ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

美味しい食べ物のデメリット

美味しいの基準は人それぞれです。

美味しい食べ物=

高い

貴重

手間がかかる

並ぶ

量が少ない

いくらでも食べられる(大袈裟)

満足する

など勝手に思いつきます。

一概に全てとは言えないでしょうが。

 

まあ僕は貧乏舌なので、全てが当てはまるわけではありません。

高い、貴重だから絶対に旨いわけではなく簡単に手が出ないわけで、たまに食べるから特別美味しいだけだったり。

美味しいというか美味しいと言わないといけない空気があったり。

身近でそこそこ割高な物が一番旨いとは思いますが。

空腹が最高のスパイスというのはよく分からん言葉です。

美味しくなくとも、食べたことでお腹が満たされれば、美味しいという表現も有りかと思います。

高いくせして満足しない、お腹一杯にならないのが愚かで一番嫌です。

旨い、不味いを感じるのは人それぞれですが、高いからには満足させろと言いたいのが僕の意見です。

大概量が少ないですし、旨くないです。

(旨くないというのは自身の舌がアレなだけで料理の批判ではない)

一緒に食べる人も重要なのは言わずもがです。

気を遣う、嫌いな人と一緒に食べる飯ほど、苦痛なものはありません。

旨い物も不味くなり、不味い物はより一層不味くなります。

そのうえ、食べ方やマナー、タイミング、時間、順番などにも気をつけないといけないので、嫌で嫌でたまりません。

(流石にクチャラーではないと思いたい)

 

少し考えるのは飲食店で店員に「美味しかったですか?」と聞かれることです。

こんなことは滅多にないですが、もし聞かれたら「美味しかったです」と答えるしかないと思います。

作り手は自信を持って作っているわけで、悪気があって聞いているわけではなさそうですし。

あまりの美味しさに感動した場合は会計時にこちらから「美味しかったです、また来ます」と言えればイケメンでしょうか。

まあその機会もないですが。

(別に不味い店に行っているわけではない)

 

今年の土用の丑の日に鰻を食べるのは厳しいですが(まさに今日21日)そのうちどこかで食べる予定です。

馬鹿高い所に行くつもりはありませんが、少しお高い所には行きたい願望が。

その場合はワイシャツ、スラックスの格好で。

鰻の不味いはあまり聞いたことないので、どこの店に行っても大丈夫だと思いますが、これで満足できなかったら最悪です。

吉野家とかの鰻丼でも普通に美味しく、豪華な食事です。

行ったら適当にブログに記載予定です。

 

 

f:id:heitaku:20200720234851j:plain

 

そして今回大感動のステーキ宮

前回記事はこちら。

 

 

約1ヶ月ぶり位の来店。

知り合いの方にご馳走になりました。

ありがとうございます。涙が出ます。

オーバーポンドなので240g×2の480g。

幸せを噛み締めながらウェルダンでいただきました。

後半冷めてカッチカチになりましたが。

やはり最強に美味しい。

こんな贅沢があっていいのかと思うくらいに。

生きていてよかったです。

生きる糧。幸せ。

大袈裟ではなく、こういった瞬間の為にお金は存在しているのだと。

今回僕のお金じゃないですが。