ヘイたくの日記

テーマなんて本当は無くて(TOKIO Cross Fadeより)2019年5月9日より毎日更新開始

ポプラ社の中学生日記


f:id:heitaku:20191211102127j:image

中学時代に図書室でよく借りていました。

テレビ放送もNHKでやっていましたが、中途半端にしか観ていた記憶がありません。ランディーズ(結構前に解散)の高井が出ていたことは覚えています。

 

図書館に行く機会があれば探して、全部読み漁りたいですが、そうそう全部はありません。

全部で30巻近くはあるはずです。

 

話を読めばこんなストーリーあったなと思い出しますが、パッと出てきません。

一番印象に残っているのは、恋のピエロという話の女子生徒が男子生徒の爪を切ってあげるという所に当時興奮していた記憶があります。

テストの点を売る話もあった気が。

英語の勉強の話で、テレビの英語のニュースを知ったかで頷いている内容も思い出しました。

 

1冊に3話収録されており、そんなに長くなく読み安いです。

時代背景が昭和で当時読んでいても古臭いとは思いましたが、それはそれで面白いです。

絵の感じも気になりますが、この感じが逆に良いでしょう。

携帯電話やSNSなどは勿論出てきません。

タイトルも興味を誘われるものばかりです。

簡単にあげます。

恋のピエロ

涙のバレンタイン

見えない暴力

いやな奴

いやと言えないわたし

ああ、三者面談

先生の不登校

母たちの戦い

ママの敷いたレール

などなど。

タイトルを聞いただけで読みたくなってきます。

 

全巻欲しいところですが厳しいでしょう。

あるにはあるんでしょうけど。

現代版的なのもあるのでしょうか。

それこそSNSやインターネットの発展で様々なテーマで取り上げることができ、更に面白くなるでしょう。

テレビの方は末期にスペシャルか何かで、屋上でハルヒダンスを踊っているシーンがあった気が...。

すぐに音楽を消され退散する感じの。

とはいえ昭和後半、平成初期位の雰囲気が好きですね。

 

 

今日の曲紹介。

御厨仁(下野紘)で『アモーレ青春』

かんなぎのカラオケ回のアレです。

あそこで披露する曲達はどれもハマりにハマります。

タイトルの通り青春アミーゴを彷彿とさせ、前奏の酷似っぷりが笑えます。

他の曲もちょくちょく取り上げられれば。