ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日より毎日更新開始

ざーさん結婚で思い出したのはこの2つの作品

先週あたりに花澤香菜小野賢章の結婚がありました。

おめでとうございます。

そしてその前日は水樹奈々の結婚。

こういうニュースはいいですね。

 

 

花澤香菜の主演作品など腐るほどありますが、その中でも僕が思いだすのはこちらの2作品。

 

森田さんは無口


f:id:heitaku:20200711171348j:image

 

5分間のショートアニメで当時ニコニコ動画で配信され何も考えずに気軽に観ていました。

(まあアニメなんぞ無心で観るのがベストかと)

戸松遥早見沙織南條愛乃という、当時ニワカでも分かりやすい声優を起用しています。共通して皆可愛いキャラクターという。

委員長が好きでした。

「この役立たず!」という言うシーンが何か印象に残っています。

OPがある意味中毒でLINDBERGの『もっと愛しあいましょ』を野水いおりがカバーしています。

OP映像でイルカの遊具に股がって遊ぶシーンで盛り上がっていた記憶があります。

2期は『にゃあにゃあ気分』という曲でこれも妙にハマる曲です。

 

 

 

変ゼミ

 


f:id:heitaku:20200711234054j:image

 

これは専門学校入学時のタイミングでBS11の23時頃にやっていたかと。

EDの可愛いらしさにヤられた作品です。

『Punctuation!』という曲で言葉遊びっぽい歌詞で是非とも聴いていただきたいです。

作品の内容としては下ネタやグロ系で人を選びます。絵も好みが分かれるかと。

エロくはないですが、気分を害すこともある作品です。特に漫画の方は。

女体盛りの話が気持ち悪かった記憶があります。

もしかして評判としてはあまり良くなかった作品かもしれません。

 

 

世代的に簡単にあげると俺妹、化物、はがない、ISなど萌え豚が好む作品が真っ先に思い浮かびます。

歌だと『星空☆ディスティネーション』のCMがやたら流れていたのを覚えています。

素足で寝そべっているアレです。

あと有名なセキレイでの「マダダレーモー」

かんなぎのざんげちゃんなど。

あとはよく脇汗スパイシーや服のセンスなどもネタにされていたかと。

 

というかときメモ4にも出ていますね。

常にヘッドホンをしている銀髪の子だったかと。確か攻略しなかった記憶が。

何か色々キリがないので、この程度で。

ガチ勢でも何でもないので面白味のないことしか語れません。

 

今後もめでたいニュースはどんどん来てほしいものです。

 

ついでに水樹奈々に軽く触れるとシスプリ亞里亞を思い出します。

ただそれだけ。