ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

一時期頭の中から離れなかった中毒性のあったアニソンまとめ

星の数ほどアニメソング(所謂アニソン)がありますが、一時期バカみたいに聴いていた曲というものは沢山あります。

そのアニメにハマっていたというよりかは、ふと思い出したり、ふいに頭の中で流れて引き込まれるなど様々です。

 

 

今回10曲を簡単に紹介しますが電波ソングとかそういう部類は少ないとは思います。

甲高い声とか萌え萌えしい声は苦手だったりするので。

(アニソン対して失礼だが)

でもそういう曲は多いかもしれません。

OPとED曲になります。

挿入歌やキャラソンは除きます。

できる機会があればそちらも書きたいです。

 

 

 

目次

 

 

 

最強ロボ ダイオージャ

 

f:id:heitaku:20210316230452j:plain

 

 

タイアップ:最強ロボ ダイオージャ

 

リリース:1981年

 

歌:たいらいさお、ザ・ブレッスン・フォー

 

作詞:伊藤アキラ

 

作曲:渡辺宙明

 

最強ロボ ダイオージャのOP曲です。

今回のチョイスの中では唯一の男性アーティストとなります。

カラオケのテレビサイズならアニメ映像があるのでオススメします。

一度聴けば容易に歌うことのできる簡単な曲で、そのうえ頭から離れません。

バックに聴こえる

「オーオーオー」

「ヘイヘイヘイ」

「クロスソード」

「クロストライアングル」

「最強最強最強」

の部分も必ず歌います。

力強いこぶしのある歌です。

こういった歌が今の時代必要であり、作品のタイトルを叫ぶことを恥ずかしがってはいけません。

YouTubeにはアニメ水戸黄門の映像に合わせて流れているのがあります。

そしてたいらいさおによるライブ映像では歌詞に合わせてのカメラワークや盛り上がりが面白いのでこちらもオススメです。

 

 

 

『バーチャルスター発生学』

 

f:id:heitaku:20210316230523j:plain

 

 

タイアップ:少女革命ウテナ

 

リリース:1997年

 

歌:上谷麻紀

 

作詞:J.A.シーザー

 

作曲:J.A.シーザー

 

少女革命ウテナのED曲です。

歌詞の意味不明さがトップクラスな歌です。

しかしながら妙にハマり、いつしか忘れられない曲となります。

この曲だけは歌詞を全部載せます。

少しでも気になったら聴きましょう。

 

太古、完全、砂漠に孤独
空気、原子、因果律

そう、土地の子
受胎
哲学の胎児

卵、完全、入れ子に起源
雄蘂 雌蘂 一粒の種

そう、土地の子
成長
哲学の子供

そして
月天 水星天 金星天
太陽天 火星天 木星
土星天 恒星天 原動天

さらなる円環無限に果てなき

一つの有機的な機関
一つの永久運動装置

アー空動なり
そは、空動なり

そして
月天 水星天 金星天
太陽天 火星天 木星
土星天 恒星天 原動天

さらなる円環無限に果てなき

一つの有機的な機関
一つの永久運動装置

アー空動なり
そは、空動なり なり

 

 

 

ふ・れ・ん・ど・し・た・い

 

f:id:heitaku:20210221014401j:plain

 

  

タイアップ:がっこうぐらし

 

リリース: 2015年

 

歌:学園生活部(水瀬いのり小澤亜李M・A・O高橋李依)

 

作詞:くまのきよみ

 

作曲:藤本貴則

 

がっこうぐらしのOP曲です。

可愛らしいキャラクターと声優陣で虜になった曲です。

PVの振り付けも大変可愛らしく観るだけで、にやけるでしょう。

OP映像が回を重ねるごとに変わっていったのが話題になりました。

開幕のシタイ(死体、やりたい)という歌詞は色んな意味で考えられるでしょう。

「シタイから!」

「シタイなら!」

「シタイとき!」

「シタイでしょ!?」

ご注文はうさぎですか?(略称:ごちうさ)のOP曲の『Daydream café』に似た印象を覚える方もいるでしょうか。

あちらも中毒性のある曲でしょうが敢えて取り上げませんが。

この時期はアニメから離れていましたが、この2作品は何か流行ってるなぁと当時思っていたと思います。

 

