ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

2020年 山口達也 松岡昌宏 誕生日 TOKIO


f:id:heitaku:20200107022141j:image

 

1月10日 山口達也 48歳

 

1月11日 松岡昌宏 43歳

 

 

誕生日です。

おめでとうございます。

ぐっさんの件は僕の中では5人のTOKIOなので問題ないです。

 

実は知り合いの方にTOKIOの中で、この2人が苦手(嫌い)だという方がいたんですよ。

けしからんですね。

理由を聞くとまあ分かる、納得する理由だったので僕もその場で大爆笑してしまいましたが。

理由はあえて書きませんが、一般人に言っても「なんとなく分かる」とか「確かに」となる可能性があります。

まあ僕は好きですよ。皆大好きですよ。

僕は音楽面でTOKIOのメンバーを見るのですが、この2人の楽曲は他の3人に比べては特殊というか、少し好みが分かれますかね。

 

順位付けとか好きじゃないですが、失礼ながら音楽面の好みは僕の場合は

長瀬>国分>リーダー>マボ>ぐっさん

になりますね。

(作詞・作曲)

 

長瀬は圧倒的に曲を沢山書いてますし、シンプルストレートな印象からラブソング、2013年以降からは初期とは違う印象が感じられますね。

 

国分は結構ふざけてる曲が多いかと思えば『The Course of Life』で完全に好きになりました。

(ふざけてる曲とは一部なので悪しからず)

 

リーダーは流石というべきか言葉遊び、違う観点からの見方が上手ですね。普通思い付きませんもん。

 

そんな中、今回の2人のオススメ曲となる曲を簡単に紹介。

 

マボ曲

『ロースピード』

これはマボ曲で圧倒的に刺さる曲なんです。過去記事でも書いてた気が。

応援歌なので、頑張りたい、辛い方は聴いてくださいませ。共感できる、シンプルな曲です。

他にも数あれど、他は松岡節のカッコいい夜の雰囲気漂う曲が多いです。

 

ぐっさん曲

『switch』

これぐっさん作詞・作曲なんだ!と思った曲です。

(あんまり書かない印象があるので...)

ちょっと切なく感じながらも、力強い曲です。「お前」って言うのがポイントですね。

あと『as one...』も大好きです。

 

はい、簡単に紹介しました。

あと誕生日ということでやはり

『HAPPY BIRTHDAY』を忘れてはいけませんね。

 

 

 

TOKIOの各メンバーの誕生日、年齢まとめ。

(2020年1月11日現在)

長瀬智也 1978年11月7日 41歳

国分太一 1974年9月23日 45歳

城島茂 1970年 11月17日 49歳

松岡昌宏 1977年 1月11日 43歳

山口達也 1972年 1月10日 48歳

 

2020年、新たな活躍、ニュース、情報を楽しみに待ってます!

 

画像の17のアルバムを載せた理由は特にありません。

パッと出てきたので。