ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日より毎日更新開始のブログ

カラオケでTOKIOの曲を歌うならオススメするのは...


f:id:heitaku:20191225235159j:image

オススメも何も、定番で有名でドラマの主題歌や盛り上がるといった大衆カラオケ特有の条件があると思いますが。

ヒトカラや理解のある方々の場なら好きな曲を歌うのが一番です。

この記事の紹介曲は忘年会だの新年会だのシーズンだと思いますので、カラオケ向けなTOKIOの曲でも紹介します。

書いているこちらの感覚と定番や世間の認知度に少しズレがあるかと思いますが。

 

紹介していきます。

 

第1陣(ド定番)

 

『LOVE YOU ONLY』

ご存知デビュー曲で、世代ならば知名度はあるでしょう。

「君」の部分を好きな人の名前に変えるのが定番でしょう。気になる子がいるのならば挑戦してみましょう。

カラオケ映像が甘酸っぱい恋の物語で、ちょっと恥ずかしいのが難点ですが。

ツヨシしっかりしなさい!のOP曲ですがアニメ映像はありません。

クールに落ち着いたように決めたければ『LOVE YOU ONLY(10th)』を歌ってみるのも有りです。テンポがゆっくりなだけで、難しくはありません。

 

『AMBITIOUS JAPAN!』

紅白や音楽番組などでは定番で、新幹線でもメロディを聴いたことがある人も多いでしょう。

リーダー渾身の「I get a true love」の部分をカッコよく決めましょう。

サビを除いたパートは落ち着いたテンポで歌いましょう。

簡単に歌いやすい曲かと思います。

 

『花唄』

前向きソングで桜や春、出会い、祝い事にピッタリな曲です。

後半部分の「無口でも~」からテンポが少し難しいので、少し予習が必要かもしれません。

「Lalala~」も少ししんどいかもしれません。

とはいえ間違いない曲です。いわゆる王道というやつでしょうか。

 

『宙船』

TOKIOならば、こちらが一番王道と呼べる曲でしょう。(花唄でも言ったくせに)

イントロからのワクワク感、始まる感があります。

自信を持ってカッコつけて歌いましょう。

後半のテンポがグダグダになる可能性があるかもしれないので、頑張って歌いきりましょう。

しかし普通にそのまんま歌えば、流れるように歌えると思います。難しくはありません。

 

 

とりあえずこれら4曲は間違いなしと断言できるレベルです。知らないなど文句を垂れる人間がいたら、帰宅していただきましょう。

盛り上がりも含めて、定番、分かりやすさが共通しています。

歌い方として『花唄』と『宙船』が一部少し難しい箇所があるくらいでしょうか。

 

 

第2陣(まあ大丈夫なラインだと思いたい、アニメ映像有り)

 

『カンパイ!』

「カンパイ!」の連呼で何とかなりますが、歌詞の部分は結構曖昧な場合があるかもしれません。しかし歌いやすいですし、分かりやすいと思います。

飲みの席ならまさに乾杯です。

長渕剛の方はよく分かりません。

 

『リリック』

ドラマ、泣くな、はらちゃんの影響で知名度は昨今でも十分かと思います。(といっても2013年)

男らしいラブソングで重くもなく、シンプルストレートかと思います。

長瀬の作詞・作曲という点を大いにアピールしましょう。

女受けもいいかと思います。

 

『雨傘』

椎名林檎提供曲でドラマ、ヤスコとケンジの主題歌です。

盛り上がりはなく、ややしんみりですが独特の雰囲気で楽しめると思います。歌詞も面白いと思います。

盛り上がりの雰囲気からちょっと空気を変えるタイミングで選曲してみましょう。

 

『うわさのキッス』

キテレツ大百科のEDで、アニメ作品では一番メジャーかもしれません。

映像有りで堪能できます。

例の問題の件で色々ありますが、ノリノリに歌いましょう。

 

ハートを磨くっきゃない

作品は観たことなくても、聴いたことある!となる場合が多いかと思います。

こちらもノリノリでアニメ映像有りで、痛々しくはないので大丈夫かと思います。

歌詞や歌い方に注意するポイントもなく、簡単です。

 

Everybody Can Do!

こち亀の主題歌で上2つよりは知名度が微妙かもしれません。

(作品というか歌が)

あとテンポが結構厳しく、難しい歌かと思います。

EDでは同じジャニーズ繋がりで嵐の『ナイスな心意気』もありますが、どちらの方が知名度が上でしょうか。

(多分嵐かと思いますが)

 

 

ここらの曲も、盛り上がってくれます。

下3曲はアニメ映像もある為、周りの人間を考えて選曲しましょう。例え曲とアニメを知らなくとも、映像を観て楽しんでもらえる有りなパターンがあります。

 

 

第3陣(ドラマタイアップ曲)

NaNaNa(太陽なんていらねぇ)

太陽と砂漠のバラ

『DR』

『自分のために』

『メッセージ』

『フラれて元気』

『fragile』

『Mr.Traveling Man』

『青春(SEI SYuN)』

『愛!wanna be with you...』

ひとりぼっちのハブラシ

 

丁寧に紹介はしません。すいません。

全てドラマ主題歌攻めで、分からない人には全く分からない場合もあるので危ないかもしれません。

しかし比較的世代ならノッてくれると思いたい曲達です。

以下4曲が反応が良さそうと勝手に判断します。

NaNaNa(太陽なんていらねぇ)

『Mr.Traveling Man』

『自分のために』

『フラれて元気』

盛り上がりの面でも全然有りかと。

 

 

第4陣(個人的にいけそう)

『advance』

『KIBOU』

見上げた流星

明日を目指して!

『Love&Peace』

『愛の嵐』

『19時のニュース』

 

何をもっていけそうなのか。こちらは紅白、ドラマ、CM曲が多いです。サビで分かってくれるとは思いたいです。

 

 

ネタ枠

『みんなでワーッハッハ!』

『いぶし銀』

 

笑ってくれないと困る曲です。

ただそれだけ。

 

 

特別枠(人生への応援歌で歌詞重視の受け入れてくれる人向け、完全な自身のチョイス)

『路傍の花』

『The Course of Life』

『Cross Fade』

『yesterday's』

『君を想うとき』

 

 

歌詞を意識させ、理解していただきましょう。

いい歌だと言ってくれるでしょう。

完全に趣味曲です。歌わないのが無難かもしれません。

(決して暗くなる曲ではない)

 

 

今日の曲紹介。

あまりにもTOKIOの曲を記載したので、今回はお休み。

1曲でも気になった、聴きたくなった曲がありましたら、とても嬉しいです。

 

少しでも興味がありましたら過去記事ご覧くださいませ。