ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日開始のブログ

風邪の看病の妄想をしましょうか

今回は看病の妄想記事です。

前回は公園デートの妄想記事。

 

男と女どちらが風邪をひいているのかは何となく分かってくださいませ。

(基本男なんですが)

少し分かりづらいかもしれません。

エロ展開に繋りやすいので、省略部分が多いです。部屋に2人きりなんてそんなものでしょう。

 

 

 

①お姫様だっこでベッドへ

よろよろでも動こうとする彼女をひょいと持ち上げ、ベッドへ。

良い匂いがします。

ジャージorパジャマ姿の可愛さ。

バランスを崩して覆い被さってしまうパターンは定番でしょう。胸に触れるとか。

エロ展開に繋がる場合が多し。

 

 

②濡れタオルをピタッと

よく見る桶に水を入れて絞って頭に乗せるアレ。女の子が絞る仕草はときめきます。ちょっと力不足で不器用な感じが。

チョロチョロ水が滴る音も良いですね。

実際濡れタオルは効果あるか分かりませんが。熱さまシートでもいいかと。

どちらにせよ頭に触れたり、近い距離感なのでドキドキします。

 

 

③おでこをくっつける

濡れタオルと似たようなものです。

手でも良いですが、やはりおでこでしょうか。

体温計がない為にこの方法なのです。

強引につけるパターンに女性はドキッとするでしょう。

思わず期待して目を閉じたり、キス顔になってしまうパターンも。

ドキドキも相まって色々期待してしまいます。

 

 

④料理の音、調理をする彼女の後ろ姿

風邪となれば消化に良いものを彼女が作ってくれます。

(おかゆ位しか思い付かないですが)

よくある早朝の包丁トントンとか味噌汁を小皿で味見する似たシチュエーションかと。

エプロンが理想でしょうが、自分の家に来てくれたので、そのまんまの格好でしょう。

上機嫌で鼻歌を歌いながら得意気に料理をします。

そんな後ろ姿をゴホゴホしながら眺めます。

 

 

おかゆをフーフー

自分で食べれると言いますが、食べさせようとしてきます。

おかゆフーフーは憧れますが、あーんには、そんな憧れはないですね。

フーフーの口がエロい。

「私が食べさせてあげる」

「ダメだよ食べなきゃ」

 

 

⑥口移し

大サービス。キモいでしょうか。あり得ないでしょうか。

「口開けて」

「こうしてあげる」

アレなので省略。

 

 

⑦散らかっている部屋を片付ける

普段から散らかっているのに、風邪なら更に散らかります。

服や食べ終わったゴミ、鼻をかんだのか怪しい大量のティッシュ

それ含め色々見られたくない物を見られる可能性があります。こちらは体が不自由だったり寝ている為、どうにもなりません。

片付けてくれる彼女は一体何を思うか。

風邪が治ったら色々暴露されます。

 

 

⑧寝たのを確認したらキス

寝ていて気付かないので、キスされたことは分かりません。しかしされた瞬間にちょうど目を覚めるとか違和感を感じるなどあるかと。

翌日起きると誰かにキスをされた夢を見た感覚が残ります。

口よりかはほっぺなのでしょうか。

「キスしちゃった///」

と1人で興奮します。

 

 

⑨メモに伝言を残して帰る

メモにはご飯はここにあるとか早く治してねなど可愛らしい文字で書いてあります。

顔文字やキャラクターも書いてある場合が。

律儀に長文で、こうしろああしろ的なメッセージを残す場合も。

キスしてからメモを残し帰るのが流れとしてあるイメージです。

 

 

⑩体を拭く

これは実際どうなんでしょうか。

あるあるですが現実では...。

アレなので省略。

 

 

⑪風邪が移る

あるあるですね。治ったと思ったら今度は看病側に移る展開。

それはそれで逆転の立場となります。

調子に乗ったり、お返しがてら色々やります。

(ヤります)

 

 

⑫行為

ヤると風邪が治ると聞きますね。

そうでなくとも自然な流れなのか。

アレなので省略。

 

以上です。

 

 



f:id:heitaku:20200222044217j:image

画像はこちらで。

みんな大好き虹野さん。

当時この展開には興奮しました。

(修学旅行時なのでホテルです)

虹色の青春だと夜遅く神社で、ずぶ濡れに待つ展開で自宅介抱です。

懐かしくなり久しく動画を見たら指切りや留守電のくだりにうるうるしました。

王道のストーリーですが色々思い出してきました。

というかこんなイベントあったのか...となるのがチラホラ。

虹野さんは永遠のヒロインです。

みのりちゃんも可愛いです。

 

実際風邪は移る可能性を考えたら看病には来るべきではないと思います。

最悪マスクをするとか。

しかしよくある看病シーンではマスクをしている場合なんてありませんね。

まあ相思相愛なら風邪が移っても平気なんでしょうね。

あまりにもクラクラして外に出れない、冷蔵庫まですら歩けない、家の中に食材がない場合は来てほしいものですね。

風邪は基本寝るしか治らないと思うので。

ふと目が覚めたら、彼女も伏せて寝てるとかもいいですね。

 

風邪だということを知る(聞く)経緯も重要です。しっかり情報が入ってきます。

学校やバイト先なら

先生(店長)が「誰かプリント(差し入れ)持っていてくれないか」など。

周りが囃し立てたり、行ってやれよムードが。

男なら「お前が行ったら喜ぶぞ!」「チャンスだぞ!」「男見せろ!」「そのままヤってこい!」的な。

ゴムを渡されたり。

女性なら数名のクラスメートと途中まで家の前まで行き、そこから「あとは頑張ってね!」「ファイト!」「返事待ってるよ!」「落としてきなさい!」的な。

去って応援するパターンとか。

前々回のアパートの隣人記事なら、咳の音が響き、心配して様子を見に来てくれるとか。

 

あとは風邪が彼女側だった時の言われたいセリフでも。

「そばにいて...」

「帰らないで...」

「1人にしないで...」

「ずっと、風邪、ひいていたいな...」←虹野さんの名セリフ

「治ったら一緒に...」

...がポイントですね。

痛いですかね。幻想ですかね。

はい、キモいですね。

 

妄想って良いですねー。