 

 

MIRACLE RUSH

 

f:id:heitaku:20210221014442j:plain

 

 

タイアップ:咲-Saki-阿知賀編

 

リリース:2012年

 

歌:StylipS(石原夏織能登有沙小倉唯松永真穂)

 

作詞:こだまさおり

 

作曲:山口朗彦

 

咲-Saki-阿知賀編のOP曲です。

StylipSの初期メンバーの曲で、こちらも可愛らしさ満載です。

麻雀作品なのでギャンブルというか挑戦的で前向きな歌詞の雰囲気が好きです。

サジェスチョン、ジレンマ、ギャンブラー、サディスティックなどカッコいいです。

それを声優が歌っていると思うとときめくのです。

2012年ということで結構前の曲となり意外でした。

色んなアニメを観ていた時期だったと思いますが、咲には興味がなかったので全くをもって記憶になかったりします。

山口県のニュースではイントロが使われているみたいです。

(YouTubeのコメントより)

 

 

 

ギブミー・シークレット』 

 

f:id:heitaku:20210221015229j:plain

 

 

タイアップ:ハイスクールD×D3期

 

リリース:2015年

 

歌:StylipS(能登有沙松永真穂豊田萌絵伊藤美来)

 

作詞:真崎エリカ

 

作曲:宮崎まゆ

 

ハイスクールD×D3期のED曲です。

こちらも同じくStylipSですが、ゆいかおりが脱退した後のメンバーです。

ノリノリソングで可愛らしさと元気の良さが全面に出ています。

当時(といっても2018年)TSUTAYAでパッケージに惹かれレンタル落ちを買い、車内でバカみたいに聴いていました。

(何度リピートしたか)

アニメとしてはハイスクールD×Dは1期しか観ておらず、そちらのED曲の『study×study』も同様にかなりハマる曲です。

(そちらは初期のStylipS)

ぜひそっちも聴いてほしいです。

梶裕貴竹達彩奈の共演作品ですがこの作品が馴れ初めのきっかけなのかは不明です。

 

 

 

『18』

 

f:id:heitaku:20210221015431j:plain

 

 

タイアップ:下級生2~瞳の中の少女たち~

 

リリース:2004年

 

歌:カチューシャ(河原木志穂中島沙樹美弥乃静)

 

作詞:菜那万里亜

 

作曲:福笑太郎

 

下級生2~瞳の中の少女たち~のOP曲です。

タイトルは『じゅうはち』と読みます。

イントロから昭和を感じる古臭さもありながら、一度聴けば妙にハマる人続出となると思います。

開幕の

「Bi-Bi-Bi-Bi Bi-Bi-Bi-Bi YAN YAN YA YA YAN」

は誰もが衝撃を受けるでしょう。

そして後半には台詞パートがあり、恥ずかしいです。

OPとEDがどちらもカラオケ映像にあることはあまりにも有名で実写の映像が突然映し出されます。

自身のカラオケの十八番曲として歌っていましたが、知らない周りの人達もノってくれました。

EDの『恋の歌』も名曲なのでぜひ聴いていただきたいです。

 

 

 

凛花

 

f:id:heitaku:20210221015510j:plain

 

 

タイアップ:らいむいろ戦奇譚

 

リリース:2004年

 

歌:らいむ隊(清水愛音宮つばさ笹島かほるあおきさやか相本結香)

 

作詞:Lime

 

作曲:佐藤和豊

 

らいむいろ戦奇譚のOP曲です。

CDをメルカリで一生懸命探した、めちゃくちゃ欲しかったアニソンです。

演歌ではありませんが日本らしい雰囲気と歌詞で美しいものです。

中毒性と言う意味では薄いかもしれませんが異様に聴いていました。

「防人となれ~」の部分にハマります。

声優が披露しているライブ映像は有名で、全員絶妙に下手な感じと振り付けが面白いです。

(バカにしていない)

過去サンテレビで6時に放送され、苦情の嵐だったそうです。

原作はエロゲーでアニメでは性描写がそこそこある作品ですが、個人的にめちゃくちゃエロいシーンはなかったりします。

(綸子の入浴時にはお世話になりましたが)

 

 

 

『1000%Sparking!』

 

f:id:heitaku:20210221020939j:plain

 

 

タイアップ:ネギま!?

