ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

情けないつまらないパターン

狙っているのにつまらない

ヤラセをしているのにつまらない

大声を出しているのにつまらない

 

これらは痛々しい、恥ずかしくて見ていられません。

(共感性羞恥心のパターンもあり)

何に対して言っていることかと言えば

卒業式の返事

タートル・トーク

漫才、コント

ドッキリ全般

くだらないYouTuber

などでしょうか。

主にYouTubeで観れるものです。

あとはテレビ番組やCM。

日常で関わる人間。

(主に学生時代)

別に最近そういった作品を観たとか場面に出くわしたからとかはありません。

ただそういう場面や光景を幾度となく観てきてイライラします。

誰でもあるでしょうけど。

 

 

テレビでもYouTubeでもヤラセは別にいいですが、観ているこちらを満たしてくれないクオリティが最低です。終わってます。

ヤラセと分かって観る、ヤラセ前提で楽しむエンターテイメントなら、突き詰めてほしいものです。

ヤラセをしてまでもゴミクズな仕上がりというのが問題です。思わく通りに運んでいながら、観るに耐えないクソっぷり。

くだらないのが面白いという意見もありますが、どうにも合わないです。

合う人だけ集めて楽しめるのがYouTubeで、それはそれで好きな人はどんな出来だろうと素直に観るでしょう。

忖度もヤラセと違う意味ながら似たようにも感じられます。

 


f:id:heitaku:20201007154351j:image

 

と、懐かしの藤岡弘、探検隊を思い出しただけです。

最高の特番です。

川口浩探検隊は世代ではありません。

この当時、ヤラセというものを知らず純粋に観ていたと思います。

狙ったタイミングで矢が飛んでくる、落石、ボートの転覆、アナコンダに巻かれる、タランチュラやサソリに遭遇、後ろ姿の発見(ジュンマ)など本気でビビりながら、盛り上がって観ていました。

隣で観ていた親は何を思っていたのか分かりませんが。

当時ビデオに録画して何度も何度も観ていました。

EDにはロッキーのテーマが流れます。

ラストに藤岡弘、の帽子が飛ばされ川に流され終わるシーンが印象に残っています。

 


f:id:heitaku:20201007153305j:image

 

藤岡弘、の過剰さは色んな面で有名ですが(コーヒーとか)ああいうのをバカにする人とは気が合いません。

エンターテイメントを分かっている方です。

本気なのか演技なのか演出なのか。

つまらないことも演者のやり方次第でガラッと変わると思います。

逆もあります。

 

何でもかんでも観たくなるのは過去のものばかりです。

今のものに対する否定はろくに観ていない(観たくもない)ので偉そうには言えませんが、この考えも改めないといけないのか。

コンプライアンスとか規制のせいでやりたいことができないなんて言わせません。

いくらでもできるだろと。

クイズ番組、YouTubeの動画の垂れ流し、動物に声を入れる演出、ドッキリ全般の番組など。

よくあるクイズ番組はいつから東大や特定の人間ばかりを出すようになったのか。

内輪盛り上がりなら別のところでやってろと。

 

まあしかしこうやって文句、否定ばかり言う自分が一番つまらない人間かもしれませんが。