度です。

生き物ですがペットというような表現はこれだとおかしいのでしょうか。

ザリガニが一番愛着があり、卵の孵化や自由研究のテーマにしてみたり、しっかり育てていた記憶があります。

水槽の中でも弱肉強食があったり、幼いながら勉強になっていたと思います。

 


f:id:heitaku:20201019023436j:image

 

ペットを飼っている方は、『餌』という表現はしないのでしょうか。

ペットに対して「ご飯だよ~」「おやつだよ~」と言うのでしょうか。

餌という言葉が生々しく感じたり、やはりペットも家族の一員なのでご飯という表現が良いのでしょうか。

良く言われるのが人間よりも高い物を食べているとか、お金をかけているなどはあるでしょう。

ペットに対して何よりも尽くしたい気持ちがめちゃくちゃあるのでしょう。

トリミングやエステ、マッサージ、美容院など人間と同じ、むしろそれ以上のことをしているでしょう。

食べ物、おもちゃ、設備とキリがないでしょう。

別にそれが悪いことではないですがペットに尽くし過ぎて、旦那や子供を疎かにしそうなケースもありそうです。

ペットと一緒に泊まれるホテルなど、ペットを主にした環境づくりや商売が沢山あります。

 


f:id:heitaku:20201019023630j:image

 

ペットが家族なら悲しいながら亡くなったら仕事を休む、早退するのでしょうか。

葬儀はすると思いますが。

(やり方はピンキリでしょうが)

主に犬、猫、鳥、ハムスターなどがメジャーでしょうか。

しかしこれが魚、爬虫類、はたまた虫だと休めるのか。

同じ命です。大きい小さいもないです。

大量の生き物(ペット)を飼っていて、一匹でも亡くなる度に悲しくなるのか。

その度にしっかりと埋葬するのか。

思い入れ度で扱いは違うと思います。

過去の写真や愛用していた物などを見ると辛くなるのでしょう。

 


f:id:heitaku:20201019024427j:image

 

やはりペットが必ず死ぬことを考えるのが一番苦になります。

これがあるから一生ペットを飼うことがないと僕は思います。

喜びや楽しさ、かけがいのない時間を与えてくれるのは分かりますが、終わりがあるのはどうしても無理です。

(人間にも言えることですが)

勿論飼い主が先に亡くなって残されたペットのことを考えるのも嫌です。

人間と同じで交通事故や病気もあるでしょう。

最期を見届ける時が必ず来るのは僕には耐えられないと思います。

例え老衰だとしても。

 


f:id:heitaku:20201019024625j:image

 

動物園や水族館とかも苦手なタイプです。

別に批判はしませんけど。営業するなとは言いません。

決められた空間で動物は何を考えて生きているのかと考えたら、僕は耐えられなくなります。

見せ物にされてストレスはないのか。

見られることが快感、楽しいと思う動物もいるでしょうか。

勿論決まった時間にご飯が食べれて、外敵の心配もなし、掃除もしてもらえる、温度の管理もしてもらえれば、それが幸せな動物もいるでしょう。

ただそういう人生を送ることになるとは、その動物も最初は思わなかったでしょう。

動物園の動物がどういうルートでやって来るのか詳しく分かりませんが、始まりは野生で捕獲されたものなのでしょうか。

あとは毎日何匹の生き物が亡くなっているのか。

膨大な数の生き物がいるので、必ず毎日一匹は何かしら亡くなっていると思います。

出勤してそれに気付いた飼育員の気持ちを考えるのも辛いです。

それに慣れているのか簡単に処理するかは分かりませんけど。

 


f:id:heitaku:20201019032058j:image

(懐かしのポチたま)

 

YouTubeにも沢山のペットの動画があり、視聴者は癒されたり、頑張ろうと思えたり、観るのが日課になったりポジティブな気持ちになっているでしょう。

どんな生き物でも需要があり、再生回数も多いです。

ペットを話題性としたYouTuberや飼う資格がない奴は論外ですが。

ペットで金を稼ぐというやり方は色々あるみたいですが。

れっきとしたビジネス手段のようです。

最近急上昇の動画で人気のペットが亡くなったっぽい動画があがることがありました。

死を扱うことや思い出を沢山の視聴者に伝えるのは全然いいことだとは思います。

そういう動画を僕は観る勇気はないですけど。

さらっとコメント欄は見ましたが、温かいコメントが沢山があり、飼い主も亡くなったペットも幸せだとは思いました。

 


f:id:heitaku:20201019033151j:image

 

あと動物は言葉での表現ができないので、僕は色々考えてしまいます。

(喋る鳥はいますが果たして意味を理解しているのか)

言葉が喋れないので吠え方や尻尾を振る、動きなどで喜びの表現を表すと思いますが、どうにも本心なのか分からないのが僕には無理です。

怒っている、喜んでいる、お腹が空いている、遊んでほしい、寝たい、暑い、寒いなどの表現が明確にあるならまだいいです。

これは幼い子供にも言えることだと思いますが。

泣いている赤ちゃんを見るのも僕は嫌なくらいです。

(うるさいからとかではないです)

何となく赤ちゃんらしい泣き方とSOSな泣き方は区別できそうですが、真意は分かりません。

永遠と泣いている赤ちゃんを見ると不安になります。

 


f:id:heitaku:20201019033444j:image

 

ペットの気持ちを考えるにしても食事の面だけで言うと

本当に満足して食べているのか

沢山の種類のある餌でどれがお気に入りなのか

毎日同じ物を食べていて飽きていないのか

何を食べたいのか

好き嫌いはないのか

などを考えてしまいます。

とりあえずあれば何でも食べるでしょうが、満足、納得しているのかが気になります。

値段も様々で健康面に気を遣った餌や沢山の種類があるでしょう。

そんな中、お気に入りを見つけないといけないのかと。

あとは仕事中や出掛けている時も常にひとりぼっちで家にいるペットを考えるだけで、心配になるし無理です。

ここもかなり重要で僕には耐えられません。

 

 

考え過ぎか分かりませんが僕はこういう思考になります。

ペットを飼っている方は大半は色々理解したうえで、飼っていると思います。

ペットロスになってまた新しいペットを飼って、また飼って...と繰り返すかは分かりませんが、どこかで歯止めがかかるのか。

歳とか環境とか収入もあると思いますが。

とりあえず生半可な気持ちで飼うなとは言えますね。