 

リリース:2006年

 

歌:ネギ・スプリングフィールド(佐藤利奈)、神楽坂明日菜(神田朱未)近衛木乃香(野中藍)、桜咲刹那(小林ゆう)

 

作詞:こだまさおり・佐藤こづえ

 

作曲:大久保薫

 

ネギま!?のOP曲です。

クラスメートが31人いるので何人かのメンバーに分かれ歌詞や台詞のバージョンが違いう面白い曲です。

(多分10種類近くある)

一番馴染みがあるのがネギ、明日菜、木乃香、刹那の4人のバージョンです。

CDを頑張って全部集めようとした時期がありましたが、全部見つけられず中途半端になって諦めました。

ハッピー☆マテリアルの方は1月~6月を全部持ってました。

やはり台詞となるとネギ先生

「待って、ねえ待って!父さんでしょ!?」

の部分がお気に入りです。

様々なバージョンの台詞部分を聞いてほしいです。

 

 

 

『Romantic summer』 

 

f:id:heitaku:20210221013849j:plain

 

 

タイアップ:瀬戸の花嫁

 

リリース:2007年

 

歌:SUN&LUNAR(桃井はるこ野川さくら)

 

作詞:桃井はるこ

 

作曲:桃井はるこ

 

瀬戸の花嫁のOP曲です。

タイトルの通り夏や海、砂浜を象徴するようなアニソンで高校時代にやたらハマって聴いていました。

アニメでのサビ部分の謎ダンスは有名です。

作品としてはギャグ要素満載の評価の高いアニメですが、自分にはそのノリが合わなかった記憶があります。

(確か3話位までは観た記憶)

霜降り明星粗品が大好きなアニメだそうです。

この曲で桃井はるこを知りましたが、そのずっと前から彼女は曲を出しているようでした。

野川さくらに関してはD.C.で知ったと思います。

 

 

 

『お願いマッスル』 

 

f:id:heitaku:20210221013836j:plain

 

 

タイアップ:ダンベル何キロ持てる?

 

リリース:2019年

 

歌:紗倉ひびき(ファイルーズあい)&街雄鳴造(石川界人

 

作詞:サイドチェスト鳥屋

 

作曲:サイドチェスト鳥屋・シックスパック篠崎

 

ダンベル何キロ持てる?のOP曲です。

 

異様な程の盛り上がりとなった2019年を代表するアニソンかもしれません。

昨今でもこんなに流行った曲はないと思います。

中毒性はトップクラスで一度聴けば耳に焼き付いて残ります。

ゴリ押しとかそういう曲でもなく、ネタ枠でもありながらアニソンとして評価が高いです。

日本のみならず世界でも愛されベトナムではブームらしいです。

歌詞としても前向きでモチベーション向上やまさに筋トレにピッタリの聴くプロテインです。

YouTubeの再生数が全てを物語っていますが低評価の数も凄まじいものとなっています。

 

 

最後に

 

アニソンと同様に特撮系も好きですが、特撮だと中毒性という表現は少し違うかもしれません。

勿論聴いてしまう曲はありますが。

何にしても音楽を聴くことで当時の情景を思い出したり、色々感じられます。

しかしながら最近は仕事中や音楽を聴いていない時に頭の中で流れる曲があまりありません。

気付けば独り言のように鼻歌を歌っている気持ち悪い日常があったのですが、最近は控えめです。

ふとした時に頭の中にやってくる曲も今後あれば紹介したいです。

 

 

アニメのED曲の過去記事はこちら。