script data-ad-client="ca-pub-6876318613906195" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日より毎日更新開始のブログ

HIKARI提供曲のTOKIOの曲を軽~く紹介


f:id:heitaku:20200225072603j:image

画像は通常盤のgliderで。

 

 

TOKIOと言えばHIKARI。

HIKARIと言えばTOKIO

それ位印象があります。

 

HIKARIとはミュージシャンで本名、石津隆光。

TOKIOに限らず他多数のアーティストに曲を提供しています。

主にジャニーズが多いですが、その他のアーティストにも。

まあ僕はTOKIOオンリーなんですが。

wikiを見ればすぐ分かります。

 

とりあえずTOKIOの曲を箇条書きでずらっと。

wikiより。編曲含みます。

 

04515(作詞/作曲/編曲)
Symphonic(作詞/作曲)
遠い日のメロディー(作詞/作曲)
GREEN(作詞/作曲)
Southend(作詞/作曲/編曲)
glider(作詞/作曲/編曲)
フォノグラフ(作詞/作曲/編曲)
for you(編曲)
Cm(作詞/作曲)
リプライ(作詞/作曲)
Cadence(作詞/作曲/編曲)
undid(編曲)
Cross Fade(作詞/作曲/編曲) 
路傍の花(作詞/作曲/編曲)
Dream & Breeze(編曲)
見上げた流星(編曲)
ストロボ(作詞/作曲/編曲)
The Course of Life(編曲)
アリア(作詞/作曲/編曲)
story(共編曲)

 

だいぶ多いですが、いやはや僕の好きな曲だらけです。

何より自身のセレクションに入る曲が多いこと多いこと。

20曲中13曲です。

セレクションは前記事にあります。

 

実際TOKIOにハマった当初は、作詞作曲者何か何も分かりませんでしたし、気にもしませんでした。

自然とやたら聴いてしまう曲が出てきて、それがHIKARI絡みだと。

1曲ずつ軽~く二言。

上と順番が違うのは特に意味はないです。

 

 

『路傍の花』

TOKIOに完全に入り込んだ何も言うことない曲です。

圧倒的過ぎます。

過去記事。

 

『04515』

意味不明な数字のタイトルで真っ先に疑問に思いました。

歌詞も意味不明という。

(オアシスと読みます)

 

フォノグラフ

イントロ部分をやたらリピートしていました。

切ない曲で感慨深いです。

 

『遠い日のメロディー』

軽快で始まりながらも、少し重めに感じる歌詞。

花唄のカップリング曲というのがまた。

 

『for you』

シンプルで軽快で聴ける曲です。

何か優雅な雰囲気が漂います。

 

『Cadence』

聴いた当初と今では印象がだいぶ変わった曲です。

スルメ曲で絶対ハマります。

 

『undid』

静かに始まるこの雰囲気。

もっとしっかりと聴いて、歌詞を理解しないといけません。

 

『Symphonic』

幻想的でハモりがたまりません。

長瀬の「置いてけぼり~」。

 

『Cross Fade』

流れ行くようなテンポで突き進んでいきます。

「手の鳴る方へ~」がたまらないです。

 

『Dream & Breeze』

開幕のカッコよさと長瀬除くメンバーが歌っています。

まどマギのOP映像にピッタリという。

 

『GREEN』

壮大な始まりの誓いの歌。

結婚式に使用しましょう。

 

見上げた流星

幼い頃や田舎を思い出すような懐かしい感覚になります。

勝手に情景が思い浮かぶのはいいですね。

 

『ストロボ』

イントロがめちゃくちゃ好きです。

久しく聴くと別れの曲っぽいですねこれ...。

 

『story』

国分作詞作曲。

これも急上昇ソングで、思いのほかハマります。

 

『glider』

まさに大空を飛ぶグライダー感。

(伝わってください)

シングル、アルバムバージョン聴き比べましょう。

 

『Cm』

隠れた名曲とはこのこと。

めちゃくちゃ好きな曲なんですが、情報が全く出てきません。

(シーマイナーと読みます)

 

『アリア』

ハマりっぷりが最近のトレンドです。

(第3のセレクションでも書いています)

タイトルをアリアとした理由が知りたいです。

 

『Southend』

GREEN三部作の別れとなる曲。

長瀬の声では一番切なく聴こえます。

 

『リプライ』

ぐっさんが歌うことに意味がある曲です。

失恋曲で染々味があります。

 

『The Course of Life』

国分作詞作曲の最強曲。

人生の応援歌として、大変お世話になった曲です。

 

以上です。

 

HIKARI提供曲の特徴を語れと言われると、どう答えていいかは分からないのですが、これHIKARIっぽいなと感じるとしか言えません。

歌詞が深いとか涙腺にきます。

語彙力なし。分かってください。TOKIOの曲をひたすら聴けば、絶対分かってきます。

(ナゲヤリ)

だから聴きましょう。

(カンユウ)

 

ちなみに自身のHIKARI提供で好きな3大楽曲は...。

『路傍の花』

『Cross Fade』

『Cm』

です。

『The Course of Life』もなんですが、国分作詞作曲なので除外で。

 

 

改めて良い曲だらけです。

正直他のアーティストへのも聴くべきでしょうか。

あとジャニーズのSnow Manの『D.D』という曲の作曲をしているみたいです。

今人気みたいですが、そこらは余裕があったら...。詳しくないです。