ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

TOKIO17周年の17枚目の17曲の17

たまたま17日で、なんという偶然!

2012年発売の17周年の17枚目のアルバムで、17曲収録の『17』です。

(松岡によって発案されたものです)

 

収録曲と曲順が通常盤と初回盤で異なり、自身は通常盤の方の印象が強いです。

シングルCDをいくつか購入していたことによって(ブログ2日目参照)一部収録曲、未収録曲などが分かり、聴く順番や曲の印象が違います。

 

『The Course of Life』(HEART収録)

自身の5大TOKIO楽曲の1つ。

国分の作詞作曲曲であり、これが素晴らしい曲です。

歌詞の好きすぎる所がめちゃくちゃあります。

「ルートは一つじゃなくていい」

「歩く歩数だけ大人になったね」

「答えは一つじゃなくていい」

優しい応援歌で、これからの人生の生き方のヒントになります。

やはり

「前途有望な旅には~」

ここからの一連の流れが、この曲最大の見せ場ですね。何度もリピートしてしまいます。

そして後半のサビの落とす所が好きすぎます。ここ上手に歌えるようになりたいです。

翻訳すると「人生の流れ」です。

これからの長い人生を生きるテーマとなる、ぴったりな曲です。

(大切な人がいればなお良し)

 

『archive』

このアルバムで2番目にハマった曲です。

長瀬作詞・作曲曲です。

前奏のワクワク感、徐々に始まっていくドキドキ感がたまりません。

「冒険なんてそこら中に溢れてた」

「心にはドンズバで感じたい」

長瀬らしさが分かるような歌詞です。

1718ライブでのトップの曲で、ぐっさんの演奏がめちゃくちゃカッコいいです。

何でか知らないですが、サビ部分が昔CMで聴いたことある印象を受けます。

(こちらの曲のCMなんかありませんし、もっと幼い頃なので幻の記憶です)

 

『雨傘』(HEART収録)

最初は歌えませんでしたが、いつしか歌えるようになりました。とはいえ初っ端をいかにカッコよくできるかです。

演奏が難しいらしく、大変そうだと言われています。音楽番組などで苦戦していたみたいです。

歌詞には「五官」「脳味噌」「気圧」「文明」など面白いことになっています。

椎名林檎の作詞・作曲ですが、彼女については名前ぐらいしか分からないです...。

紅白出場曲です。

 

見上げた流星』(HEART収録)

ドラマ高校生レストランの主題歌です。

幼い頃の懐かしさが感じられるような曲です。田舎というか緑で自然豊かな情景が思い浮かびます。

この曲ではリーダーの声が一番好きです。

カラオケでは難しく、断念です。

紅白出場曲です。

 

『ロースピード』(HEART収録)

松岡作詞・作曲曲です。

歌詞の分かりやすさが何よりこの歌の好きな所です。ストレートです。

「不安と期待のバトル」

「海に飛び込むあの時と同じ気持ち」

松岡らしいです。

もう歳も歳とは何歳ぐらいなのか気になるところです。(この年の松岡の年齢は35歳ですが)

 

『自由な名の元に』

作詞リーダー、作曲国分です。

17と掛けてリーダーがタイトルを考えました。

やはりリーダーはセンスが違いますね。

しんみりとした落ち着いた曲です。

変わらない現状、日常の葛藤で、行き詰まってるように感じます。

 

『Sometimes』(HEART収録)

『あきれるくらい僕らは願おう』

2つにまとめてしまいましたが、どちらもイントロの雰囲気、寂しさと切なさを受けるような印象です。

決して悲しい曲ではないのですが。

こうなると『自由な名の元に』にも近い印象を受けてしまいます。

曲のテーマとしても似ていなくもない...のか?

いや、全然違うんでしょうけど、この3曲の皆様の感想も聞きたいものです。

 

『NaNaNa(太陽なんていらねえ)』

いろいろな面で有名かと思います。

FNS歌謡祭、ライブでのキスなど、語りつくせないことになっています。

FNSでは客席のKinKi Kidsの二人が大爆笑しているのが微笑ましいです。

「みんなジャンプ!」「このままじゃ終われない!」「玉置さん、まだ間に合います!」「来ませんでした!」など名言連発です。

有名なので動画が残っていると思います。

ライブの方はDVD1718を購入しましょう!

舌を絡める濃厚なものが...。

曲の紹介せず、すいません。

 

『More』

リーダー作詞・作曲でソロの全て英語の曲です。

誰か全部翻訳してくださいませ。

 

『Autumn』

こちらは松岡曲です。

松岡節全開な大人の曲で、バーなどで流れていそうな雰囲気が漂います。

 

『advance』

『KIBOU』

過去に軽く紹介しましたが、お馴染みクロネコヤマトのCM曲です。

配達ということで共通して「届ける」や「伝える」といったテーマとなっております。

タイアップぴったりのヤマトの制服が似合う5人は必見!

CMと普通に聴くのでは、また雰囲気が違って面白いです。どちらもサビから流れますが、KIBOUの方は別の曲のように印象が変わって聴こえます。

どちらも紅白で披露した曲です。

 

以上になります。

 

順位は記載していませんが、HEART収録曲が6曲あります。

(もう1つはスベキコト)

紅白出場曲も5曲あります。

(もう1つは太陽と砂漠のバラ)

 

紹介してない曲も良曲揃いなので、ぜひ聴いていただきたいです。

HARVESTに続いて、聴きやすいアルバムだと思います。

DVD1718もオススメです。

 

 

17(通常盤)

17(通常盤)

 

 

 

 

TOKIO LIVE TOUR 1718 [DVD]

TOKIO LIVE TOUR 1718 [DVD]