ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日より毎日更新開始

『フラワー』 KinKi KidsとTOKIO

溢れんばかりのカバー曲が世の中にあり、本家に勝るものはあまりないでしょう。

YouTubeで検索して聴いたら、カバーや歌い手、素人の歌声だった時の怒りと言えば...。

無駄に再生数があるから、分かりづらい。そしてタイトルとかも普通ですし。詐欺に近い。

イラつく愚痴はこれ位で。

 


f:id:heitaku:20200120162252j:image

 

王道ながらKinKi Kidsの『フラワー』は超超名曲ですね。

歌詞が分かりやすい、歌いやすい、耳に残る、ノリノリになる、元気を貰えるなど本当いいこと尽くしで。

夏を印象する曲でもあるかと。

『フラワー』はTOKIOもカバーをしております。

アルバム「TOK10」には歴代ジャニーズの方々の曲をTOKIOがカバーしています。

(V6までの)

今回は各曲を紹介するわけではないんですが、どちらの『フラワー』も、めちゃくちゃ最近よく聴くので。

 

本家のキンキが勿論最高なんですが、TOKIOの歌うのも良いんですよ、これが。

ちょっと切ないような感じが。キンキとは雰囲気がまるで違います。

まさに「哀愁たっぷり」という歌詞が合うかのごとく。

元気を貰えると書きましたが、TOKIOバージョンからは元気よりかは現実的なアドバイスを貰っているという印象を受けます。

(うまく説明できない)

睡眠時とか落ち着きたい時に聴くのがオススメできるかと。

パートなんですが、これは国分以外が歌っています。比較的ソロ部分は他の収録曲よりは、分かりやすいです。

個人的2番のリーダーのパートが好きですね。

 

 

結論:気分で聴き分けないと、変な気持ちになる可能性有り。

TOKIOバージョンを落ち込んでる時に聴くと、やや凹むかもしれません。下手したら暗くなります...。

明るく元気、カラオケなどならやはり本家で。

圧倒的キンキの圧勝になるんでしょうが、TOKIO好きの自分からしてみたら、TOKIOバージョンを一度聴いてもらいたいと言いたいです。

印象が変わるので。

こっちもあり、こっちも好きと少なからずなるはずです。

ぜひ聴いてくださいませ。(2回目)

 

 

 

TOK10

TOK10

  • アーティスト:TOKIO
  • 出版社/メーカー: Aniplex (music)
  • 発売日: 2009/06/24
  • メディア: CD