ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日より毎日更新開始

1%の可能性があるなら

スパロボの1%が当たる

モンスターファームの1%が当たる

シンフォギアの1%の全回転を引く

ゲーム、パチンカスの例えですが、1と0ではまるっきり違いますね。

ちなみに僕はパチンコ、スロットを卒業しました。

(信頼度100%の確定演出)←キモい表現。

記事でたまに書くこともありますが、もう打たない。僕は。キリッ。

 

1%あるだけで全然希望が見えます。

足の復帰を僕は0%だと思ってないので、少ない望みも捨ててはいません。

あと恥ずかしながら恋も...。ハズカシイー。

 

そのパーセンテージを少しでも、ほんの少しでも高められる努力をしていかなければなりません。

(これに関しては胸を張ってやっているとは言えません)

弱気になる、もういいやとかの気持ちが出てくることは、勿論あります。イライラもすれば涙が流れてくることもあります。

何もしないのは何も変化しません。下手すれば悪化するのか。

とはいえ待つとか、放置にも意味があります。人生においてもです。時間が解決してくれるというのは、あまり好きではありませんが、悪いとは言えません。

正解はないと思います。

 

とりあえず1%と0%では違いすぎますね。

0は本当0ですもん。いくつ集まっても0は0。

でも0より悪い、マイナスというのもあります。

マイナスを0にするのも立派な向上、努力です。0が当たり前、スタート地点なんですが。

なんかこち亀の有名な不良の更正のやつを思い出しました。

この場合の意味とは少し違いますが。



f:id:heitaku:20191231002718j:image

 

あと微レ存とかいう言葉もありますね。

絶対使いたくありませんが。

 

 

今日の曲紹介。

2019年最後を締めくくる曲は...

TOKIOで『yesterday's』

結局はTOKIOに行き着きますね。面白味がないと思いますが。

大好きな曲ですもの。何度聴いたことか。

オフィシャル髭なんとかみたいなグループにはyesterdayという曲がありますね。

 

 

 

とりあえず2019年、無事生きてこれました。

2020年、健康で足を絶対治したい。

本気で本気で。当たり前のように歩きたい。

皆様も体に気をつけましょう。

体さえ元気なら何でもできる!